Adobe Photoshop CCのレベル補正機能を使って、くすんだ暗い写真を明るく際立つ画像に変える方法について説明します。

学習した内容:レベル補正の調整レイヤーを作成して、写真の明るさとコントラストを調整する

 

  • レイヤーパネルで、写真のレイヤーを選択します。
  • 写真レイヤーの上に新たにレベル補正の調整レイヤーを作成するには、レイヤーパネル下部の塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成アイコンをクリックし、「レベル補正」を選択します。
  • 属性パネル(ウィンドウ/属性)のヒストグラムに写真の色調の値が表示されます。ヒストグラムのすぐ下にある入力レベルスライダーを使って、画像の白色点と黒点を設定します。
    • 白の入力レベルスライダー(右側)をクリックし、Optionキー(MacOS)またはAltキー(Windows)を押しながら、画像に白い点がいくつか現れるまで左にドラッグします。このスライダーより右の色調はすべて、ディテールがまったくない純粋な白色になります。
    • 今度は黒の入力レベルスライダー(左側)をクリックし、Optionキー(MacOS)またはAltキー(Windows)を押しながら、画像に黒い点がいくつか現れるまで右にドラッグします。ヒストグラム上でこのスライダーより左の色調はすべて、ディテールがまったくない純粋な黒になります。
  • こうした調整により、写真の色調範囲が拡大し、画像のコントラストが上がります。
  • 写真全体の明るさを調整するには、グレーの入力レベルスライダー(中央)を左右にドラッグします。
  • 写真をPSDまたはTIFFフォーマットで保存すると、レベル補正の調整レイヤーが保持され、後から編集することができます。
     
08/19/2019


フォトグラファー:Cody York
プレゼンター:Jan Kabili

このページは役に立ちましたか。