プリセットを使用して空白レイアウトから開始することもできますが、Adobe Stockからプロフェッショナルがデザインした数百ものテンプレートを使用すると、デザイン作業をすばやく開始できます。
photoshop-templates-intro

注意:以下の機能は、Photoshop CC 2017以降のバージョンでご利用いただけます。

新規ドキュメントで開始する

Photoshopを起動した後、「新規」をクリックするか、Control + Nキー(Windows)またはCommand + Nキー(Mac OS)を押します。ファイル/新規から開くこともできます。次に、画面上部でプロジェクトに適したカテゴリーのタブをクリックし、オプションを表示します。豊富なビジュアルデザインを揃えたテンプレートを使用するか、プリセットを使用して書式設定済みの空白ドキュメントを開きます。 

photoshop-templates-fig1

テンプレートをダウンロードして開く

テンプレートを選択し、「プレビューを表示」をクリックすると、コンポーネント、ファイルサイズ、その他の詳細を確認できます。使用するテンプレートが決まったら、「ダウンロード」をクリックします。ダウンロードが完了したら、「開く」をクリックします。次回からは、新規ドキュメントダイアログボックスの「保存済み」タブに、使用したテンプレートが表示されます。

ヒント:テンプレートのダウンロード中は、別のテンプレートを参照するなど、新規ドキュメントダイアログボックスで別の作業をすることができます。

photoshop-templates-fig2

プリセットを使って開始する

テンプレートではなく、設定済みのプリセットを使って開始することもできます。プリセットを選択して、プリセット名、向き、解像度などの詳細をカスタマイズして使用します。カラープロファイルやピクセル縦横比などを変更する場合は、「詳細オプション」をクリックします。設定を終了したら「作成」をクリックします。

photoshop-templates-fig3

オリジナルのデザインにする

テンプレートまたはプリセットを開いた後、任意に編集を加えます。この例では、無料のテンプレートに独自の画像を加え、それをメインのグラフィックにしたミュージックポスターを作成しました。 

photoshop-templates-fig4

Adobe Stockからその他のテンプレートを取得する

ほかにどのようなものを作成できるでしょうか。Adobe Stockでテンプレート、モックアップ、アイコンセット、ビジュアルデザインを検索してみてください。「検索」をクリックすると、Adobe StockサイトにPhotoshopのすべてのテンプレートが表示されます。または検索ワードを入力して「検索」クリックします。気に入ったテンプレートが見つかったら、ライセンスを取得して、コンピューターにダウンロードします。

photoshop-templates-fig5

以前の「新規」画面に戻す

以前の画面で新規ドキュメントを開きたい場合は、編集/環境設定/一般(Windows)またはPhotoshop CC/環境設定/一般(Mac OS)をクリックします。「従来の「新規ドキュメント」インターフェイスを使用」を選択します。

photoshop-templates-fig6
12/01/2017
このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ