強力なレタッチツールで写真の不要なコンテンツを取り除きます。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock画像です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習した内容:写真から目障りな電線を削除

スポット修復ブラシツールを使用して電線を非表示

スポット修復ブラシツールを使用すると、建物などの複雑な背景と交差している電線も迅速に削除できます。

  1. レイヤーパネルで「新規レイヤーを作成」ボタンをクリックして、レタッチする新しいレイヤーを作成します。このレイヤーにcleanupという名前を付け、選択したままにします。
  2. ツールバーでスポット修復ブラシツールを選択します。
  3. オプションバーで「全レイヤーを対象」を選択します。こうすることで、スポット修復ブラシツールがすべてのレイヤーからコンテンツをサンプリングし、選択されているcleanupレイヤーでのレタッチにそのコンテンツを使用します。
  4. ブラシの先端を電線の太さより少し大きくします。左角括弧キーを押すとブラシが小さくなり、右角括弧キーを押すとブラシが大きくなります。
  5. 電線の上をドラッグしてなぞり、電線を削除します。

ヒント:電線が直線の場合は、電線の一端をクリックしてマウスボタンを放し、Shiftキーを押しながら電線のもう一方の端をクリックすると、電線全体を一度に削除できます。

より細かく制御する場合、修復ブラシツールを使用

スポット修復ブラシツールで思い通りの結果が得られない場合は、修復ブラシツールを試してください。修復ブラシツールでは、不要なコンテンツを非表示にするためのピクセルのソースを手動で選択します。

  1. ツールバーでスポット修復ブラシツールをクリックし、表示されたメニューから修復ブラシツールを選択します。
  2. レイヤーパネルでcleanupレイヤーが選択されていることを確認します。修復ブラシツールのオプションバーで「サンプル/現在のレイヤー以下」を選択し、個別のレイヤーをレタッチします。
  3. 電線を非表示にするピクセルのソースとして使用する領域で、電線の近くにカーソルを置きます。Optionキー(macOS)またはAltキー(Windows)を押してカーソルをターゲットアイコンに変更し、最初のサンプリングポイントをクリックして設定します。マウスを放し、電線の上をドラッグしてなぞります。修復ブラシツールが、移動する十字線の下にあるピクセルをサンプリングし、それを使って電線を非表示にしながら結果を周辺と合成します。

コピースタンプツールを使用したクリーンアップ

さらにクリーンアップする領域がある場合は、コピースタンプツールを試してください。このツールはピクセルをコピーしてペーストします。修復ブラシツールと異なり、結果を周辺と合成しません。

  1. ツールバーでコピースタンプツールを選択します。
  2. レイヤーパネルでcleanupレイヤーを引き続き選択しておく必要があります。コピースタンプツールのオプションバーで「サンプル/現在のレイヤー以下」を選択し、個別のレイヤーにコピーします。
  3. 修復ブラシツールの場合と同様にカーソルをソース領域に置いてOptionキー(macOS)またはAltキー(Windows)を押し、ターゲットカーソルで最初のサンプリングポイントをクリックして設定します。不要なコンテンツをクリックまたはドラッグして非表示にします。

作品の保存

  • ファイル/保存を選択し、後でまた編集できるようにcleanupレイヤーをそのままにして写真をPSD形式で保存します。

 

Tutorial Finderで推奨したチュートリアルは参考になりましたか?フィードバックの提供にご協力ください。お客様のフィードバックは、このようなエクスペリエンスの改善に役立ちます。

08/19/2019

Adobe Stock提供元:Leonid Andronov

プレゼンター:Jan Kabili

このページは役に立ちましたか。