写真用の新しい背景を探すのに、遠くに出かける必要はありません。グラフィックアーティストのErica Larson氏がAdobe Photoshopを使用して、まったく新しい環境で写真の被写体を配置する様子をご覧ください。

Adobe Studioチームのメンバー、アソシエイトクリエイティブディレクターのErica Larson氏は、アイデアが刺激されるデザイン作りに毎日取り組んでいます。そのデザインを見た人がさらに何かを作りたいと思うようなデザインを目指しています。

必要な情報

このサンプルファイルには、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock画像が含まれています。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

壁を隠す

最初に無地のグレーの壁を隠します。クイック選択ツールを使用し、背景部分を除いてモデルのシェイプだけを選択します。「被写体を選択」、「選択とマスク」の順に選択して、「選択とマスク」ワークスペースを開きます。

Adobe Photoshopのクイック選択ツールでモデルを選択し、「被写体を選択」、「選択とマスク」の順に選択する

ラフな箇所を削除する

「選択とマスク」ワークスペースのプロパティパネルで、「エッジをシフト」のスライダーを左に動かして選択範囲のエッジを調整し、「出力先」を「選択範囲」に設定します。注意:「選択とマスク」を離れると元の背景が再び表示されます。これについては次の手順で修正します。 

「エッジをシフト」のスライダーを動かしてエッジを調整し、「出力先」を「選択範囲」に設定する

壁を除去する

モデルのレイヤーを選択した状態で、レイヤーマスクを追加アイコンをクリックします。モデルを選択範囲として「選択とマスク」ワークスペースから出力しているため、Photoshopでは選択されていないものがすべてマスクされるか隠され、グレーの壁が消えて選択されたモデルが残ります。

Photoshopでレイヤーマスクを追加して背景を隠し、モデルを表示する

見た目をすっきりとさせる

モデルと背景のライティングを合わせます。これをおこなうには、New Backgroundレイヤーを複製してモデルレイヤーの上に移動し、フィルター/ぼかし/平均を選択します。緑のレイヤーとモデルレイヤーの間でOptionキー(またはAltキー)を押しながらクリックして、クリッピングマスクを作成します。

Adobe Photoshopでフィルター/ぼかしからクリッピングマスクを適用し、モデルのシェイプを緑にペイントする

新しい背景を追加する

緑のレイヤーを選択した状態で、描画モードを「ソフトライト」に設定し、「不透明度」の設定を下げます。ダークブルーの「べた塗り」調整レイヤーを適用して、その下の各レイヤーに仕上げの色かぶりを適用します。描画モードを「ソフトライト」に設定し、調整レイヤーの「不透明度」の設定も下げます。

Green layer is selected, set Photoshop blending mode to soft light, add blue solid color adjustment layer to apply color cast replace-image-background-step-5-after

お気に入りの写真を配置する

新しい背景を設定することで、写真の被写体を世界中に(世界の外にでも)置くことができます。早速始めましょう。

2脚の赤紫色の椅子の背後の壁にかかっている、植物の背景を新しく適用したモデルの写真

注意:このチュートリアル付属のプロジェクトファイルは練習目的でのみご利用ください。

01/02/2020

デザイナー:Erica Larson

Adobe Stock提供元:Ivanbaiterek_medianikolarakic

このページは役に立ちましたか。