せっかく撮ったポートレート写真を自然な感じで少しだけ直したい。そんな思いもPhotoshop CCなら解決です。ブログやSNS用のプロフィール写真、記念に撮っておきたい思い出の写真など、自然な仕上がりになるレタッチ方法をご紹介します。
人物写真のレタッチ方法

難易度3.5/5

本チュートリアル内で使用する主な機能

 ゆがみフィルター、スポット修復ブラシツール、コピースタンプツール、トーンカーブ、選択とマスク

 

<完成作品>

人物写真のレタッチ方法

本チュートリアルのレタッチ概要

Lightroomでの作業

1. 「 基本補正」と「周辺光量補正」で色味を調整する

 

Photoshopでの作業

2. 「スポット修復ブラシツール」で不要な部分を除去する

3. 「コピースタンプツール」でシワや目の下の影を目立たなくする

TIPS!「コピースタンプツール」で眉毛の形を整える

4. 「ゆがみフィルター」で顔の輪郭を調整する

TIPS!「ゆがみフィルター」で顔の表情を変える

5. 「ぼかしフィルター」で肌をなめらかにする

6. 「トーンカーブ」でハイライトを入れる

7. 「色相・彩度」ではを白くする

8. 「トーンカーブ」で目の光を強調する

9. 「選択とマスク」で人物を切り抜く

TIPS!「パペットワープ」で人物の姿勢を変化させる

 

 

手順1/9

Lightroomで色調補正を行い、Photoshopで開く

Lightroomでサンプルファイル(retouch-photo-techniques.dng)を読み込みます。

現像モジュール」の「基本補正パネル」で色調の微調整を行います。撮影時にやや露光が高いためにはっきりしていない色味を、しっかりと出すことを心掛けて調整します。「ヒストグラム」が綺麗な山形になると理想的です。

次に、「効果パネル」にある「切り抜き後の周辺光量補正」で「適用量」をマイナスにします。こうすることで、周辺光量が落ちてビネット効果を与えることができ、雰囲気のあるポートレート写真に仕上がります。

 

調整後、写真をPhotoshopで開きます。

Lightroomでの写真の読み込み方法はこちら ›

人物写真のレタッチ方法

 

手順2/9

スポット修復ブラシツールで不要な部分を除去

顔の重要な部分にかかってしまっている髪の毛や、ニキビやシミなど不要な部分を「スポット修復ブラシツール」で除去します。「スポット修復ブラシツール」を使用すると、マウスでクリック、またはなぞった部分が、その周辺部分に合わせて自動で塗りつぶされ、簡単に不要物を除去することができます。

※ホクロやシミなどを過度に除去してしまうと使用用途(証明写真など)によっては、それにそぐわない写真になってしまいます。そのようなケースでは、必要最小限の調整に抑えましょう。

 

2-1

まずは、「レイヤーパネル」の「背景」レイヤーを、右クイックメニュー「レイヤーを複製」(1)でバックアップしておきましょう。わかりやすいように元のレイヤーの名前は「元画像」とし、複製したレイヤーは「修復」としておきます(2)。

人物写真のレタッチ方法

 

2-2

スポット修復ブラシツール」で不要な髪やシミを除去します。マウスでなぞるだけで、簡単に不要部分を取り除くことができます。

人物写真のレタッチ方法

 

人物写真のレタッチ方法

 

手順3/9

コピースタンプツールで法令線、目の下の影を薄くする

法令線や目の下の影、目尻のシワなどは「コピースタンプツール」で薄くします。「コピースタンプツール」は、画像の一部分を別の場所に複製することができる機能です。これを利用して、シワや影の部分に肌の他の部分を重ねて目立たくなくします。

※シワや影を完全に除去してしまうと、かえって不自然になってしまいます。あくまで自然に見えるよう、消しすぎに注意して進めましょう。

 

コピースタンプツール」で、肌のコピーしたい部分をOption(Alt)キーを押しながらクリックしたあと、法令線や目の下の影をマウスでなぞります。これで、目立たくなくしたい部分にコピーした部分がペーストされます。このとき、画面上部のオプションバーで「不透明度」は10%前後、「流量」は10px以下、「ブラシの硬さ」は10px以下の低めに設定して、塗り重ねるように少しずつペーストすることが自然に見せるコツです。

人物写真のレタッチ方法
人物写真のレタッチ方法

TIPS! コピースタンプツールで眉毛の形を変える

今回のレタッチでは、「コピースタンプツール」をシワや影を薄くするためにを利用しましたが、「不透明度」や「ブラシの硬さ」を高く設定することで、眉毛を濃くしたり、形を変える用途でも活用することができます。メイクがうまくいってない写真に補助的に使用したり、大胆に変化させて表情を変えてしまったりと、Photoshopでのレタッチを楽しみましょう。

人物写真のレタッチ方法

コピースタンプツール」を使った眉毛の加工例

 

手順4/9

ゆがみフィルターで顔の輪郭を調整

ゆがみフィルター」で、顔の輪郭をシャープに調整します。

※やりすぎると別人のようになってしまうので、ポートレート写真では必要最小限の調整に抑えましょう。

 

4-1

まずは、「レイヤーパネル」上で「修復」レイヤーを複製し(1)、右クリックメニュー「スマートオブジェクトに変換」(2)をクリックします。レイヤー名は、「輪郭調整」(3)としておきましょう。「スマートオブジェクト」にしておくことで、「ゆがみフィルター」を何度でもやり直すことができるようになります。

人物写真のレタッチ方法

 

4-2

アプリケーションメニューの「フィルターゆがみ」をクリックして、編集画面を開きます。「前方ワープツール」でエラの部分を少し抑えます。

人物写真のレタッチ方法

 

次に、「顎の高さ」を調整します。ここでは、やりすぎない程度で「顎の高さ:17」とします。

人物写真のレタッチ方法

 

追加レイヤーのプレビュー表示」にチェックを入れ、「使用するレイヤー」で「修復」レイヤーを指定すると、「不透明度」スライダーで編集前画像と編集中の違いを見比べることができます。このプレビュー機能でこまめに編集前画像を確認しながら、過度な加工に注意しながら調整していきましょう。

人物写真のレタッチ方法

 

人物写真のレタッチ方法

 

TIPS! ゆがみフィルターで表情を大きく変化させる

ゆがみフィルター」を使用すれば顔の輪郭だけでなく、顔の各パーツの大きさや長さなどを調整して表情や顔立ちを変化させることができます。下記チュートリアルを参考にして、お好みの写真をクリエイティブな楽しい写真に加工しましょう。

顔のパーツを調整して表情を際立たせる ›

 

手順5/9

ぼかしフィルターで肌をなめらかに

ぼかし(ガウス)フィルター」と「レイヤーマスク」を使って、肌をなめらかにする方法を解説します。肌の質感を変える方法は他にもありますが、ここで紹介するのは、なめらかにしたい部分を「ブラシツール」でなぞる方法ですので、実際にファウンデーションを塗るような感覚で直感的にレタッチすることができます。

※のっぺりとした不自然な肌になってしまわないよう、やりすぎに注意しましょう。

 

5-1

まずは、「レイヤーパネル」上で手順4の「輪郭調整」レイヤーを複製し(1)、右クリックメニュー「レイヤーをラスタライズ」(2)をクリックします。

人物写真のレタッチ方法

 

さらに、右クリックメニュー「スマートオブジェクトに変換」(1)でスマートオブジェクト化します。レイヤー名は、「肌」としておきましょう(2) 。「スマートオブジェクト」にしておくことで、「ぼかし(ガウス)フィルター」を何度でもやり直すことができるようになります。

人物写真のレタッチ方法

 

5-2

アプリケーションメニューの「フィルターぼかしぼかし(ガウス)」をクリックし、開いたダイアログで「半径」を指定します。値は4〜8pixel程度がよいでしょう。これで、「ぼかし(ガウス)フィルター」が適用され、写真全体がぼやけます。

人物写真のレタッチ方法

 

レイヤーパネル」上で、追加された「スマートフィルター」のマスクサムネイル(1)をクリックしたあと、「属性パネル」で「反転」(2)をクリックします。これで、「ぼかし(ガウス)フィルター」がマスクで隠されて、フィルター適用前のもとの写真の状態が表示されます。

人物写真のレタッチ方法

 

5-3

ブラシツール」で肌のなめらかにしたい部分をなぞり、前の工程で適用したマスクの強さを薄めます。こうすることで、「ぼかし(ガウス)フィルター」が適用されてなめらかになっている部分を、徐々に表示させることができます。

塗り:白」に設定した「ブラシツール」で、肌の滑らかにしたい部分をマウスでなぞります。このとき、手順3と同様に、画面上部のオプションバーで「不透明度」、「流量」、「ブラシの硬さ」を低めに設定して、塗り重ねるように少しずつなめらかにしましょう。Xキーで「ブラシツール」の「塗り」を黒に切り替えてなぞれば、やりすぎた部分を戻すこともできます。

人物写真のレタッチ方法

 

人物写真のレタッチ方法

 

手順6/9

トーンカーブでハイライトを入れる

トーンカーブ」と「レイヤーマスク」を使って、ハイライトメイクを入れる方法を解説します。手順5同様に、ハイライトしたい部分だけを「ブラシツール」でなぞって明るくする方法です。

 

6-1

アプリケーションメニューの「ウィンドウ色調補正パネル」を開き、「トーンカーブ」(1)をクリックします。「レイヤーパネル」の「描画モード」を「スクリーン」(2)に変更します。こうすることで写真全体が明るくなります。

人物写真のレタッチ方法

 

レイヤーパネル」上で、追加された「トーンカーブ 1」のマスクサムネイル(1)をクリックしたあと、「属性パネル」で「反転」(2)をクリックします。これで、「トーンカーブ」の効果がマスクで隠されて、適用前のもとの写真の状態が表示されます。

人物写真のレタッチ方法

 

6-2

ブラシツール」でハイライトを入れたい部分をなぞり、前の工程で適用したマスクの強さを薄めます。こうすることで、「トーンカーブ」が適用されて明るくなっている部分を、徐々に表示させることができます。

塗り:白」に設定した「ブラシツール」で、明るくしたい部分をマウスでなぞります。このとき、手順4と同様に、画面上部のオプションバーで「不透明度」、「流量」、「ブラシの硬さ」を低めに設定して、塗り重ねるように少しずつ明るくしましょう。こうすることで、表情がパッと明るくなったように見せることができます。Xキーで「ブラシツール」の「塗り」を黒に切り替えてなぞれば、やりすぎた部分を戻すこともできます。

人物写真のレタッチ方法

 

人物写真のレタッチ方法

 

手順7/9

歯を白くする

色相・彩度」と「レイヤーマスク」を使って、歯を白くする方法を解説します。手順5同様に、歯だけを「ブラシツール」でなぞって白くする方法です。

 

7-1

色調補正パネル」で「色相・彩度」(1)をクリックし、「イエロー系」(2)の「彩度」を下げ、「明度」を上げます(3)。こうすることで写真全体が黄色の色味がなくなります。

人物写真のレタッチ方法

 

レイヤーパネル」上で、追加された「色相・彩度1」のマスクサムネイル(1)をクリックしたあと、「属性パネル」で「反転」(2)をクリックします。これで、「色相・彩度」の効果がマスクで隠されて、適用前のもとの写真の状態が表示されます。

人物写真のレタッチ方法

 

7-2

ブラシツール」で歯の部分をなぞり、前の工程で適用したマスクの強さを薄めます。こうすることで、「色相・彩度」が適用されて白くなっている部分を、徐々に表示させることができます。

塗り:白」に設定した「ブラシツール」で、歯の部分をマウスでなぞります。このとき、手順5と同様に、画面上部のオプションバーで「不透明度」、「流量」、「ブラシの硬さ」を低めに設定して、塗り重ねるように少しずつ白くしましょう。Xキーで「ブラシツール」の「塗り」を黒に切り替えてなぞれば、やりすぎた部分を戻すこともできます。

人物写真のレタッチ方法

 

人物写真のレタッチ方法

 

手順8/9

目の光を強調する

トーンカーブ」と「レイヤーマスク」を使って、目の光を強調方法を解説します。手順5、6同様に、黒目だけを「ブラシツール」でなぞって明るくする方法です。

 

8-1

手順5 と同様に、「色調補正パネル」で「トーンカーブ」(1) をクリックし、「レイヤーパネル」の「描画モード」を「スクリーン」(2)に変更します。

人物写真のレタッチ方法

 

レイヤーパネル」上で、追加された「トーンカーブ 2」のマスクサムネイル(1)をクリックしたあと、「属性パネル」で「反転」(2)をクリックします。これで、「トーンカーブ」の効果がマスクで隠されて、適用前のもとの写真の状態が表示されます。

人物写真のレタッチ方法

 

8-2

ブラシツール」で黒目部分をなぞり、前の工程で適用したマスクの強さを薄めます。こうすることで、「トーンカーブ」が適用されて明るくなっている部分を、徐々に表示させることができます。

塗り:白」に設定した「ブラシツール」で、黒目部分をマウスでなぞります。このとき、手順5と同様に、画面上部のオプションバーで「不透明度」、「流量」、「ブラシの硬さ」を低めに設定して、塗り重ねるように少しずつ明るくしましょう。瞳の光が反射している部分を特に明るくすることで、いっそう輝いたようにみせることができます。Xキーで「ブラシツール」の「塗り」を黒に切り替えてなぞれば、やりすぎた部分を戻すこともできます。

人物写真のレタッチ方法

 

人物写真のレタッチ方法

 

手順9/9(オプション)

人物を切り抜く

手順8までの工程で、人物写真のレタッチ作業は完了です。ここでは、ブログやSNSのプロフィール写真用に、人物を切り抜き、他の画像と合成させる方法を紹介します。

 

9-1

レイヤーパネル」で、手順5〜7で追加した「肌」レイヤーとふたつのトーンカーブレイヤー、色相・彩度レイヤーを選択し(1)、右クリックメニュー「レイヤーを統合」(2)をクリックします。

人物写真のレタッチ方法

 

9-2

アプリケーションメニューの「選択範囲選択とマスク」をクリックして、編集画面を開きます。「クイック選択ツール」が選ばれた状態で、人物をドラッグして選択範囲を作成します。背景部分が選択されてしまった場合は、Option(Alt)キー+ドラッグで、選択範囲から除外します。

人物写真のレタッチ方法

 

次に、「境界線調整ブラシツール」で髪と背景のエッジをドラッグします。すると、自動で髪と背景が判別されて髪の部分だけが選択されます。

人物写真のレタッチ方法

 

画面右下の「不要なカラーの除去」(1) にチェックを入れて、「OK」ボタン(2)で切り抜きの完了です。「不要なカラーの除去」を適用することで、髪の部分に残った背景の不要な色味を除去することができます。

人物写真のレタッチ方法

 

人物写真のレタッチ方法

 

9-3

最後に、任意の画像をPhotoshop上にドラッグしたあと、Command(Ctrl)+ [ キーで、切り抜いた写真のレイヤーの下に重なり順を変更させれば合成の完了です。

人物写真のレタッチ方法

 

Command(Ctrl)+ S でファイルを保存します。すると、Lightroomのカタログにレタッチした写真が追加されているのが確認できます。

人物写真のレタッチ方法

TIPS! パペットワープで人物の姿勢を変化させる

Photoshopの強力な変形機能に「パペットワープ」があります。「パペットワープ」は、その名の通り、操り人形のように被写体の手足を伸ばしたり曲げたりすることができる機能です。これを利用して、姿勢を変更するだけでなく髪や服などに動きをつけて躍動感のある写真に加工することもできます。

 

パペットワープ」は、アプリケーションメニューの「編集パペットワープ」で適用することができます。きれいに加工するためには、あらかじめ被写体を切り抜いておくことをおすすめします。

 

パペットワープ」を適用すると、メッシュが表示されます。このメッシュは、画面上部のオプションバーの「密度」で増減させることができます。

メッシュ上をクリックすると、ピンが打ち込まれます。ピンが打ち込まれた箇所は固定され、動かなくなります。

人物写真のレタッチ方法

 

ピンの追加が完了したら、いよいよ動きをつけてみましょう。ここでは、スカートの先に打ったピンをドラッグすることで、裾を動かして写真に躍動感を与えてみます。

人物写真のレタッチ方法

 

同じ要領で、右足も動かしてつま先立ちの状態に変更します。これでモデルが振り向いた瞬間に撮影したようなポーズになり、スカートが翻って躍動感がでました。このような動きのある写真を撮影するのは被写体がボケてしまうため難しいのですが、「パペットワープ」を利用すればそれが可能になります。

人物写真のレタッチ方法

 

次は、被写体のポーズを大胆に変更させてみましょう。先ほどと同様に、「パペットワープ」を適用し、クリックでピンが打っていきます。ポーズを変えるときは、被写体の関節を意識してピンを打つといいでしょう。

人物写真のレタッチ方法

 

次に、膝に打ったピンを軸に被写体を回転させてみます。回転させるにはピンをクリックしたあと、Option(Alt)キーで回転ガイドを表示させます。このガイドを曲げたい方向へ回すと、そのピンを軸に画像が回転します。

人物写真のレタッチ方法

 

同じ要領で、他の部分も回転させてお好みのポーズに加工ましょう。「パペットワープ」を駆使すれば、座っているひとを立たせたり、ダンスに躍動感を与えたりと変幻自在にポーズを変化させることができます。

人物写真のレタッチ方法

 

Creative Cloud道場 #152 道場破り!

Photoshop究極のレタッチマジック「スッピンからデジタルフルメイク」

スッピンの写真をPhotoshopでフルメイクする究極のテクニックを伝授していただきます。

動画でしっかりと確認し、実践したい方にはおすすめです。

ゲスト:畠山祐二(博報堂プロダクツ)

 


[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのバンドル、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

学生や教職員の皆様はお得な学割プラン(学生・教職員個人版)もご利用いただけます。学生・教職員個人版の詳細 ›

このページは役に立ちましたか。