被写体の髪が風になびくなど乱れた写真の編集は見かけほど難しくはありません。Adobe Photoshop CCの選択とマスクワークスペースを使用すれば、簡単に髪の毛を選択できます。
select-hair_1800x1012

必要な情報

このサンプルファイルには、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock画像が含まれています。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

練習用ファイルを使用するか、自分で用意したファイルを使用します。なげなわツールかクイック選択ツールを使用して、最初の選択をおこないます。この説明では、なげなわツールを使用しました。背景が含まれないように選択したため、髪の毛先が選択範囲から外れています。次に、「選択とマスク」ボタンをクリックして「選択とマスク」ワークスペースを表示します。髪の毛の正確な選択などの微調整は主にこのワークスペースでおこないます。

select-hair_step1

「選択とマスク」ワークスペースには複数の表示モードがあり、選択範囲の境界線を様々な方法で確認できます。この説明ではオニオンスキンモードを使用しました。「透明部分」の設定を調整し、選択範囲に含める部分を見やすくしました。境界線調整ブラシツールを選択して、被写体の境界線をブラシでなぞります。ブラシでなぞったゴースト表示の境界線が、選択範囲に含まれます。

select-hair_step2

境界線調整ブラシツールを使うだけで、ほとんどの髪の毛を取り込むことができます。表示モードをオーバーレイに切り替えて、選択漏れがないか確認します。画像の一部に赤のオーバーレイが表示されます。これが選択範囲に含まれない部分です。下の画像を見ると、モデルの髪の毛とヘッドフォンの一部が、境界線調整ブラシでは選択されなかったことがわかります。クイック選択ツールに切り替えて、選択範囲に含める部分をなぞりましょう。修正が完了したら、属性パネルの一番下にある「出力先」で「レイヤーマスク」を選択します。「OK」をクリックします。

select-hair_step3

選択範囲をレイヤーマスクに出力したため、レイヤーパネル(ウィンドウ/レイヤー)を見ると新しいレイヤーが作成されています。新しいレイヤーに白黒のマスクサムネールがあるのを確認してください。「選択とマスク」ワークスペースで作成したレイヤーの表示領域が、マスクの白い部分です。黒い部分は非表示領域です。保存されているスピーカーの画像をPhotoshopにドラッグします。画像のハンドルをドラッグしてサイズを調整し、EnterキーまたはReturnキーを押して配置します。新しい画像をDJレイヤーの下に移動します。

select-hair_step4

マスクの非表示領域に新しい背景画像が表示され、まったく新しいコンポジションに生まれ変わります。

select-hair_step5

同様の方法を使えば、どのようなヘアスタイルでも境界線を見事にとらえることができ、様々なプロジェクトで応用できます。

 

Adobe Stockでは、1億点以上もの質の高いロイヤリティフリーの写真、グラフィック、ビデオ、テンプレートにアクセスでき、クリエイティブプロジェクトをすばやく開始できます。Adobe Stockの無料体験版では、10点の画像を無料でご利用いただけます。

07/15/2019

Adobe Stock提供元:nanettegrebeMartin M303Veresovich

このページは役に立ちましたか。