Kendall Plant氏は、白黒画像でカラーチャンネルを分離してカラーグリッチを作成しています。Plant氏がAdobe Photoshopでこの効果をどのように作成しているのかをご覧ください。

Kendall Plant氏は、デザイナー、コンテンツクリエイター、アートディレクターで、自然やストリートフォト、ときには頭蓋骨をもモチーフにしたユニークな作品を制作しています。彼女は、アドビでアソシエイトクリエイティブディレクターとして働いています。

必要な情報

このサンプルファイルには、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock画像が含まれています。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

白黒にする

まず画像を準備します。画像のモードがRGBに設定されていることを確認してから(イメージ/モード/RGBカラー)、白黒に変換します(イメージ/色調補正/白黒)。

壁にもたれたモデルの画像。カラーと白黒の2つのバージョンが並べられている

複製する

「Model」レイヤーを新規レイヤーアイコンにドラッグして複製します。

モデルの白黒写真。Photoshopのレイヤーパネルに「Model」と「Modelのコピー」の2つのレイヤーが表示されている

チャンネルを変更する

新しいレイヤーをダブルクリックして、レイヤースタイルダイアログでグリーンとブルーのチャンネルをオフにします。

モデルの白黒写真。レイヤースタイルダイアログでグリーンとブルーのカラーチャンネルがオフになっている

画像を準備する

画像を変形するための準備をします。ゆがみフィルター(フィルター/ゆがみ)を選択して、マスクツールでモデルの顔をなぞります。これにより、写真にゆがみを加えたときに顔の部分が除外されるようになります。

属性パネルで「エッジをピンで留める」をオンにします。これにより、ワープブラシを使用したときに画像の端が巻き込まれすぎるのを防ぐことができます。最後に「追加レイヤーのプレビュー表示」をクリックして、加えた変更を適用する前にプレビューできるようにします。

ゆがみワークスペースに表示されている写真。モデルの顔が赤いマスクで覆われている。「エッジをピンで留める」と「追加レイヤーのプレビュー表示」がオンになっている

ビューを変形する

前方ワープツールを使用して、写真を部分的にずらします。キーボードの[ ]キーを使用してブラシのサイズを調整します。主に大きなブラシを使用します。完了したら、「OK」をクリックしてゆがみフィルターを終了します。

写真の左上にPhotoshopのワープツールが表示されており、写真の一部が下のレイヤーからずらされている

コントラストをカスタマイズする

次に、ハイライトとシャドウを調整してコントラストを強調します。そのためには、調整レイヤーアイコンをクリックして「トーンカーブ」を選択し、適切なバランスになるまでポイントをカーブに沿って動かします。 

モデルと風景の写真。ワープツールで上のレイヤーを変形した部分にシアンと赤の色が付いている。トーンカーブパネルに4つのポイントが表示されている

ノイズを加える

効果をなじませるために粒子を追加してから、Shiftキーを押しながらクリックしてすべてのレイヤーを選択し、右クリックして「スマートオブジェクトに変換」を選択します。フィルター/ノイズ/ノイズを加えるを選択し、「量」を調整して「グレースケールノイズ」をオンにします。

モデルの顔にズームインした写真。レイヤーパネルにトーンカーブ調整レイヤーが表示されており、「ノイズを加える」ダイアログで「量」が10%に設定されている

モダンレトロな効果を作成する

カラーチャンネルを分離してレイヤーを変形することで、スタイリッシュな着色効果を作成できます。

カラースプリット効果が適用されたモデルの画像が、ファッション雑誌の画像にはめ込まれている

注意:このチュートリアルに付属のプロジェクトファイルは練習目的でのみご利用ください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン