画像から小さい不要なオブジェクトを除去する方法を説明します。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習した内容:スポット修復ブラシツールを使用して不要な部分を除去する

どのような場合にスポット修復ブラシを使用するか

スポット修復ブラシは、なぞったオブジェクト領域の周囲を分析し、最適な方法で周囲のディテールとブレンドしてオブジェクトを除去します。わずかな欠点や小さいディテールを除去するのに最適です。

レタッチ用に別レイヤーにコピー

  • 背景レイヤーを選択した状態で、レイヤー/新規/選択範囲をコピーしたレイヤーを選択します。これで背景レイヤーのコピーが作成され、メインの画像とレタッチを分離することができます。
  • レタッチ用のレイヤーを作成する別の方法もあります。新規レイヤーを追加して、スポット修復ブラシのオプションバーでサンプルメニューから「全レイヤーを対象」チェックボックスを選択します。

スポット修復ブラシツールのサイズを調整する

  1. ツールを選択した状態で右角括弧キーを何度か押すと、ブラシの先端が大きくなります。逆に左角括弧キーを押すとブラシが小さくなります(角括弧キーは、通常の日本語キーボードの配列では右端のEnter/Returnキーの近くにあります)。
  2. 除去したい部分をブラシでなぞります。スポット修復ブラシツールでは、新しいディテールをサンプリングする必要はありません。

様々なスポット修復ブラシのオプションを試す

水の波紋など、パターンのある要素の場合は、「コンテンツに応じる」オプションが効果的です。

「近似色に合わせる」は、複雑なディテールやカラーを伴わない、均一に近い領域に適しています。

明るさや色のコントラストが大きい領域でレタッチする場合、スポット修復ブラシを使用すると、予期しない周囲のディテールが含まれ好ましくない結果となることがあります。これを避けるには、なげなわツールでコピーに含めたくない領域を除外します。

作品の保存

  • ファイルをPSDまたはTIFFフォーマットで保存して、作成したレタッチレイヤーを個別に保持します。
09/11/2019

Adobe Stock提供元:shellybychowskishots

プレゼンター:Seán Duggan

このページは役に立ちましたか。