Erica Larson氏は、装飾文字に手書きのような印象をプラスしています。Larson氏がAdobe Photoshopでどのようにディゾルブ文字効果を作成しているのかをご覧ください。

文字を変換する

まず、文字ツールでBlenny Blackフォントを使用してアンパサンドを追加し、アンチエイリアスを「滑らかに」に設定します。次に、文字レイヤーを右クリックしてスマートオブジェクトに変換します。これで特殊効果を追加できるようになります。

文字ツールのアイコンが左上に、白いアンパサンドが中央に表示され、レイヤーパネルで文字レイヤーが強調されている

レイヤーをディゾルブする

むらのあるペイントのように見せるために、文字レイヤーの描画モードを「ディゾルブ」に設定します。まだ変化は見られません。

黒い背景に白いアンパサンドが表示されており、このアンパサンドがスマートオブジェクトであることがレイヤーパネルに示されている。描画モードが「ディゾルブ」に設定されている

ぼかしポイントを設定する

フィールドぼかしツール(フィルター/ぼかしギャラリー/フィールドぼかし)を使用して、様々なはね効果を部分的に適用します。このツールを使用すると、最初のピンが自動的に配置されます。そのピンを移動し、右上に2つ目のピンを追加して、ぼかしの度合いを大きくします。

アンパサンドの右側にぼかしツールパネルが表示されており、1つ目のぼかしピンはアンパサンドの上に、2つ目のぼかしピンはアンパサンドの右側に配置されている

ぼかしを強くする

さらにいくつかのピンを追加して、ぼかし度合いをそれぞれ調整します。アンパサンドの外縁部分でぼかしを強くします。

ぼかしツールのピンがアンパサンドの上に4つ、アンパサンドの外側に3つ追加されている

ソフトブラシを選択する

次に、ブラシツールを使用してディテールを加えます。ソフト円ブラシを選択して、不透明度を下げます。

白いアンパサンドの上にブラシオプションパネルが表示されており、ソフト円ブラシが選択されて、「サイズ」が300、「不透明度」が15%に設定されている

質感を加える

古びたような印象を与えるために、文字レイヤーにレイヤーマスクを追加し、黒いブラシでマスク上をペイントして、アンパサンドの一部にディゾルブパターンが見えるようにします。

レイヤーパネルにアンパサンドのレイヤーマスクが表示されており、カラースウォッチで黒が選択されている

境界をぼかす

最後の仕上げとして、レイヤーを右クリックしてスマートオブジェクトに変換し、描画モードを「通常」に設定して、ぼかし(ガウス)(フィルター/ぼかし/ぼかし(ガウス))で境界をぼかします。

ぼかし(ガウス)ダイアログで「半径」が0.5ピクセルに設定されている

古びたようなデザインを作成する

Photoshopを使用すれば、スプレーペイントのようなデザインを独自に作成できるため、ペンキ代を節約できます。

スプレーペイント効果が適用されたアンパサンドがリビングルームの壁に表示されている

注意:このチュートリアルに付属のプロジェクトファイルは練習目的でのみご利用ください。

09/02/2020

アーティスト:Erica Larson

Adobe Stock提供元:XTRAVAGANT    

このページは役に立ちましたか。