次のデザインで水中のテキストスタイルを追加するために、実際に泳ぐ必要はありません。この短いチュートリアルでは、アドビのシニアアートディレクターであるLidia Lukianova氏が、Adobe Photoshopで置き換えマップを作成してベクターテキストをブレンドし、鮮やかな作品に仕上げる手法を紹介します。

アーティスト兼デザイナーのLidia Lukianova氏は、旅行、ギターの演奏、作曲を趣味としています。iPadによるイラスト制作に情熱を注いでいます。アイデンティティからイラスト、レタリング、アニメーションまでのすべてのプロジェクトでこのツールを使いこなすことが、現在の創作活動で重視していることです。 

画像を準備する

最初に、色相・彩度の調整レイヤーを適用することで、泡の置き換えマップを作成します。ファイルを新しいPhotoshopドキュメントとして保存する前に、画像の彩度を下げて「ブラー(ガウス)」を適用します。

underwater-text-effect_step1

文字を選ぶ

元の水の画像で「DREAM」の文字を入力し、テキストレイヤーをスマートオブジェクトに変換します。

underwater-text-effect_step2

効果を作成する

泡の下のテキストを表現するには、置き換えフィルター(フィルター/ゆがみ/置き換え)を適用して、意図した効果になるように設定を調整します。次にメッセージが表示されたら、最初に保存したPhotoshopドキュメントを置き換えマップとして選択します。

underwater-text-effect_step3

外観を調整する

水のレイヤーを複製して最上位レイヤーとして移動し、文字の周りの泡をゆがませます。次に、クリッピングマスクを作成(レイヤー/クリッピングマスクを作成)して、水が文字のシェイプ内に収まるようにします。 完了したら、描画モードを「除外」に設定して、「塗り」のパーセントを下げます。テキストレイヤーの描画モードを「輝度」に変更して、作品を完成させます。

underwater-text-effect_step4

クリエイティビティの流れを止めない

このテクニックを使用して平面の画像にテクスチャを適用し、コンポジションに奥行きを追加できます。

underwater-text-effect_step5

 

注意:このチュートリアル付属のプロジェクトファイルは練習目的でのみご利用ください。

 

Adobe Stockでは、1億点以上もの質の高いロイヤリティフリーの写真、グラフィック、ビデオ、テンプレートにアクセスでき、クリエイティブプロジェクトをすばやく開始できます。Adobe Stockの無料体験版では、10点の画像を無料でご利用いただけます。

01/02/2020

アーティスト:Lidia Lukianova

Adobe Stock提供元:Tsiumpa

このページは役に立ちましたか。