内容

デバイスに依存しないカラーの必要性

Lab カラーモード

Photoshop でのモード変換

Photo CD イメージを使って作業する

[特定色域の選択]コマンド

 

Lab カラーモードによって、デバイスに依存しないカラースペースで作業を行うことができます。これは、カラーを再現するデバイスに関係なく一定したカラーを再現するための目標です。この文書では、デバイスに依存しないということと Lab カラーモードについての簡単な説明を行い、Adobe Photoshop で Lab カラーモードを使用する際の提案をしています。

 

デバイスに依存しないカラーの必要性

デバイスが異なると、再現されたカラーは異なります。カラーは、モニタ、プリンタなどの種類によって異なるだけでなく、同じメーカーの同じモデルでもユニットが違うだけでも異なってしまうのです。

 

また、同じデバイス上でも画像のカラーモードによってカラーが変化します。カラーは、コンピュータで解読するためにカラーモデルで数学的に表現されています。それぞれのカラーモデルは、異なる色域を持っています。RGB や CMYK などの特定のカラーモデルでは、視覚で捉えられるカラーの一部を保有しています。デバイスに依存しないカラーへの鍵は、すべてのカラーを含むカラーモデルの標準化にあります。そして、このようなカラーモデルはデバイスからデバイスへのカラー変換のシステムを提供できるのです。

 

Lab カラーモード

国際照明委員会(CIE)は、色の計測を標準化するために組織された国際的な団体で、1931 年に人間の視野に基づいたカラーモデルを開発しました。1976 年、CIE はそのカラーモデルに基づき、さらに 2 つのカラーシステムを提案しました。そのうちの一つが、CIE L*a*b です。

 

Lab カラーモデルでは、L が色の明度を定義し、a と b がそれぞれ赤-緑軸および青-黄軸を定義します。他の CIE カラーモデルと同様に、Lab カラーモデルは視覚で捉えられるスペクトルのすべてを含んでいて、デバイスに依存しません。例えば、RGB から CMYK のように、他のカラーモデル間でカラー変換を行う際に有効です。また、Lab カラーはあるデバイスでカラーを再現して、他のデバイスへ移してもオリジナルのカラーを保持することができます。

 

Photoshop でのモード変換

Photoshop は、カラーモードを使って画像を表示したりプリントする際のカラーモデルを決めています。Photoshop は、Lab のように既に確立しているカラーモデルに基づいたカラーモードを使用しています。Photoshop でカラーモードを使用するには、それぞれのモードに関連したコマンドを使用します。

 

Photoshop は、あるモードから他のモードのカラー値へ変換する際に Lab モードを内部的に使用します。Lab カラーモードはすべてのモードでのカラー値を定義するシステムを提供するため、カラー変換の仲介として Lab カラーモードを使うことは特定のデバイスで再現可能な色域内にカラーが入っている状態を保証することになります。カラー変換の過程でカラーが置き換えられることはありません。色域外のカラーに対して、Photoshop 5.0.x では希望通りのカラーに最も近くするための変換方式を選択することができます。

 

例えば、RGB カラーイメージを CMYK モードに変換する場合、まず、Photoshop は RGB カラー値を Lab モードに変換します。この際、[RGB 設定]ダイアログボックス(Photoshop 5.0.x)/[モニタ設定]ダイアログボックス(Photoshop 4.0.1 以前のバージョン)の情報を使います(本質的には ICC プロファイルの情報を使用します)。それから、カラーテーブルを構成して CMYK カラーモードに変換します。この際に、[CMYK 設定]ダイアログボックスの「内蔵」オプション(Photoshop 5.0.x)/[印刷インキ設定]および[色分解設定]ダイアログボックス(Photoshop 4.0.1 以前のバージョン)の情報を使用します。Photoshop 5.0.x では、[CMYK 設定]ダイアログボックスの「ICC」オプションで、変換を行うための「プロファイル」、「変換方式」、「マッチング方法」を指定することができます。

 

一度イメージが CMYK モードになると、RGB モニタに表示するにはイメージのカラー値を RGB カラー値に変換しなければなりません。このために、Photoshop は同じカラーテーブル、プロファイル、マッチング方式を使って CMYK カラー値を Lab に戻し、さらに[RGB 設定]ダイアログボックスまたは[モニタ設定]ダイアログボックスの情報を使って RGB に戻します。

 

Photoshop CD イメージを使って作業する

Photoshop で Photo CD イメージを開く場合は、RGB モードではなく Lab モードで開きます。Lab モードで Photo CD イメージを開くことにより、すべてのカラーを保持することができます。Photo CD イメージが作成されたときのカラースペースは、CIE が提案したもう一つのデバイスに依存しないカラースペースで Photo YCC といいます。一度 Lab カラーモードでイメージを開くと、RGB モードに変換して編集したり、CMYK モードに変換して色分解したりできます。

 

Photoshop 5.0.x では、色域の広い RGB モードを選択し、アウトプットプロファイルとして保存して Photo CD イメージを開く際に使用することができます。例えば、[RGB 設定]ダイアログボックスの AdobeRGB(1998) または 広範色域 RGB などです。詳細は、<文書番号 214266 「Photoshop 5.0.x で Kodak Photo CD 画像を開く」>をご参照ください。

 

[特定色域の選択]コマンド

Lab カラーでは、輝度の構成要素(チャンネル L)をその他の色の構成要素(チャンネル a および b)と区別しているため、このモードを使用して画像の輝度の値、赤-緑の構成要素、青-イエローの構成要素を別々に編集することができます。以下に例を示します。

 

-カラーイメージで粒状の質感を出したり、斑点を表示したりするには、「ノイズを加える」フィルタを使用して Lab カラーモードの L チャンネルを調整します。L チャンネルのノイズが、斑点状の外観を作るためにピクセルを拡大することはありません。

 

-L チャンネルに「アンシャープマスク」フィルタを適用して、カラーの artifacts(破損データ、ノイズ)を作らずにカラーイメージの境界をシャープにすることができます。

 

-グレースケールイメージで絵画のような効果を生むには、Lab カラーモードに変換します。a チャンネルに水平方向の黒から白へのグラデーションの塗りを作成し、b チャンネルに垂直方向の黒から白へのグラデーションの塗りを作成します。これにより、輝度のチャンネルでの画像のディテールを失うことなく、カラーチャンネルをブレンドすることができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー