この情報は以下の製品について記述されています。

  • Macintosh/Windows 版 Photoshop 6.0
  • Macintosh/Windows 版 Photoshop 7.0

 

 

Issue (問題点)

 

Photoshop 5.5 で作成したテキストレイヤーを含むファイルを、バージョン 6.0 以降で開くと、次のようなメッセージが現れます。

 

 

Solutions (解決方法)

 

Photoshop 6.0 では文字編集機能が変更されており、画面上での直接入力や個々の文字に対して変更を適用することはもちろん、段落としてのフォーマットオプションを適用できるようになりました。Photoshop 5.5 で作成したテキストレイヤーを含むファイルを バージョン 6.0以降 で開く場合には上記のようなメッセージが表示され、バージョン6.0 の文字編集機能を使用するために更新をするかどうかを選択することができます。ここで[更新] を選択すると、テキストレイヤーがアップデートされて文字編集を行うことができます。また、[いいえ]を選んだ場合でも、後からレイヤーのアップデートをして編集することが可能です。

 

注意:レイヤーのアップデートを行わないファイルでも 一旦 Photoshop 6.0 でファイルを保存すると、そのファイルをPhotoshop 5.5 で開く際にテキストレイヤーがラスタライズされたレイヤーとして取り扱われますのでご注意ください。

 

上記メッセージで[いいえ] を選択すると、レイヤーパレット上のテキストレイヤーに 三角の!マークが表示されます。

 

 

レイヤーの [T] の部分をダブルクリックすると、「テキストレイヤー "レイヤー名" に編集や描画を行うと、レイアウトが変更されます。続行しますか?」

という下記のメッセージが表示されます。

 

 

[OK] をすると、ファイルを開く時に [更新] を選択したのと同じ状態になり、テキストレイヤー上の [!] マークが消えて、画像上での直接入力ができます。

 





 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー