クリッピングパスとは、画像内の一部をパスで囲み、それ以外の箇所をマスクする(隠す)機能です。

Adobe Photoshop でクリッピングパスを適用した画像を Adobe Illustrator や Adobe InDesign に配置すると、マスクされた部分は透明部分として認識され、あたかも画像を切り抜いたように読み込むことができます。

A. 切り抜く画像をパスで囲む

選択範囲をパスに変換することもできますが、今回はペンツールでパスを描画します。

  1. Photoshop を起動し、ファイル/開く を選択して、切り抜きたい画像があるファイルを開きます。

  2. ツールパネルから、ペンツールを選択します。

  3. ペンツールを使い、切り抜く画像を囲むようにパスを描画していきます。

  4. 始点に戻ってきたら、パスを閉じます。始点のアンカーポイントにペンツールをあわせ、アイコンに丸がついた状態でクリックします。

  5. 切り抜く画像がパスで囲まれました。

B. 描画したパスをクリッピングマスクに変換する

A. で作成したパスをクリッピングパスに変換します。

  1. ウィンドウ/パス を選択して、パスパネルを表示します。ペンツールで描画したパスが、「作業用パス」として表示されています。

  2. パスパネルの右上をクリックして、オプションメニューから「パスを保存」を選択します。

  3. パスを保存ウィンドウが表示されたら、「OK」をクリックします。

  4. 再度パスパネルの右上をクリックしてオプションメニューを表示し、「クリッピングパス」を選択します。

  5. クリッピングパスウィンドウが表示されたら、「OK」をクリックします。
    ※ 平滑度は 0.2 ~ 100 の値で設定することも出来ます。値が小さいほど、曲線が滑らかになります。

C. 画像を保存する

作成したクリッピングパスを利用するために、適切なファイル形式でファイルを保存します。

  1. ファイル/別名で保存 を選択します。

  2. 名前を付けて保存 ダイアログボックスが表示されたら、「ファイルの種類」で「Photoshop EPS (*.EPS)」を選択し、「保存」ボタンをクリックします。

  3. EPS オプション ダイアログボックスが表示されたら、「OK」をクリックします。

  4. 保存した画像を Illustrator などで配置すると、切り抜かれたように表示されます。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー