内容 (What's Covered)

 

この文書は、 Adobe Photoshop CS の代表的な画像補正機能である [トーンカーブ] ダイアログボックスのさまざまな使用方法について説明します。

 

A. トーンカーブとは

B. [トーンカーブ] ダイアログボックスを表示する

C. 画像の補正を行う

D. ショートカットキーにおける制御点のコントロール

E. [トーンカーブ] ダイアログボックスのさまざまな使い方

 

 A. トーンカーブとは

 

Photoshop では、 [トーンカーブ] ダイアログボックスを使用して画像全体の色調やカラーを調整することができます。

例えば、暗すぎる画像を明るくしたり、またはコントラスト調整などにも使用します。トーンカーブは、グラフ上でカーブを描いて画像を調整し、またカーブの度合いにより補正のかかり具合が異なります。

 

Photoshop CS では、 8 bit および 16 bit 画像や Camera RAW 画像に対してトーンカーブを実行できます。

※ モノクロ 2 階調モードのような 1 bit 画像に対しては、トーンカーブを実行できません。

 

[トーンカーブ] ダイアログボックスを開くには

[トーンカーブ] ダイアログボックスを開くには、以下のいずれかを行います。

 

メニューから開く場合:

  1. Photoshop を起動して、画像を開きます。
  2. [イメージ] メニューから [色調補正] - [トーンカーブ] を選択します。
  3. [トーンカーブ] ダイアログボックスが表示されます。

 

 

ショートカットキーで開く場合:

  1. Photoshop を起動して、画像を開きます。
  2. Ctrl + M キー(Windows)/Command + M キー(Macintosh) を押します。

    ※ 上記は初期設定のショートカットキーです。ショートカットキーは自由にカスタマイズすることも可能です。
  3. [トーンカーブ] ダイアログボックスが表示されます。

 

 B. [トーンカーブ] ダイアログボックスを表示する

 

[トーンカーブ] ダイアログボックスを開くとグラフ上に対角線状の直線が表示されており、「横軸」が補正前の値で、「縦軸」が補正後の値になります。[トーンカーブ] ダイアログボックスを開いた直後の斜め 45 度の直線は、縦と横の関係が 1 : 1 のため、補正していない状態を表します。

 

 

 

また、画像のカラーモードが、RGB 、CMYK およびグレースケールでは、[トーンカーブ] ダイアログボックスで表示される初期設定が異なります。

 

RGB 画像で [トーンカーブ] ダイアログボックスを開いた場合:

- RGB 画像の場合、入出力は、 0 ~ 255 の値で表示されます。

- 左下の角がシャドウ(0)を表します。

- 右上の角がハイライト(255)を表します。

- 初期設定では、「縦軸」は下から上、「横軸」は左から右に向かって明るくなります。

※ トーンカーブの下の両方向の矢印 をクリックして、シャドウとハイライトを逆向きに切り替えることが可能です。詳細は、縦横軸のシャドウとハイライトを逆向きにする を参照してください。

 

 

 

CMYK 画像/グレースケール画像で [トーンカーブ] ダイアログボックスを開いた場合:

- CMYK またはグレースケール画像の場合、入出力は 0 ~ 100 %のパーセント値が表示されます。

- 左下の角はハイライト(0 %)を表します。

- 右上の角がシャドウ(100 %)を表します。

- 初期設定では、「縦軸」は下から上、「横軸」は左から右に向かって暗くなります。

※ トーンカーブの下の両方向の矢印 をクリックして、シャドウとハイライトを逆向きに切り替えることが可能です。詳細は、縦横軸のシャドウとハイライトを逆向きにするを参照してください。

 

 

 C. 画像の補正を行う

 

画像の補正を行うには、トーンカーブに制御点を追加してカーブの形を変形させます。このカーブの形は、自由自在に変形できます。

トーンカーブを使用した具体例を参照するには、トーンカーブを使用補正例 を参照してください。

 

制御点を追加または削除する

トーンカーブを使用した補正例

個別のチャンネルに対して補正を行う

複数のチャンネルに対して補正を行う

 

 制御点を追加または削除する

トーンカーブの線上をクリックすると、黒い点(制御点)が表示されて、この点を上げ下げすることにより画像の明るさやコントラストなどを調整します。

制御点を追加または削除するには、以下の操作を行ってください。

 

- 制御点の追加方法

制御点を追加するには、トーンカーブの線の上をクリックします。黒い点は、最大 14 個までポイントすることが可能で、RGB 画像では、画像内の領域をクリックして制御点を追加することができます。

制御点の詳しい操作方法については、 D. ショートカットキーにおける制御点のコントロールを参照してください。

 

 

 

- 制御点の削除方法

追加した制御点を削除するには、制御点をクリックし Delete キーを押します。もしくは、制御点をグラフの外方向へドラッグして削除することもできます。

なお、トーンカーブの端点を削除することはできません。

 

 

 

 トーンカーブを使用した補正例

補正の目的によって以下の操作を行います。

※ RGB 画像を例に説明しております。

 

- 画像を明るくする

トーンカーブの真ん中あたりを持ち上げると、出力値が上がり画像が明るくなります。

 

 

 

- 画像を暗くする

トーンカーブの真ん中あたりを下方向へ移動すると、出力値が下がり、画像が暗くなります。

 

 

 

- 画像を反転する

トーンカーブを逆向きにすると、下図のように画像が反転します。これは、 [イメージ] メニューから [色調補正] - [階調の反転] コマンドを実行した場合と同じ効果です。

 

 

- 画像にメリハリをつける

S 字型のトーンカーブにすると、明るい部分は更に明るく、暗い部分はより暗くなります。適度にコントラストが上がるためメリハリのある画像になります。

トーンカーブの傾きが急な部分ほど、コントラストが上がります。

 

 

 個別のチャンネルに対して補正を行う

RGB および CMYK 画像の各チャンネルに対してもトーンカーブを使用して補正を行えます。

操作手順は以下のとおりです。

  1. Photoshop で画像を開きます。
  2. [イメージ] メニューから [色調補正] - [トーンカーブ] を選択し、[トーンカーブ] ダイアログボックスを表示します。
  3. [チャンネル] ポップアップメニューから対象のチャンネルを選択します。



  4. トーンカーブを適用すると、手順 3. で選択したチャンネルのみ補正されます。



    ※ 他のチャンネルに影響はありません。

 

 複数のチャンネルに対して補正を行う

例えば「シアン」と「マゼンタ」だけの複数チャンネルを同時にトーンカーブを使用して補正を行えます。

操作手順は以下のとおりです。

  1. Photoshop で画像を開きます。
  2. [ウィンドウ] メニューから [チャンネル] を選択し、 [チャンネル] パレットを表示します。
  3. [チャンネル] パレットには各チャンネルが表示されています。
  4. Shift キーを押しながら、補正対象のチャンネルを選択します。



    ※ アルファチャンネルを選択することも可能です。



  5. [イメージ] メニューから [色調補正] - [トーンカーブ] を選択し、[トーンカーブ] ダイアログボックスを表示します。
  6. [チャンネル] ポップアップメニューには、手順 4. で選択したチャンネルのみ表示されます。トーンカーブを適用すると、表示されているチャンネルのみ補正されます。



    ※ 他のチャンネルに影響はありません。



 

 

 D. ショートカットキーにおける制御点のコントロール

 

トーンカーブに追加した制御点をコントロールするには、「ドラッグする方法」と「ショートカットキーを使用する方法」があります。

「ドラッグする方法」は、追加した制御点の上にマウスポインタを当てて、任意の方向へドラッグして画像を補正する方法ですが、「ショートカットキーを使用する方法」を利用すれば、ドラッグするよりも正確に制御点を移動することができるため、精密な補正を行えます。

例えば、縦方向だけに制御点を移動したい場合は、ドラッグだけだと横方向にずれてしまう可能性がありますが、ショートカットキーを利用すれば、横方向にずれることなく正確に縦に移動することができます。

上下左右に移動する

制御点を上下左右に移動するには、以下のショートカットキーを使用します。これにより微妙な移動が可能となります。

- 制御点を上方向に移動するには、キーボードの矢印キーである ↑ キーを、下方向へは、↓ を押し続けます。押した数だけ移動します。

- 制御点を左方向に移動するには、キーボードの矢印キーである ← キーを、右方向へは、→ を押し続けます。押した数だけ移動します。

 

コントロールポイント間を移動する

Ctrl キー(Windows)/Control キー(Macintosh)を押しながら Tab キーを押すと、押すたびにトーンカーブ上のコントロールポイントの選択が移動します。

 

※ 詳細は、Photoshop CS ヘルプ 『トーンカーブのキーボードショートカット』を参照してください。

 

 E. [トーンカーブ] ダイアログボックスのさまざまな使い方

 

[トーンカーブ] ダイアログボックスでは、上記のセクションで説明した以外の使い方や設定方法があります。

作業内容に合わせて効率よく使用してください。

 

初期設定に戻すには

縦横軸のシャドウとハイライトを逆向きにする

グラフのグリッド間隔を狭めるには

[トーンカーブ] ダイアログボックスを大きくする

元画像と変更後の画像をプレビューするには

トーンカーブの設定を他の画像にも適用するには

 

 初期設定に戻すには

トーンカーブの調整点を初期化するには、Alt キー(Windows)/ Option キー(Macintosh)を押しながら、[初期化] ボタンをクリックします。

 

 

 

  縦横軸のシャドウとハイライトを逆向きにする

トーンカーブの下の両方向の矢印 をクリックすることにより、縦横軸のシャドウとハイライトを逆向きに切り替えることができます。

 

 

 

 グラフのグリッド間隔を狭めるには

Alt キー(Windows)/ Option キー(Macintosh)を押しながらグリッドの上をクリックすると、グリッド間隔が狭まります。再度クリックすると、グリッド間隔が広がります。

 

 

 

 [トーンカーブ] ダイアログボックスを大きくする

ダイアログボックスの右下にある ボタンをクリックすると [トーンカーブ] ダイアログボックス自体を大きく表示させることが可能です。再度クリックすると、元の大きさに戻ります。

 

 

 

 元画像と変更後の画像をプレビューするには

[プレビュー] チェックボックスをオン/オフすることにより元画像と変更後画像を見比べながら画像の補正を行うことが可能です。

 

 

 トーンカーブの設定を他の画像にも適用するには

トーンカーブの設定を保存し、同じ設定を他の画像に適用するには以下の操作手順を行います。

  1. [トーンカーブ] ダイアログボックスで、トーンカーブを調整します。
  2. [保存] ボタンをクリックし、任意の場所に *.acv 形式として保存しておきます。



  3. 別の画像を開き、[トーンカーブ] ダイアログボックスを表示します。
  4. [読み込み] ボタンをクリックし、手順 2. で保存した *.acv 形式のファイルを読み込みます。
  5. 手順 1. で調整したトーンカーブと同じ設定が適用されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー