この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

内容 (What's Covered)

A. トラブルシューティング/初級編

A-1. 必要システム構成

A-2. Windows Update

A-3. 環境設定ファイルの再作成

A-4. Photoshop プラグインの確認

A-5. Photoshop を単独で起動

A-6. サードパーティ製プラグインのトラブルシューティング

B. トラブルシューティング/中級編

B-1. 新規ユーザアカウントの作成

B-2. 通常使うプリンタの変更

B-3. ユーザーアカウント制御(UAC)の無効化

B-4. ビデオカードドライバのアップデート

B-5. Windows Aero の無効化

B-6. デバイスドライバの互換性を確認

B-7. フォントのトラブルシューティング

B-8. 一時ファイルの削除

B-9. 仮想メモリの設定

B-10. ページングファイルの最大サイズを変更

B-11. 仮想記憶ディスクの最適化

B-12. ハードディスクの修復とデフラグ

B-13. システムのウイルススキャン

B-14. 問題の原因となるファイルを特定

C. トラブルシューティング/上級編

C-1. Administrator アカウントでのログイン

C-2. RAM モジュールのトラブルシューティング

C-3. 問題が解決しない場合

この文書は、Windows 7 および Windows Vista で Adobe Photoshop CS4 および Photoshop CS4 Extended を使用する際に発生するシステムエラーやフリーズの対処方法について説明します。システムエラーは、例えば以下に示すようなさまざまな形で現れます。

- ダイアログボックスが空白で表示される、またはちらつく

- カーソルや画面のフリーズ

- ブルースクリーン

- 予期せぬ再起動

- 以下のようなエラー

  • 「This program has performed an illegal operation and will be shut down. If the problem persists, contact the program vendor. (このプログラムは不正な処理のため強制終了されます。問題が解決しない場合は、プログラムの販売元に連絡してください。)」
  • 「Photoshop caused a General Protection Fault in module [filename]. (Photoshop によってモジュール <ファイル名> に一般保護エラーが発生しました。)」
  • 「Photoshop caused an Invalid Page Fault in module [filename]. (Photoshop によってモジュール <ファイル名> に不正なページエラーが発生しました。)」
  • 「Application Error. (アプリケーションエラー)」
  • 「Unhandled exception detected. Application will be terminated. (処理できない例外が検出されました。アプリケーションを終了します。)」
  • 「Illegal Instruction. (不正な命令)」
  • 「Segment load failure in [filename]. (<ファイル名> のセグメント読み込みエラー)」
  • 「Photoshop has encountered a problem and needs to close. (Photoshop で問題が発生したため、終了します)」
  • 「Fatal System Error. (致命的なシステムエラー)」
  • 「A STOP error (停止エラー)」

システムエラーは、デバイスドライバ、ソフトウェア、およびハードウェア間でのコンフリクト、特定ファイルの破損など、さまざまな要因で発生します。Photoshop での作業中にシステムエラーが発生した場合も、必ずしも Photoshop が原因であるとは限りません。他のアプリケーションがメモリやプロセッサパワーを要求しているために問題が発生する場合もあります。

この文書を最大限に活用するために、以下の作業を順序どおり行ってください。また行った作業の内容とその結果、表示されたエラーメッセージの内容などを記録をしておくことをお勧めします。弊社テクニカルサポートにお問い合わせの際、それらの情報を元に、更に適切なサポートサービスを提供することができます。

  重要 : いくつかの手順では、ユーザーアカウント制御(UAC)ダイアログボックスが表示されて、操作を続行するための許可を求められることがあります。ダイアログボックスの内容を確認し、続行するかどうかを判断してください。ダイアログボックスで [キャンセル] を選択すると、トラブルシューティングの手順を続行することはできません。

 A. トラブルシューティング/初級編

このセクションの作業は、もっとも一般的なシステムエラーを解決するのに役立ちます。以下の作業を行う前に、作成した Photoshop ファイルなどのすべての個人用データのバックアップを保存してください。システムエラーが発生した際は、メモリをリフレッシュするために必ずコンピュータを再起動してください。再起動せずに作業を続行することによって別のエラーが発生することがあります。

一部の手順では隠しファイルやフォルダの検索を必要とし、一部の手順では、拡張子(例えば「filename.ini」ファイルの「*.ini」)をもとにファイルを検索する必要があります。Windows の初期設定では隠しファイルや拡張子が非表示になっています。

隠しファイルや隠しフォルダ、ファイル名の拡張子を表示するには、以下の操作を行います。

  1. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows 7

    [コンピューター] を開き、[整理] メニューから [フォルダーと検索のオプション] を選択します。

    Windows Vista

    [コンピュータ] を開き、[整理] メニューから [フォルダと検索のオプション] を選択します。

     
  2. [表示] タブをクリックします。
  3. [隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する](Windows 7)/[すべてのファイルとフォルダを表示する](Windows Vista)を選択します。
  4. [登録されている拡張子は表示しない] のチェックをはずします。



    フォルダオプションダイアログボックス

     
  5. [OK] をクリックします。

 A-1. 必要システム構成

コンピュータが以下の必要システムを満たしていない場合、アプリケーションが正しく動作しない可能性があります。

  • 1.8 GHz 以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
  • Microsoft Windows XP(Service Pack 2)日本語版(Service Pack 3 を推奨)、またはWindows Vista Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise(Service Pack 1)日本語版(Windows XP 32 ビット版および Windows Vista 32 ビット版/64 ビット版に対応)
  • 512 MB 以上の RAM(1 GB 以上を推奨、Photoshop CS4 Extended の 3D 機能では 1 GB 以上の RAM が必要)
  • 2 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(フラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1024 x 768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1280 x 800 以上を推奨)、および16-bit 以上のビデオカード
  • GPU を利用する一部の機能では Shader Model 3.0 と OpenGL 2.0 対応のグラフィックカードが必要
  • DVD-ROM ドライブ
  • マルチメディア機能を利用するために QuickTime 7.2 日本語版
  • オンラインサービスのためにブロードバンドインターネット接続

コンピュータに搭載されているプロセッサ速度およびメモリ容量を確認するには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューの [コンピューター](Windows 7)/[コンピュータ](Windows Vista)を右クリックし、[プロパティ] を選択します。
  2. [システム] セクションにプロセッサ速度および搭載メモリ容量が表示されます。



    システムのプロパティ

 A-2. Windows Update

Windows のアップデートを行うことにより、パフォーマンスやアプリケーションの互換性の問題が改善される場合があります。Microsoft 社の Web サイトから Service Pack およびその他のアップデータを入手することができます。インストール方法などの詳細については Microsoft 社テクニカルサポートにお問い合わせください。

Microsoft Windows Update

URL : http://www.windowsupdate.com/

  重要 : システムアップデートをインストールする前に、Photoshop CS4 および使用するその他のソフトウェアやハードウェアの必要システム要件を確認し、互換性に問題が無いか確認してください。アップデートするバージョンが必要システム要件に含まれていない場合は、弊社、またはサードパーティ製ソフトウェアやハードウェアの製造元へお問い合わせください。

Windows のアップデートを行った後に、Windows またはアプリケーションを再インストールした場合は、Windows アップデートをもう一度インストールしてください。アプリケーションによっては、共通に使用するシステムファイルをインストールするため、更新された新しいバージョンが上書きされてしまいます。

 A-3. 環境設定ファイルの再作成

Photoshop CS4 の環境設定ファイルを再作成することによって、環境設定ファイルの破損が原因で発生する問題を解決することができます。

 注意 : 環境設定ファイルを再作成すると、アプリケーションの設定が初期化されます。

以下の操作を行います。

  1. Photoshop を終了します。
  2. 以下の場所に保存されている「Adobe Photoshop CS4 Prefs.psp」ファイルの拡張子を変更します。(例: 「Adobe Photoshop CS4 Prefs.old」など)



    Users¥<ユーザ名>¥AppData¥Roaming¥Adobe¥Adobe Photoshop CS4¥Adobe Photoshop CS4 Settings

     
  3. Phtoshop を起動します。Photoshop は、起動時に新しい環境設定ファイルを作成します。

問題が再現する場合 :

問題の原因は環境設定ファイルの破損ではありません。カスタマイズした設定を復元するには、Photoshop を終了し、新しく作成された環境設定ファイルを削除して手順 2. で変更したファイル名を元に戻します。

 A-4. Photoshop プラグインの確認

以前のバージョンの Photoshop で使用していたプラグインを Photoshop CS4 のプラグインフォルダに移動して使用している場合は、これらのプラグインファイルを別の場所へ移動します。サードパーティ製プラグインを使用している場合も、Photoshop CS4 のプラグインフォルダから別の場所へ移動し、アップデートについてプラグインの製造元にお問い合わせください。64 ビット版 Photoshop CS4 を使用している場合は、64 ビット版に対応するアップデートがリリースされているか確認します。

[プラグイン] 環境設定の [追加のプラグインフォルダ] で、Photoshop CS3 および以前のバージョン、またはサードパーティ製プラグインがインストールされているフォルダを指定している場合は、[追加のプラグインフォルダ] のチェックをはずします。

Photoshop CS4 では、64 ビット版オペレーティングシステムのサポートおよび、GPU(Graphics Processing Unit)を利用することが可能になりました。これらの新機能と互換性のないプラグインファイルを Photoshop CS4 で読み込んだ場合、問題が発生する可能性があります。

64 ビット版オペレーティングシステムのサポートおよび GPU の利用についての詳細は、以下の弊社技術文書を参照してください。

文書番号 234357 64 ビットオペレーティングシステムの利点と制限(Photoshop CS4/Photoshop CS4 Extended)

文書番号 234358 GPU と OpenGL の機能と制限(Photoshop CS4/Photoshop CS4 Extended)

 A-5. Photoshop を単独で起動

アンチウイルスソフトウェア、ファイアウォールソフトウェア、またはその他のアプリケーションや Windows の起動時に読み込まれるサービスなど、Photoshop と同時に動作しているアプリケーションがシステムエラーまたはフリーズの原因となる場合があります。Windows のシステム構成ユーティリティを使用して一時的に最小限のスタートアップ項目とサービスだけを有効にして Photoshop を起動し、コンフリクトの原因を特定します。

スタートアップ項目とサービスを無効にするには、以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. [スタート] メニューの [プログラムとファイルの検索](Windows 7)/[検索の開始](Windows Vista)テキストボックスに「msconfig」と入力して Enter キーを押します。 

    ※ Windows Vista で [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。



    msconfig と入力します

     
  3. [スタートアップ] タブと [サービス] タブをそれぞれ選択してチェックが入っていない項目名をメモなどに記録します。
  4. [スタートアップ] タブをクリックし、[すべて無効にする] ボタンをクリックします。
  5. [サービス] タブをクリックし、[Microsoft のサービスを全て隠す] にチェックを入れ、[すべて無効] ボタンをクリックします。



    すべて無効をクリックします

     
  6. [FLEXnet Licensing Service] にチェックを入れます。
  7. [OK] をクリックし、コンピュータを再起動します。



     注意 : 再起動後、「システム構成を使って Windows の開始方法を変更しました。」というメッセージが表示された場合は [OK] をクリックし、システム構成ユーティリティが起動したら [キャンセル] をクリックします。

     
  8. コンピュータの再起動後、通知領域(タスクトレイ)に表示されているアイコンを 1 つずつ右クリックし、終了または無効にします。
  9. 問題を再現します。

問題が再現しない場合 :

無効にしたスタートアップ項目のうちいずれかが、コンフリクトの原因となっている可能性があります。スタートアップ項目を 1 つずつ有効にして、どの項目とコンフリクトを起こしているか特定し、アプリケーション、またはサービスをアップデートします。アップデートの詳細については、各製造元へお問い合わせください。

問題が再現する場合 :

問題の原因はスタートアップ項目ではありません。以下の操作を行い、スタートアップを再度有効にします。

  1. 上記手順 2. の操作を行い、システム構成ユーティリティを起動します。
  2. [全般] タブを選択し、[通常スタートアップ] を選択します。
  3. [スタートアップ] タブおよび [サービス] タブをクリックし、上記手順 3. でメモした項目を無効にします。
  4. [OK] をクリックし、コンピュータを再起動します。

 A-6. サードパーティ製プラグインのトラブルシューティング

Photoshop のプラグインフォルダからサードパーティ製のプラグインをデスクトップなどへ移動し、Photoshop を再起動して問題を再現します。問題が改善しない場合は、プラグインを元のフォルダに戻し、この文書の次のセクションへ進みます。問題が改善した場合、コンフクリクトを起こしているプラグインを特定します。

Photoshop CS4 のプラグインフォルダは以下の場所にあります。

- Program Files¥Adobe¥Adobe Photoshop CS4¥Plug-ins

コンフリクトの原因となっているプラグインを特定するには、以下の操作を行います。

  1. サードパーティ製のプラグインを 1 つ、「Plug-ins」フォルダに戻します。
  2. Photoshop を再起動し、問題を再現します。

問題が再現しない場合 :

問題が再現するまで手順 1. ~ 2. の操作を繰り返し行います。

問題が再現する場合 :

最後に移動したプラグインが問題の原因となっている可能性があります。プラグインの開発者に、アップデートについてお問い合わせください。

 B. トラブルシューティング/中級編

上記の手順で問題が解決しない場合は、以下の操作を行います。

 B-1. 新規ユーザアカウントの作成

問題が発生する際にログインしているユーザアカウントと同等の権限を持った新規ユーザアカウントを作成します。新規ユーザアカウントで問題が解決した場合、既存のユーザアカウントが破損している可能性があります。ユーザアカウントの作成方法について詳しくは、Windows のヘルプを参照するか、システム管理者にお問い合わせください。

 B-2. 通常使うプリンタの変更

互換性のないプリンタドライバによってシステムエラーもしくはフリーズなどの問題が発生することがあります。通常使うプリンタに設定されているプリンタのドライバが原因かどうかを確認するため、通常使うプリンタを PostScript プリンタに変更します。

通常使うプリンタを変更するには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [コントロールパネル] を選択します。
  2. [ハードウェアとサウンド] セクションの [デバイスとプリンターの表示](Windows 7)/[プリンタ](Windows Vista)をクリックします。
  3. 通常使うプリンタに設定されているプリンタとは異なる PostScript プリンタ、または Adobe PDF プリンタを右クリックし、[通常使うプリンターに設定](Windows 7)/[通常使うプリンタに設定](Windows Vista)を選択します。



    注意 注意 : 通常使うプリンタにはチェックマークが表示されています。ネットワークプリンタは右クリックしないでください。既存のプリンタ以外にプリンタが利用できない場合は、以下の異なるプリンタが利用できない場合を参照して仮想の PostScript プリンタを作成します。

     
  4. 問題を再現します。

 異なるプリンタが利用できない場合

仮想の PostScript プリンタを設定し、作成したプリンタを通常使うプリンタとして設定するには、以下の操作を行います。

  1.  上記手順 1. ~ 2. の操作を行い、[デバイスとプリンター](Windows 7)/[プリンタ](Windows Vista)ウインドウを表示します。
  2. ウインドウ上部の [プリンターの追加](Windows 7)/[プリンタのインストール](Windows Vista)ボタンをクリックします。
  3. [プリンターの追加] ダイアログボックスが表示されたら、[ローカルプリンターを追加します] をクリックします。
  4. [既存のポートを使用] を選択し、ポップアップメニューから [FILE:(ファイルへ出力)] を選択して [次へ] をクリックします。
  5. 「プリンタードライバーのインストール」画面が表示されたら、Canon GP200/GP215 PostScript、HP LaserJet 4050 Series PS、Lexmark Optra Color 45 PS などの PostScript プリンタを選択し、[次へ] をクリックします。

    ※ PostScript プリンタの名前は、一般的に最後に「PostScript」や「PS」と表示されます。
  6. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows 7

    a. [プリンター名] テキストボックスにプリンタ名を入力し、[次へ] をクリックします。

    b. プリンタのインストールが完了したら、[通常使うプリンターに設定する] にチェックを入れて [完了] をクリックします。

    Windows Vista

    a. [プリンタ名] テキストボックスにプリンタ名を入力します。

    b. [通常使うプリンタに設定する] にチェックを入れ、[次へ] をクリックします。

    c. [完了] をクリックします。

     
  7. 問題を再現します。

問題が再現する場合 :

プリンタドライバが問題ではありません。通常使うプリンタを以前の設定に戻して次の手順へ進みます。

問題が再現しない場合 :

問題が再現しない場合、以前通常使うプリンタとして設定されていたプリンタのドライバをアップデートします。ドライバのアップデートについては、プリンタの製造元にお問い合わせいただくか、製造元の Web サイトを参照してください。最新のドライバにアップデートし、通常使うプリンタとして設定した後も問題が解決しない場合、上記手順で選択したプリンタとは異なるプリンタを通常使うプリンタに設定します。アプリケーションから実際に印刷を行う場合、[印刷] ダイアログボックスから使用するプリンタを選択します。

 B-3. ユーザーアカウント制御(UAC)の無効化

ユーザーアカウント制御(UAC)機能を無効にして問題が解決するか確認します。ユーザーアカウント制御機能に関する詳細については、Microsoft 社 Web サイトを参照してください。

  重要 : このセクションの手順を行うことによってシステムのユーザーアカウント制御機能が無効になります。ユーザーアカウント制御は、システムに影響を及ぼす可能性のある予期しない動作が実行されるのを防ぐための機能です。ユーザーアカウント制御機能を無効にすることによって、これらの通知は無効にされます。ユーザーアカウント制御を無効にした場合、また再度有効にした場合も Windows を再起動する必要があります。

Windows Vista でユーザーアカウント制御機能を無効にするには、文書番号 233254 Windows Vista の一般的な操作方法C. ユーザーアカウント制御(UAC)の無効化を参照してください。ユーザーアカウント制御機能を再度有効にするには、文書番号 233254 Windows Vista の一般的な操作方法D. ユーザーアカウント制御(UAC)の有効化を参照してください。

Windows 7 でユーザーアカウント制御機能を無効にするには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [コントロールパネル] を選択します。
  2. [ユーザーアカウントと家族のための安全設定] をクリックします。



    ユーザーアカウントと家族のための安全設定をクリックします

     
  3. [ユーザーアカウント] をクリックします。



    ユーザーアカウントをクリックします

     
  4. 「ユーザーアカウントの変更」画面が表示されたら、[ユーザーアカウント制御設定の変更] をクリックします。



    ユーザーアカウント制御設定の変更をクリックします

     
  5. 「コンピューターに対する変更の通知を受け取るタイミングの選択」画面が表示されたら、スライダを下にドラッグして [通知しない] に設定します。



    スライダを通知しないにドラッグします



    注意 注意 : ユーザーアカウント制御を再度有効にする場合は、スライダを上にドラッグします。Windows 7 の初期設定では、上から二番目の [既定 - プログラムがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する] に設定されています。

     
  6. [OK] をクリックします。
  7. [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示されたら [はい] をクリックします。

 B-4. ビデオカードドライバのアップデート

ビデオカードの製造元の多くは、頻繁にソフトウェアドライバのアップデートを行っています。ビデオカードドライバをアップデートしていない場合は、最新のドライバについてビデオカードの製造元に問い合わせるか、製造元の Web サイトから最新のものをダウンロードしてください。ビデオカードの製造元は、デバイスマネージャで確認することができます。

 B-5. Windows Aero の無効化

Windows Aero は Windows Vista から搭載されているハードウェアベースの新しいグラフィカルユーザインターフェースです。Aero を有効にすることにより、通常のインターフェースでは使用できない、透過やアニメーションなどの新機能を含む、より多くの機能が使用できるようになります。しかし、Aero は多くのハードウェアリソースを消費するため、パフォーマンス低下の原因となったり、集中的にグラフィック操作を行うアプリケーションでフリーズなどの問題が発生する可能性があります。

Windows Vista で Windows Aero を無効にするには、文書番号 233254 Windows Vista の一般的な操作方法U. Windows Aero の無効化を参照してください。

Windows 7 で Windows Aero を無効にするには、以下の操作を行います。

  1. デスクトップ上で右クリックし [個人設定] を選択します。
  2. [ベーシックテーマとハイコントラストテーマ] セクションの [Windows 7 ベーシック] をクリックします。



    Windows 7 ベーシックをクリックします

     
  3.  ウインドウを閉じます。
  4. 問題を再現します。

問題が再現しない場合 :

Aero が問題の原因となっています。

問題が再現する場合 :

Aero は問題の原因ではありません。以下の操作を行い、Aero を再度有効にします。

  1. デスクトップ上で右クリックし [個人設定] を選択します。
  2. [Aero テーマ] セクションの [Windows 7] またはこれまで使用していたその他のテーマをクリックします。
  3. ウインドウを閉じます。

 B-6. デバイスドライバの互換性を確認

ビデオカードドライバをアップデートしても問題を解決しない場合は、すべてのデバイスドライバが Windows Vista と互換性があるか確認します。デバイスドライバは、スキャナ、マウス、およびキーボードなどのデバイスが Windows と通信するためのソフトウェアです。最新のドライバを使用していることを確認するには、デバイスの製造元にお問い合わせください。

デバイスドライバの問題をチェックするには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [コントロールパネル] を選択します。
  2. [システムとセキュリティ](Windows 7)/[システムとメンテナンス](Windows Vista)をクリックします。
  3. [デバイスマネージャー](Windows 7)/[デバイスマネージャ](Windows Vista)をクリックします。

    ※ Windows Vista で [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  4. 各デバイスの種類の左に表示されている右向き矢印(Windows 7)/プラス記号(Windows Vista)をクリックして展開します。
  5. [ ! ] [ ? ] [×] マークのついたデバイスがある場合は、デバイスを右クリックして [プロパティ] を選択します。
  6. デバイスのプロパティを確認します。

    - [デバイスの状態] セクションを確認します。デバイスが正しく動作していない場合、このセクションに表示されている情報がトラブルシューティングの参考になります。

    - [<デバイス名>のプロパティ] ダイアログボックスに [ドライバ] タブが表示されている場合は [ドライバ] タブをクリックします。[ドライバ] タブにドライバの製造元が表示されない場合は、[ドライバの詳細] をクリックします。製造元が Microsoft 社の場合は、汎用のドライバを使用している可能性があります。デバイスの製造元から最新のドライバを入手してください。

 B-7. フォントのトラブルシューティング

フォントが問題の原因となっているかどうかを特定するために、アクティブなフォントを別の場所へ移動して動作を確認します。

 注意 : Windows によってインストールされたフォントは移動させないでください。Windows でインストールされるフォントについては、以下の弊社技術文書を参照してください。

文書番号 236469 Windows 7 によってインストールされるフォント

文書番号 233842 Windows Vista によってインストールされるフォント

以下の操作を行います。

  1. デスクトップなど、任意の場所に新規フォルダを作成します。
  2. 「Windows¥Fonts」フォルダを開きます。
  3. Windows によってインストールされているもの以外のフォントを選択します。
  4. 選択したフォントを手順 1. で作成したフォルダにコピーします。



    警告 重要 : 「Fonts」フォルダにフォントのショートカットファイルが含まれている場合は、ショートカットファイルを除いて、コピーを実行してください。ショートカットファイルはコピーおよび移動ができません。

     
  5. 「Fonts」フォルダ内の Windows によってインストールされているもの以外のフォントを選択して、右クリックし [削除] をクリックします。



    警告 重要 : 「Fonts」フォルダにフォントのショートカットファイルが含まれている場合は、ショートカットファイルを除いて、削除を実行してください。



    注意 注意 : フォントは別の場所に移動することができません。フォントを移動するには、別の場所へコピーした後、「Fonts」フォルダから削除する必要があります。

     
  6. Windows を再起動します。
  7. 手順 4. でコピーしたフォントのうちいくつかを元のフォルダに戻します。
  8. Windows を再起動します。
  9. 問題を再現します。

問題が再現しない場合 :

手順 7. ~ 9. を別のフォントに対して繰り返し行います。

問題が再現する場合 :

手順 7. で「Fonts」フォルダーに戻したフォントのいずれかが原因となっています。これらのフォントを「Windows¥Fonts」フォルダーから移動し、手順 7. ~ 9. を繰り返します。ただしこの場合は、一度に 1 つずつフォントを移動させます。問題が再現された際には、以下のいずれか、もしくは複数の操作を行ってください。

  • FontMaster などのサードパーティ製フォント管理ユーティリティを使用している場合は、ユーティリティを使用してフォントを削除します。操作方法についての詳細は、フォント管理ユーティリティに付属のマニュアルを参照してください。
  • フォントを削除し、オリジナルのメディアからフォントを再インストールします。
  • フォントのアップデートについて、フォントメーカーへお問い合わせください。

 B-8. 一時ファイルの削除

Windows およびアプリケーションは、作業データを一時ファイル(*.tmp)としてハードディスク上に保存します。サイズの大きいファイルや古いファイルは Windows またはアプリケーションのパフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。Windows に付属のディスククリーンアップユーティリティを使用するか、手動で一時ファイルを削除します。そして、一時ファイルが保存されるハードディスク上に最低でも 1 GB 以上の空き容量を確保します。

ディスククリーンアップを起動するには以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [すべてのプログラム] を選択します。
  2. [アクセサリ] から [システムツール] - [ディスククリーンアップ] を選択します。

    ※ ディスククリーンアップの詳細については Windows ヘルプを参照してください。

 注意 : この作業は定期的に行ってください。Windows やアプリケーションが終了する際、通常一時ファイルは自動的に削除されます。しかし、Windows やアプリケーションが正常に動作していない場合、一時ファイルがハードディスクに蓄積されることがあります。

 B-9. 仮想メモリの設定

仮想メモリによって、システムがメモリ(RAM)に保管する情報をハードディスクへ保存することが可能となります。Windows ではページングファイルを使って仮想メモリを管理していますが、最小と最大のサイズを任意の値で設定することもできます。設定したページングファイルのサイズが Windows の初期設定と異なっている場合に、アプリケーションがエラーを返すことがあります。ただし、いくつかのアプリケーションは、Windows のデフォルトサイズと異なるページングファイルサイズを要求する場合もあるため、他のアプリケーションに悪影響を与えない場合にのみ以下の操作を行ってページングファイルのサイズを変更してください。

 注意 : コンピュータのページングファイルのサイズを変更する際は、管理者権限でログインしている必要があります。

ページングファイルのサイズを変更するには、以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. [スタート] メニューから [コンピューター](Windows 7)/[コンピュータ](Windows Vista)を右クリックして [プロパティ] を選択します。
  3. 画面左側の [システムの詳細設定] をクリックします。

    ※ Windows Vista で [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  4. [詳細設定] タブを選択し、[パフォーマンス] セクションの [設定] をクリックします。
  5. [パフォーマンスオプション] ダイアログボックスが表示されたら、[詳細設定] タブを選択し [仮想メモリ] セクションの [変更] をクリックします。
  6. [仮想メモリ] ダイアログボックスが表示されたら、[すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する] のチェックをはずします。



    仮想メモリダイアログボックス

     
  7. [各ドライブのページングファイルのサイズ] セクション [ドライブ [ボリュームラベル]]のリストから、搭載メモリの 3 倍以上の空き容量があるハードディスクを選択します。ドライブ名をクリックすると、[空き領域] に選択したドライブの空き容量が表示されます。



    ハードディスクを選択します

     
  8. [カスタムサイズ] を選択します。
  9. [初期サイズ] フィールドに搭載メモリ容量の 1.5 倍の値を入力します。

    ※ 例えば搭載メモリ容量が 1 GB(1024 MB)の場合は、1536 MB になります。
  10. [最大サイズ] フィールドに [初期サイズ] 値の 2 倍の値を入力します。
  11. [設定] をクリックし、[OK] をクリックして [仮想メモリ] ダイアログボックスを閉じます。
  12. [OK] をクリックし、すべてのダイアログボックスを閉じます。
  13. コンピュータを再起動します。

 B-10. ページングファイルの最大サイズを変更

上記手順で問題が解決しない場合は、[最大サイズ] フィールドに搭載メモリの 3 倍の値を入力して問題が解決するか確認します。

 B-11. 仮想記憶ディスクの最適化

画像を編集する際にメモリが不足すると、Photoshop はデータの保存および計算を実行するために、一時的にハードディスクスペースを仮想記憶ディスクとして使用します。Photoshop CS4 は 64 EB(エキサバイト)の仮想記憶ディスクファイルを 4 つのハードディスクパーティションに作ることができます。 1 エキサバイトは、 10 億 7400 万 GB です。

一次仮想記憶ディスクとして指定したハードディスクのパーティションは、データを保存するために画像の数倍の空き容量を必要とします。パフォーマンスの効率化には、平均的な画像の 3 倍 ~ 5 倍の空き容量が必要とされています。空き容量が不十分な場合、B-8. 一時ファイルの削除を参照して不要な一時ファイルを削除するか、他のファイルをハードディスクから削除します。

仮想記憶ディスクを設定するには、以下の操作を行います。

  1. Photoshop を起動します。
  2. [編集] メニューから [環境設定] - [パフォーマンス] を選択します。
  3. [仮想記憶ディスク] セクションで仮想記憶ディスクとして指定するドライブの [有効] にチェックを入れます。



     注意 : 1 つ以上のドライブが使用可能な環境で、定期的にデフラグが実行され十分に空き容量のあるハードディスクが選択できない場合は、複数のドライブを仮想記憶ディスクとして指定することを推奨します。

     
  4. [OK] をクリックします。
  5. Photoshop を再起動します。

    ※ 仮想記憶ディスクの設定は、再起動後に有効になります。

 B-12. ハードディスクの修復とデフラグ

ハードディスクに不良セクタや断片化したファイルがあると、システムエラーが発生する場合があります。Windows に付属のエラーチェックツールおよびディスクデフラグユーティリティ、または Symantec 社 Norton Utilities などのサードパーティ製のディスクユーティリティを使用して、ハードディスクを修復し断片化を解消します。これらのユーティリティは、それぞれのハードディスクまたはパーティションごとに実行する必要があります。Windows 付属のエラーチェックツールおよびディスクデフラグユーティリティの詳細については、Windows ヘルプを参照してください。サードパーティ製ディスクユーティリティの詳細については、ユーティリティに付属のヘルプやマニュアルを参照してください。

 注意 : ディスクデフラグがファイルをディスクの不良セクタに移動させてしまうことを回避するために、ディスクデフラグの前にエラーチェックを実行してください。

エラーチェックツールは、不良セクタ、リンクの切れたアロケーションユニット、ファイルの断片、相互リンクされたファイル、そして無効なファイル名を修復します。エラーチェックツールを使用するには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [コンピューター](Windows 7)/[コンピュータ](Windows Vista)を選択します。
  2. エラーチェックを行うハードディスクを右クリックして [プロパティ] を選択します。
  3. [<ディスク名>のプロパティ] ダイアログボックスで [ツール] タブを選択します。
  4. [エラーチェック] セクションの [チェックする] ボタンをクリックします。

    ※ Windows Vista で [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  5. [ディスクのチェック - <ディスク名>] ダイアログボックスで [開始] ボタンをクリックします。

ディスクデフラグユーティリティは、コンピュータ内のファイルと空き領域を再配置して、ファイルが連続した単位に保存されるようにし、空き領域を 1 つの連続したブロックにまとめます。ディスクデフラグツールを使用するには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [すべてのプログラム] - [アクセサリ] を選択します。
  2. [システムツール] から [ディスクデフラグツール] を選択します。

    ※ Windows Vista で [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  3. ボリュームを選択し、分析と最適化を行います。

 B-13. システムのウイルススキャン

最新のウイルス対策ソフトウェアを使って、システムのウイルスをチェックします。ウイルスに感染すると、パフォーマンスの低下やシステムエラーの原因となる場合があります。詳細は、ウイルス対策ソフトウェアのヘルプやマニュアルを参照してください。

 B-14. 問題の原因となるファイルを特定

エラーメッセージの内容などから問題の原因となっているファイルが特定できる場合、同じアプリケーションでファイルを再作成します。問題が解決できない場合は、ファイルを作成したアプリケーションを再インストールします。破損したファイルによって問題が発生している場合、そのファイルに関連しているアプリケーションを再インストールすることで問題が解決できる可能性があります。

Windows のファイルに対してエラーメッセージが表示される場合は、Microsoft 社のテクニカルサポートへお問い合わせください。

 C. トラブルシューティング/上級編

上記の手順では問題が解決しない場合、ハードディスクの再フォーマット、またはハードウェアと Photoshop のコンフリクトを特定することによって問題を解決できる可能性があります。

 警告 : 弊社ではハードウェアのサポートは行っておりません。以下のトラブルシューティングは参考情報として紹介しているものです。更に詳しい情報については、ハードウェアの製造元または正規販売店にお問い合わせください。また、ユーザがハードウェアの設定を変更すると、保証が無効になる場合がありますのでご注意ください。

 注意 : ハードウェアの取り外しや接続は、あらかじめコンピュータおよび周辺機器の電源を切り、コンセントをはずした状態で行ってください。

 C-1. Administrator アカウントでのログイン

Administrator アカウントは、通常のローカル管理者アカウントよりも高いレベルのアクセス権が設定されています。Administrator アカウントでコンピュータにログインして問題が解決するか確認します。システムの初期設定では、Administrator アカウントは無効に設定されています。Administrator アカウントを有効にする手順や、ログイン方法などに関する詳しい情報については、Windows ヘルプを参照するか、システム管理者へお問い合わせください。また、以下の Microsoft 社サポート技術情報も参照してください。

Windows 7 : http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc732112.aspx

Windows Vista : http://support.microsoft.com/kb/926183/ja

 C-2. RAM モジュールのトラブルシューティング

コンピュータ本体にメモリモジュールが正しく取り付けられており、問題の原因ではないことを確認するために、以下のいずれかまたは両方を行います。

  • RAM モジュールの取り付け位置を変えてみます。
  • 多くのメモリが搭載されている場合は、Windows と Photoshop の起動に必要な最小限の RAM を残し、それ以外を取りはずした状態で問題が発生するかどうかを確認します。引き続き問題が発生する場合は、取りはずしたものと取りつけてあるモジュールを取り替え、問題が発生するかどうかを確認します。問題が解消した場合は、取りはずした RAM の 1 つまたは複数が問題を引き起こしています。詳細はメモリの製造元にお問い合わせください。

 C-3. 問題が解決しない場合

上記すべての操作を行っても問題が解決しない場合は、既知の問題として弊社サポートデータベースで文書が公開されていないか検索します。

サポートデータベース URL : http://www.adobe.com/go/support_faq_jp

また、以下の弊社ユーザフォーラムにおいて、弊社製品を使用しているユーザから同じような問題が報告されているかを参照することができます。別のコンピュータでも同じ問題が確認できた場合、弊社テクニカルサポートにおいても、問題を再現し検証を行える可能性があります。

日本情報 : http://www.adobe.com/jp/support/forums/

米国情報 : http://www.adobe.com/support/forums/

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー