Adobe Photoshop Extended は、Photoshop のすべての編集・合成機能に加え、3D やモーションベースのコンテンツの作成・編集などの新機能が備わった、究極のデジタルイメージングソリューションです。

Photoshop について、詳しくはこちらをご覧ください。
- 何をするためのソフトウェアですか:Photoshop

[ 主な特長 ]

トータルな 3D 画像編集環境

編集可能な 3D オブジェクトのプロパティ

ダイアログボックスを必要としない効率的なインターフェイスで、3D 画像の編集、加工、操作を行えます。照明やメッシュ、質感の調整も可能。3D モデルのローカル座標と地面を示すグローバル座標を使用すれば、オブジェクトの向きやカメラの位置を簡単に決めることもできます。

3D アニメーション

オブジェクトの動きやカメラの位置、レンダリングの設定、断面などをコントロールすることにより、3D アニメーションを作成可能。テクスチャをアニメーション化することもできます。

2D から 3D への変換

使いやすいプリセットを使用して、円柱や球といった一般的な形状の 3D オブジェクトに 2D 画像を貼りつけることができます。また、地図をグラデーション状に 3D オブジェクトに変換することもできます。

3D 対応の Vanishing Point (バニシングポイント)

Vanishing Point ツールを使用すれば、複数の面の接合部分がどんな角度でも、遠近感を保持したまま編集を行うことができます。パースを自動的に計算しながら、複数の面に回り込むようにグラフィックや画像、テキストをマッピングしたり、平面を 3D モデルとして出力し、After Effects プロジェクトで使用することもできます。

↑ top

 

加速するワークフロー

RAW 画像処理の改良

業界最先端の Adobe Photoshop Camera Raw 5 プラグインを使用し、より高品質に RAW 画像を編集できるようになりました。このプラグインは、部分的な補正や切り抜き後の周辺光量補正、TIFF および JPEG の処理などの機能を搭載し、200 種類以上ものカメラ機種をサポートしています。

幅広いファイルフォーマットのサポート

ファイルの読み込み、書き出しでは、PSD、AI、PDF、NEF、CRW、TIFF、BMP、Cineon、JPEG、JPEG2000、FXG、OpenEXR、PNG、Targa、さらには、DICOM、OBJ、KMZ、Collada、U3D、3DS(読み込みのみ)と、広範なファイルフォーマットをサポートします。

Web 用高解像度画像の書き出し

Adobe Flash と Zoomify テクノロジーを利用して、Adobe Flash Player で表示可能な Web 用の高解像度画像を書き出すことができます。Flash Player では、ズームインした場合でも画像をすばやく効果的に表示します。

Adobe PDF ファイルのサポート

Photoshop で開いた PDF では、ページサイズを正確に調整できます。PDF プレゼンテーション内の画像には、セキュリティコントロールや著作権、開示情報といったメタデータの追加が可能。また、PDF 形式のプレゼンテーションやドキュメントで、よりリッチな画像を表示することができます。

↑ top

 

多彩なカラー・色調コントロール 

業界最高レベルの画像補正

覆い焼き、焼き込み、スポンジの各ツールがカラーと色調をインテリジェントに保持できるよう改良され、カラー補正機能が飛躍的に進化しました。明るさ・コントラスト、トーンカーブ制御、ヒストグラム、チャンネルミキサー、クリッピングのプレビューなどの機能を使用し、精密な補正を行うことができます。

リッチな白黒画像に変換

使いやすいプリセットを使用してカラー画像を白黒に瞬時に変換。画像上で階調の値や色かぶりを調整し、即座にその結果を確認できます。独自のカスタムプリセットを作成して保存することもできます。

32-bit HDR(High Dynamic Range)サポート

露光量の異なる複数の画像を、最も暗いシャドウからきわめて明るいハイライトまで、シーン内のダイナミックレンジを完全に保持したまま1つの 32-bit 画像に統合できます。画像の処理・整列アルゴリズムが、美しい画像の作成を可能にしています。

↑ top

 

高度な画像合成 

パペットワープ

グラフィックやテキスト、画像の要素を正確にゆがめたり伸ばしたりし、デザインに独創性をもたらします。

被写界深度の拡大

「レイヤーを自動合成」機能では、ピントの異なる一連の写真から 1 枚の合成写真を簡単に作成可能。ビネット(周辺光量落ち)やレンズの歪みを自動的に補正しながら、カラーや陰影をスムーズに処理し、被写界深度を拡大します。

360° のパノラマ合成

Photomerge テクノロジーを使用して、分割して撮影した写真から 1 枚の美しいパノラマ写真を自動作成。360° のパノラマ画像にも対応します。

レイヤーの自動整列

進化した「レイヤーを自動整列」機能を使えば、精密な合成画像を作成可能。複数のレイヤーに対して移動、回転、変形を行った上で、これまで以上に正確に整列させます。球状に整列させれば、息をのむような美しいパノラマ写真を作成することができます。

「クイック選択」ツール

「クイック選択」ツールは、画像の上をブラシで軽くなぞるだけで選択範囲を自動的に決定します。シンプルなスライダー操作で、選択範囲をプレビューし、微調整できます。

↑ top

 

計測、カウント、編集履歴の追跡ツール 

スケールマーカー

プレゼンテーションやパブリケーション用の画像にスケールマーカーを簡単に追加できます。

強化されたカウントツール

科学関連の画像で、オブジェクトや特徴的な物の数を簡単に、しかも正確に数えられるカウントツールを使用すれば、手作業で数を数えたり、画像ごとの変化を目で見て評価した結果に頼る必要がなくなります。1つの画像で複数のカウントを行うことにより、さらに作業時間を短縮できます。カウントごとに異なる色を使用し、結果をファイルに保存することもできます。

編集履歴の追跡

ヒストリー編集ログを使用すれば、ファイル内で行ったすべての編集ステップを自動追跡できます。さらに追跡した結果をテキストファイルに書き出したり、画像メタデータの一部として保存することが可能。編集履歴の管理が容易に行えます。

↑ top

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー