この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。 

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

A. Photoshop CS5 で追加された GPU 機能

B. Photoshop CS4/CS5 の GPU 機能

  • ズーム機能の強化 : ズームレベルにかかわらず、なめらかな表示が維持されます。Photoshop ヘルプ「連続的なズーム」「画像の一時的な拡大」を参照してください。
  • 拡大のアニメーション : Ctrl キー(Windows)/Command キー(Mac OS)を押しながら + キーを押すと、小さい倍率でアニメーションで拡大されます。
  • フリックパン : 編集(Windows)/Photoshop(Mac OS)メニューから環境設定/一般を選択し、「フリックパンを有効にする」にチェックを入れます。手のひらツールで画像を iPhone のようにフリックすると、流れるように新しい位置に移動します。
  • カンバスの回転 : Photoshop ヘルプ「回転ビューツールの使用」を参照してください。
  • 非正方形ピクセル画像の参照 : Photoshop ヘルプ「ピクセル縦横比の調整」を参照してください。
  • ピクセルグリッド : 500 %以上に拡大すると、ピクセルグリッドが表示されます。Photoshop ヘルプ「ピクセルグリッドの非表示」を参照してください。
  • Adobe Color Engine : CPU 処理から GPU 処理に変更されたことにより、カラー変換の処理速度が向上します。
  • 描画ブラシ先端のカーソル : 編集(Windows)/Photoshop(Mac OS)メニューから環境設定/カーソルを選択し、ブラシプレビューカラーを設定します。設定後にサイズと硬さを動的に変更すると、リアルタイムで変更が表示されるようになります。Photoshop ヘルプ「ドラッグによるペイントカーソルのサイズと硬さの変更」を参照してください。
  • 3D 軸 : Photoshop ヘルプ「3D 軸(Photoshop Extended)」を参照してください。
  • 3D ライト : Photoshop ヘルプ「3D ライトの設定(Photoshop Extended)」を参照してください。
  • 3D アクセラレーション

C. Adobe Bridge CS4/CS5 の GPU 機能

  • プレビューパネル
  • フルスクリーンプレビュー
  • レビューモード

Adobe Bridge ヘルプ「画像のプレビューと比較」を参照してください。

D. Photoshop CS5 の GPU/OpenGL 環境設定

  1. 編集(Windows)/Photoshop(Mac OS)メニューから環境設定/パフォーマンスを選択します。
  2. 「GPU 設定」セクションで「OpenGL 描画を有効にする」のチェックが入っていることを確認します。
  3. 「詳細設定」をクリックし、以下の各項目を設定します。
    1. モード

      基本 : 最小限の GPU メモリを使用し、基本的な OpenGL 機能を有効にします。

      標準 : 基本よりも多くの GPU メモリを使用し、GPU ベースのカラーマッチング、トーンマッピング、チェッカーボードブレンドを行います。

      詳細 : 標準モードの機能に加え、パフォーマンスの向上につながる、より新しい OpenGL 機能が利用できるようになります。
    2. 垂直同期 

      フレームレートをディスプレイと同期することにより、ティアリングの発生を抑制します。
    3. アンチエイリアスのガイドとパス

      描画されたガイドやパスのエッジを、GPU ハードウェアによってスムーズに描画するようになります。
  4. 環境設定ダイアログ左側のリストから「3D」を選択します。
  5. 「インタラクティブレンダリング」セクションの設定を行います。
    1. OpenGL

      3D オブジェクトを操作する際に、ハードウェアアクセラレーションを使用します。
    2. レイトレーシング

      3D オブジェクトを操作する際に、「シャドウ」「反射」「屈折」を表示します。ただし、パフォーマンスは低下します。

E. Photoshop CS4 の GPU/OpenGL 環境設定

  1. 編集(Windows)/Photoshop(Mac OS)メニューから環境設定/パフォーマンスを選択します。
  2. 「GPU 設定」セクションで「OpenGL 描画を有効にする」のチェックが入っていることを確認します。
  3. 「詳細設定」をクリックし、以下の各項目を設定します。
    1. 垂直同期

      フレームレートをディスプレイと同期することにより、ティアリングの発生を抑制します。
    2. 3D インタラクションの高速化

      3D モデルで作業を行う際のクリック速度を向上します。描画の異常が発生し、マウスボタンを離すと正常に表示される現象が発生した場合は、このオプションを無効にしてください。
    3. バイリニア補間を強制

      これらの機能がサポートされていないカードを使用している場合、高精度のモデリングと機能の補正を GPU に命令します。
  4. 「高度な描画」と「デバッグ」のオプションを指定します。
  5. 画像の表示に使用

    複数の画像やサイズの大きい画像、サイズの大きい 3D モデルなどを使用する際、主要な画像を表示するために倍のビデオ RAM を使用します。
  6. 合成

    なし : チェッカーボード上で画像の合成を行いません。(その結果、半透明の領域は黒く表示されます。)

    リニア : リニアブレンドを使用してチェッカーボード合成を適用します。

    ガンマ補正 : チェッカーボード上での画像の合成に知覚的な補正を使用します。
  7. カラーマッチング

    画面表示のノイズを回避するために使用します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー