この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。 

問題点 (Issue)

Adobe Photoshop CC および Adobe Photoshop Lightroom 5 で、以下のような問題が発生します。

  • イメージプロセッサー機能が無効になります。
  • イメージプロセッサーの実行中にエラーが発生します。
  • 油彩フィルターを使用するとエラーが発生します。
  • スクリプトパターンを使用するとエラーが発生します。
  • Photoshop Lightroom から Photoshop で編集しようとすると、Camera Raw ではなく直接 Photoshop で開かれます。
  • Camera Raw または Photoshop Lightroom で適用した切抜きや調整が、Photoshop に正しく反映されません。

理由 (Reason)

Google Nik プラグインを使用している場合に、これらの問題が発生する可能性があります。

解決方法 (Solution)

この問題を解決するには、以下のいずれかの操作を行います。

A. プラグインの無効化

Shift キーを押しながら Photoshop を起動すると、プラグインの読み込みをスキップするメッセージが表示されます。「はい」をクリックすると、プラグインが無効になり、これらの問題を回避することができます。ただし、この手順によって全てのプラグインが無効になるため注意してください。

Google Nik プラグインのみ無効にする方法については、Google 社にお問い合わせください。

B. 入力ソースを変更

  1. Apple メニューから「システム環境設定」を選択します。

  2. 「キーボード」(Mac OS X 10.9)/「言語とテキスト」(Mac OS X 10.8/10.7)を選択します。

  3. 「入力ソース」タブを選択します。

  4. 以下のいずれかの操作を行います。

    Mac OS X 10.9 の場合

    1. 画面左下の「+」をクリックします。
    2. 「英語」を選択し「U.S.」を選択して「追加」をクリックします。

    Mac OS X 10.8/10.7 の場合

    「U.S.」にチェックを入れます。

追加情報 (Additional Information)

これらの問題を修正するアップデートについては、Google 社にお問い合わせください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー