内容 (What's Covered)

この文書は、Adobe Photoshop CC 2015 で、一枚の写真から HDR 写真を作成する方法を説明します。

HDR とは

HDR は、ハイダイナミックレンジ合成(High Dynamic Range imaging)と言い、白とびや黒つぶれがなく明るい領域と暗い領域の階調を同時に表現する合成技法です。

明暗を認識できる最大限の範囲をダイナミックレンジと言います。デジタルカメラのダイナミックレンジは人間の目に比べて認識できる範囲が狭く、どちらかの明るさを優先して階調を表現すると、もう一方の明るさの階調は表現することができません。その結果、白とびや黒つぶれなどが発生します。すべての階調を表現するには、露出の異なる同じ写真を複数枚合成してダイナミックレンジの幅を最大限にすることで、白とびや黒つぶれのない写真(HDR 写真)を作成することができます。

本来は露出の異なる同じ写真が複数枚必要ですが、Photoshop の「HDR トーン」機能を使用すると、一枚の写真で HDR 写真を作成することができます。

HDR 写真を作成する方法

  1. Photoshop で写真を開きます。

  2. イメージ/色調補正 にカーソルを合わせ、「HDR トーン」を選択します。

  3. HDR トーンダイアログボックスが表示されます。

  4. プレビューを見ながら、各種スライダーをドラッグします。調整が完了したら「OK」をクリックします。

    注意:

    「ディテール」と「彩度」を強めに設定すると効果が分かりやすくなります。

  5. HDR トーンが適用されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー