Adobe Photoshop CC では一般的なテキスト編集に加えて、作成したライン上にテキストを入力したり、拡大・縮小・回転・反転・ワープなどのダイナミックな変形を行うことができます。

A. テキストの入力と基本的な編集

  1.   Photoshop CC を起動し、テキストを入力するファイルを開くか、新しく作成します。

  2. ツールボックスからテキストツールを選択します。

  3. オプションパネルでフォントの種類やスタイル、サイズ、カラーなど、テキストのオプションを選択します。

  4. カンバス内をクリックして位置を指定し、文字を入力します。
    ※ 長方形にドラッグして入力用のテキストボックスを作成することで、段落テキストを入力することもできます。

     

  5. 文字パネルや段落パネルで、より詳細な設定を行うことができます。

    今回は例として、「P」の文字に太字、斜体、カラー(青)を適用します。「P」の文字をドラッグして選択し、文字パネルで上記の項目を指定します。

    注意:

    文字パネルや段落パネルが表示されていない場合は、ウィンドウ/文字またはウィンドウ/段落を選択して表示します。

  6. 編集が終了したら、オプションパネルの丸ボタンをクリックして変更を確定します。

B. パスやシェイプに沿ったテキストの追加

パスやシェイプ上にテキストを追加することで、テキストを様々な形に表示することができます。ここでは、楕円形選択ツールから作成したパス上にテキストを入力する方法を紹介します。

  1.   Photoshop CC を起動し、テキストを入力するファイルを開くか、新しく作成します。


  2. ツールパネルから楕円形選択ツールを選択します。

  3. カンバス上でドラッグして円を描きます。

  4. 作成した選択範囲の線上で右クリックし、「作業用パスを作成」を選択します。

  5. 作業用パスを作成 ウィンドウが表示されたら、許容値に「1.0」 pixcel と入力して「OK」をクリックします。

    ※ 許容値は大きいほど、パスで使用するアンカーポイント数が少なくなります。

  6. 選択範囲がパスに変わります。

  7. ツールボックスからテキストツールを選択し、パス上でアイコンが変わったらクリックしてテキストを入力します。

C. テキストの変形

  1. レイヤーパネルから、編集を行うテキストレイヤーを選択します。

  2. ツールパネルから移動ツールを選択します。

  3. オプションパネルの「バウンディングボックスの表示」にチェックをいれます。

    テキストがバウンディングボックスで囲まれます。

  4. バウンディングボックスをクリックして変更を有効にし、右クリックしてメニューから変形方法を選択します。ここでは「ゆがみ」を選択します。

  5. バウンディングボックスのポインターをドラッグしたり、ハンドルをドラッグすることでテキストを変形することができます。ここでは、右上のポインターを右方向にドラッグしてみます。

  6. バウンディングボックスの変形に伴い、テキストが傾きます。

  7. Enter キーを押して変更を確定します。

D. レイヤースタイルの適用

テキストレイヤーにはレイヤースタイルを適用して、ドロップシャドウや、アウトラインを描くことも可能です。
詳しくは、関連情報をご確認ください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー