Adobe Photoshop CC では、画像に露光量の調整やコントラストの変更といった補正が行えます。

こうした補正を行うには、イメージメニューの色調補正から直接個々のレイヤーを調整する方法と、調整レイヤーを利用する方法とがあります。
イメージメニューから調整を行った場合は、即時に補正内容がレイヤーに適用されます。一方、調整レイヤーを利用した場合は、補正内容が調整レイヤーに保持され、その下にあるすべてのレイヤーに適用されます。レイヤーとして保持されているため、いつでも再調整したり元の画像に戻すことができます。

以下の例では、調整レイヤーを使用して白黒の色調補正を行います。

調整レイヤーの作成

  1. Photoshop CC を起動し、ファイル/開くから編集する画像を開きます。

    ファイルを開くと、レイヤーパネルには以下の画像のように表示されます。

  2. レイヤー/新規調整レイヤー/白黒を選択します。

  3. 新規レイヤーウィンドウが表示されたら、「OK」をクリックします。

  4. 調整レイヤーが作成され、画像が白黒に補正されます。

  5. 必要に応じて、属性パネルで調整を行います。

    ※ 下の画像は白黒補正の場合です。補正によって内容は異なります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー