この文書では、Adobe Photoshop のマスク機能を使用して、画像を文字で切り抜く方法について説明します。

クリッピングマスクを使用して切り抜く方法

  1. 切り抜く画像を開きます。

  2. 画面左のツールバーから「横書き文字ツール」を選択します。

    注意:

    縦書き文字ツールなどの他のツールが表示されている場合、ツールアイコンを長押しすると以下の画面のように他の文字ツールを選択できます。

  3. オプションバーで文字のサイズやフォントを指定します。ここでは例として、以下のように設定しています。

    • フォント: Arial Black
    • スタイル : Black
    • サイズ : 100 pt
  4. 画像をクリックして文字を入力します。

  5. 画像のレイヤー名が「背景」になっている場合は、移動することができません。「背景」レイヤーは移動ができないように、レイヤーがロックされています。「背景」レイヤーをダブルクリックし、レイヤー名を「背景」から、任意の名前に変更することによりロックが外れます。

    ※ここでは何も変更せず「レイヤー 0 」としています。

  6. レイヤーパネルでレイヤーをドラッグし、文字の前面に写真のレイヤーを配置します。

  7. レイヤーパネルで写真のレイヤーを選択し、レイヤー/クリッピングマスクを作成を選択します。

    注意:

    「クリッピングマスクを作成」メニューが選択できない場合、文字レイヤーを選択している可能性があります。レイヤーパネルで必ず写真のレイヤーを選択してください。

  8. 画像が文字で切り抜かれます。

  9. 移動ツールを使用してドラッグすることで、文字の中に表示される画像の位置を調整することができます。

  10. 必要に応じて画像のサイズなどを調整し、ファイル/書き出し/Web 用に保存(従来) で書き出すと以下のような画像が出来上がります。

文字マスクツールを使用する方法

文字で切り抜いた画像を、別の画像に貼り付けて使用する場合などは、文字マスクツールが便利です。

  1. ファイル/開く から編集する画像を開きます。

  2. ツールパネルから「横書き文字マスクツール」を選択します。

  3. 画像上をクリックして、文字を入力します。
    ※入力中は、アクティブレイヤー上に赤いマスクが表示されます。

  4. 問題なければ、文字ツールオプションバーの「現在の編集をすべて確定」をクリックします。

  5. 入力した文字の形の選択範囲が作成されました。

    注意:

    選択範囲の確定後も、選択範囲/選択範囲を変形からサイズや位置を調整することは可能ですが、入力した文字の修正はできません。

  6. 編集/コピーを選択します。

  7. 別の画像を開いて、編集/ペーストを選択します。文字で切り抜かれた部分が、開いている画像に貼り付けられます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー