問題

macOS でマルチモニターを使用している場合、他のアプリケーションに切り替えて戻ると、セカンダリモニターに配置していたパネル、ウィンドウおよびその他のインターフェイス要素がメインモニターに戻ります。

解決方法

解決策 1:ミッションコントロールで「ディスプレイごとに個別の操作スペース」の選択を解除する。

  1. ドックで「ミッションコントロール」アイコンを選択するか、Apple メニュー/システム環境設定/ミッションコントロールを選択します。
  2. 「ディスプレイごとに個別の操作スペース」オプションの選択を解除します。
  3. ログアウトし、再度ログインします。

解決策 2:アプリケーション(Photoshop など)を「すべてのデスクトップ」または「なし」に割り当てる。

  1. ドックでアプリケーションアイコンを Command キーを押しながらクリックまたは右クリックします。
  2. オプションに進みます。
  3. 「割り当て先」セクションで、「すべてのデスクトップ」または「なし」を選択します。

注意:オプションに「割り当て先」セクションが表示されない場合は、「操作スペースの追加」が無効になっている可能性があります。「割り当て先」オプションを表示するには、操作スペースを一時的に追加します。スペースの作成方法については、「Mac で複数の操作スペースを操作する」を参照してください。

追加情報

macOS では、アプリケーションを特定の操作スペースに割り当てることができます。このようにすると、アプリケーションは常にこの操作スペースで開くので、整理したり、雑然とした画面にならないようにしたりするのに役立ちます。ただし、この場合、アプリケーション内のパネルやドキュメントウィンドウなどの要素をすべて同じ操作スペースに配置する必要があります。この OS では、アプリケーションがアクティブな間に要素を他の画面に一時的に移動できますが、他の操作スペースまたはアプリケーションに切り替えて戻ると、すべての要素が、指定された操作スペースに割り当て直されます。

このオプションを選択解除することで、その他の問題も次のように回避できます。

  • アプリケーションウィンドウを複数のモニターにわたって拡張できるようになる。
  • セカンダリモニターに Photoshop のパネルをドラッグできないのが、ドラッグできるようになる。
  • Lightroom の背景光モードがプライマリモニターのみ適用されるのが、すべてのモニターに適用できるようになる。