クラウドドキュメントに対する制限付き編集の適用

Photoshop Web 版(ベータ版)を今すぐお試しください。
Photoshop Web 版(ベータ版)の機能を、開発、テスト、フィードバックに利用できるようになりました。ヘルプについては、Adobe Photoshop ベータ版コミュニティにアクセスしてください。

Photoshop Web 版(ベータ版)の制限付き編集機能を試す方法を説明します。

Photoshop が Web ブラウザーで使用できるようになったため、クラウドドキュメントの簡単な編集と修正ができるようになりました。

注意:

Photoshop Web 版はまだベータ版のため、開発中のブラシツールなどのツールを使用する際に、遅延や問題が発生する場合があります。

作業を開始する前に

Web ブラウザーで Photoshop を使い始める準備が整ったら、次のトピックを参照してください。

クラウドドキュメントに画像を配置または追加

現在開いているクラウドドキュメントに新しい画像を追加または配置する場合は、配置ツールを使用して画像を追加できます。

画像を配置するには、次の操作を行います。

  1. 写真を追加するクラウドドキュメントを開きます。 

  2. ワークスペースの左側にあるツールバーから、配置ツールをクリックします。

  3. 表示されるドキュメントピッカーで、追加する画像のソースを選択します。

    • クラウドドキュメント(初期設定):「自分のファイル」タブのクラウドドキュメントとして保存された画像をクリックしてアクセスします。
    • コンピューター上:コンピューター上に保存された画像を参照するときにクリックします。
  4. 上記のいずれかの場所から、写真をクリックして選択します。

    選択した写真は、配置モードで開き、ドキュメントに配置する前に、変形操作を適用し、画像の向きを上下または左右に反転できます。

  5. 右上隅の「完了」をクリックして、変更を適用します。「キャンセル」をクリックすると、変更を適用せずに、元のドキュメントに戻ります。

    配置した画像は、新しいレイヤーとしてドキュメントに追加されます。 

制限付き編集を適用

Photoshop Web 版(ベータ版)を使用すると、Web ブラウザーでクリエイティブな画像を簡単に変形できます。 

現在、Photoshop Web 版(ベータ版)を操作している間は、次のツールを使用して編集を適用できます。

  • 選択ツールなげなわクイック選択自動選択長方形選択および楕円形選択の各ツールはそれぞれ、オブジェクトを選択または分離するのに役立ちます。選択範囲のエッジをさらに調整することができます。「被写体を選択」や「背景を削除」などの選択アクションを使用することもできます。
  • ペイントツールブラシツールを使用してカスタマイズ可能なブラシでストロークを描画し、消しゴムツールを使用してレイヤー上のピクセルを消去します。
  • 塗りつぶしツール – ドキュメント内の領域を塗りつぶすには、塗りつぶしおよびグラデーションを使用します。
  • クローンツールスポット修復ブラシ修復ブラシ、およびコピースタンプを使用すると、ドキュメントをリタッチして、不要な斑点やオブジェクトを削除できます。
  • 切り抜きツールを使用して、エッジを切り抜いて、画像の角度補正を行います。

ご質問またはアイデアの共有

コミュニティで質問(英語)

ご質問がある場合や、ご共有いただけるアイデアをお持ちの場合は、Adobe Photoshop ベータ版コミュニティにご参加ください。ご意見をお待ちしております。

アドビのロゴ

アカウントにログイン