Photoshop CS6 には生産性機能の強化項目が 60 個以上導入されており、Just Do It(JDI)機能とも呼ばれています。これらの細かな改善箇所は、長年のお客様からの要望に対応するもので、トータルで生産性を大きく向上させます。

注意:

Photoshop CC における新機能および拡張機能について詳しくは、Photoshop CC の新機能を参照してください。

自動化

  • 「コンタクトシート II」が「自動処理」オプションとして復活
  • 「PDF スライドショー」が「自動処理」オプションとして復活
  • 「レイヤーカンプから PDF」が「スクリプト」オプションとして復活

ブラシ

  • アクションパネルメニューの「ツールの記録を許可」オプションにより、ブラシストロークをアクションに記録(ブラシストロークはプロジェクトごとに固有の場合が多いので、必要なアクションを記録した後は、このオプションを必ず無効にしてください)
  • ペイント時のテクスチャに対する明るさ/コントラストのスライダー
  • 丸筆や取り込んだブラシのブラシポーズとジッターを、ブラシ先端カーソルに反映
  • 固定筆先のブラシの投影
  • カラーは、初期設定では、各ストロークで統一
  • ブラシのサイズと硬さを変更するヘッドアップ表示(HUD)でも、不透明度の変更が可能に。そのために、Control+Alt キー(Windows)または Command+Option キー(Mac OS)を押して、上下にドラッグ(「一般」環境設定で、「HUD の縦の動きに基づき円ブラシの硬さを変動」の選択を解除する必要があります)
  • 最大ブラシサイズを 5000 ピクセルまで増加

チャンネル

  • 単一レイヤーのドキュメントに対する「チャンネルの分割」を有効化(単純な透明を分割できます)

カラーピッカー

  • 16 進数フィールドには、# を付ける(例:#aabbcc)か 0x を付けて(例:0xAABBCC)ペーストできます。
  • 簡略な 16 進数値も使用できます(例:#123)。

スポイト

  • オプションバーのサンプルメニューに、調整レイヤーを無視するオプションを追加
  • サンプルメニューに、現在のレイヤーとそれ以下のレイヤーからサンプルを取るオプションを追加
  • 各種スポイトツールで(「階調数」の黒点および白点など)、サンプルサイズオプションをコンテキストメニューに表示

ファイル形式

  • TIFF ファイルで読み取るビット深度の増加
  • オープン、保存時の OpenEXR の透明性に対応するオプションを追加
  • BIGTIFF 形式の読み込み(4 GB を超える TIFF ファイル)
  • 一般的なステレオペア画像形式(JPS、MPO、PNS)の読み込み

GPU

  • 使用前に検知した GPU の事前承認による安定性の向上

画像のサイズ変更

  • 「バイキュービック自動」オプションによるサイズ変更の種類に基づいた最適な再サンプリング法の自動選択

読み込み

  • (Mac OS)ImageKit スキャナーとカメラで画像読み込みをサポートするデバイスの増加

レイヤー

  • 「自由変形」コマンドのオプションバーに補間メニューを追加
  • レイヤースタイル「グラデーションオーバーレイ」と「グラデーションストローク」にディザオプションを追加
  • ショートカットを追加、00 でレイヤーを設定、Shift+00 で不透明度を 0% に
  • 複数の選択レイヤーに対して、ロック、ブレンドモード、またはカラーラベルを同時に変更
  • Ctrl/Command+J  キーで、選択したレイヤーグループを複製(レイヤーに追加)
  • レイヤーツールヒントにレイヤー名を表示
  • レイヤー効果をレイヤーにマージする新しい「レイヤースタイルをラスタライズ」コマンド
  • 適用順を反映させるようにレイヤースタイルを並べ替え(例えば、ドロップシャドウを他の効果の下に置くなど)
  • レイヤースタイルのブレンドオプションがカスタマイズされている場合に、レイヤー上に「ブレンド条件/レイヤー効果」バッジを表示
  • Alt/Opt+FX 切り替え矢印のクリックで、すべてのレイヤー効果の表示、非表示を切り替え
  • 非表示レイヤーに対して表示される不透明度と描画モードを修正
  • レイヤーの名前変更時、Tab キーを押すと次のレイヤーに、Shipft+Tab キーで前のレイヤーに移動
  • シェイプレイヤー名で、ツール名を反映(例えば、「長方形 1」)

ゆがみ

  • GPU ビデオカードの高速化を追加
  • ユーザーインターフェイスモード「基本」と「詳細」を追加
  • Mac カーソルの表示を改善
  • 最後のメッシュを読み込むオプションを追加
  • 最大ゆがみブラシサイズを 15,000 に増加
  • ブラケットキー [ ] ショートカットでゆがみブラシのサイズを変更、現在変更単位は Photoshop 内の他の場所と一致
  • Ctrl (Windows)/Command (Mac OS)で虫眼鏡を切り替え
  • Alt+ 右クリック + ドラッグでブラシサイズを変更(Windows)
  • Ctrl+Alt + クリック + ドラッグでブラシサイズを変更(Mac OS)

マスク

  • 32 ビット/チャンネル画像のマスクに対し、反転としきい値の調整を有効化

プラグイン

  • 起動中に Shift キーを押したままにすると、オプションのプラグインとサードパーティのプラグインが無効に

プリセット

  • 一般的なデバイス(iPhone、iPad など)用に「新規ドキュメント」プリセットを追加
  • 従来のプリントトーンと明暗別色補正に新しい「グラデーションマップ」プリセットを追加
  • 並べ替えたツールプリセットを、リスタート後も維持
  • RC Concepcion と Scott Kelby による新しい「HER Pro」プリセット

プリント

  • プリントダイアログの詳細フィールドに編集ボタンを追加
  • プリントダイアログとプリントプレビューウィンドウのサイズ変更が可能に
  • プリントダイアログのプレビュー背景色がカスタマイズ可能に
  • ページのプリント範囲の手動での位置変更が可能に
  • Photoshop によるカラー管理の使用時に、現在選択されているプリンターには合わないカラープロファイルを隠す
  • 「選択範囲をプリント」を再導入、プリントダイアログで選択範囲の変更が可能

保存

  • 16 ビット画像が JPEG として保存ダイアログでそのファイルサイズを表示できない旨を警告メッセージで示す

SDK

  • スクリプトからツールプリセット名に関連付けられているツール名へのアクセスが可能に
  • スクリプティング SDK からドキュメント内のガイドの配列を返すことが可能に

選択範囲

  • 選択ツール、なげなわツール、マスクパネルで(ぼかしダイアログと同様に)、小数のぼかし値をサポート
  • 「選択範囲を作成」で、パスダイアログからぼかしの半径を取得

トランスフォーム

  • レイヤーサムネールで、レイヤーの変形時にスマートオブジェクトアイコンの表示を継続
  • ベクトルカーブのドラッグを改善
  • x 奇数ピクセル数でも 90°回転を可能にして、半ピクセル位置になるのを回避(この動きを有効化するには、「一般」環境設定で「ベクトルツールと変形をピクセルグリッドにスナップ」を選択する必要があります)
  • ファイルのメタデータに基づく画像の自動回転を無効にするため、ファイル管理/回転メタデータを無視する環境設定を追加

テキスト

  • プレースホルダーテキストをすばやく挿入するため、書式/Lorem Ipsum をペーストコマンドを追加
  • ドキュメントカラースペースとは別のガンマ設定を使用して、「テキストカラーブレンド部分をガンマ補正」設定をブレンドテキストレイヤーに追加。このオプションにアクセスするには、編集/カラー設定を選択し、右側の「詳細設定オプション」をクリックします。初期設定の 1.45 は、Photoshop の以前のバージョンよりも正確にテキストをブレンドし、他のアプリケーションともマッチ

注意:「テキストカラーブレンド部分をガンマ補正」を選択すると、Photoshop CS6 のテキストレイヤーは以前のバージョンの Photoshop では違って見えます。

ユーザーインターフェイス

  • ドキュメントタブのコンテキストクリックにより、新規/開くドキュメントコマンドが使用可能に(従来の Mac OS 機能を Windows で)
  • 「メモリをクリア」の警告に「再表示しない」チェックボックスを追加
  • アプリケーションバーを削除して、ドラッグ可能なタイトルバーを 30% 以上縮小