修復ブラシツールを使用して画像の別部分のピクセルでペイントして欠陥を補修する方法を説明します。
修復ブラシツールで欠陥を補修
  1. ツールバーで、スポット修復ブラシを長押しして他のツールを表示し、修復ブラシツール(J)を選択します。

  2. ツールオプションバーでブラシサンプルをクリックし、ポップアップパネルでブラシオプション(モード、ソース、調整あり、サンプル誤差拡散法)を設定します。

  3. ソースのサンプリング領域を設定するには、画像内の領域の上にポインターを置き、Alt キー(Win)または Option キー(Mac)を押しながらクリックします。

  4. コピーソースパネルでコピーソースボタンをクリックして、目的のサンプルソースを選択します。

  5. 画像内の任意の場所をドラッグします。サンプルしたピクセルは、マウスボタンを放すたびに、既存のピクセルと合成されます。