この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

 

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

 

内容 (What's Covered)

 

A. 基本的なトラブルシューティング

A-1. プロジェクトのファイルサイズ

A-2. DVD フォルダの作成

A-3. サンプルプロジェクトから DVD フォルダを作成します

B. プロジェクトのトラブルシューティング

B-1. タイムラインのレンダリング

B-2. プロジェクトで使用されているクリップメディアのトラブルシューティング

B-3. AVI ファイルへの書き出し

C. システムのトラブルシューティング

C-1. ディスクの内容を消去

C-2. DVD ディスク、DVD ライターの互換性

C-3. その他の DVD アプリケーション

C-4. スタートアップ項目とサービスを無効にします

C-5. IMAPI CD-Burning COM Service

C-6. DMA モード

C-7. DVD ライターのファームウェア

C-8. ディスプレイドライバのアップデート

C-9. 追加の DVD ライターを取りはずします

C-10. DVD 互換プリセットを使用

C-11. Windows の AutoPlay 機能を無効にします

C-12. DVD ドライバの更新

 

この文書は、Adobe Premiere Elements 3.0 で DVD 作成時に生じる問題を解決するための、さまざまな対処方法について説明します。

 

問題はエラーやフリーズ、Premiere Elements の予期しない終了など、さまざまな形で現れます。より効果的なトラブルシューティングを行うために、記載されている順番通りに作業を行います。実行した作業やその際のエラーなどはメモに記録しておいてください。弊社テクニカルサポートにお問い合わせの際は、それらの情報を利用することにより、さらに適切なサポートを行うことができます。

 

 A. 基本的なトラブルシューティング

 

このセクションでは、問題がプロジェクトに関連したものであるのか、またはシステムに関連したものであるのかを判断します。以下の手順を実行する前に、すべての個人用ファイル(例えば作成した Premiere Elements のプロジェクトファイルなど)のバックアップを作成しておきます。システムエラーなどの問題が発生した場合は、メモリを初期化するために必ずコンピュータを再起動してください。再起動せずに作業を続行すると、他の新たなエラーやトラブルが起こる可能性があり、原因の特定が困難になります。

 

 A-1. プロジェクトのファイルサイズ

 

プロジェクトのサイズが DVD に書き込み可能な容量を超えている場合、DVD へプロジェクトを書き出すことはできません。この場合、[DVD へ書き込み] ダイアログボックスのステータスに「書き込むにはディスク容量が不足です」という警告メッセージが表示され、[書き込み] ボタンが使用不可になります。標準のシングルレイヤー DVD では 2 時間のビデオ容量があります。標準のダブルレイヤー DVD では 4 時間までですが、トランスコード設定に依存します。

 

 A-2. DVD フォルダの作成

 

[DVD へ書き込み] ダイアログボックスでは、[フォルダ] を書き込み先として選択してハードディスク上にデータを作成することができます。ハードディスクに DVD フォルダを書き出すことによって、プロジェクトが問題の原因となっているかどうか特定します。

 

Premiere Elements プロジェクトを DVD フォルダへ書き出すには、以下の操作を行います。

  1. Premiere Elements プロジェクトを開きます。
  2. 以下のいずれかの操作を行います。

    - [書き出し] ボタンをクリックし、ポップアップメニューから [DVD へ書き出し] を選択します。

    - Premiere Elements のユーザインターフェース上部に表示されている [DVD を作成] タブを選択し、[DVD レイアウト] パネルの [DVD へ書き込み] ボタンをクリックします。

    - [シーン/タイムライン] パネルがアクティブになっている状態で、[ファイル] メニューから [書き出し] - [DVD へ書き出し] を選択します。
  3. [DVD へ書き込み] ダイアログボックスの [書き込み先] オプションからプロジェクトのサイズに応じて [フォルダ(4.7 GB)] または [フォルダ(8.5 GB)] を選択します。







    ※ プロジェクトサイズがシングルレイヤー DVD 対応の 4.7 GB を超える場合は、デュアルレイヤー DVD に対応可能な [フォルダ(8.5 GB)] を選択します。
  4. [フォルダ名] および [フォルダの場所] を任意で設定し、[書き込み] ボタンをクリックします。

 

問題が発生しない場合 :

DVD フォルダ作成時にエラーが発生しない場合は、プロジェクトが原因ではありません。C. システムのトラブルシューティング へ進んでください。

問題が発生する場合 :

DVD フォルダ作成時にエラーが発生する場合は、プロジェクトが問題の原因となっている可能性があります。次の手順へ進んでください。

 

 A-3. サンプルプロジェクトから DVD フォルダを作成します

 

以下の操作を行い、Premiere Elements 3.0 チュートリアルのサンプルプロジェクトから DVD フォルダを作成します。

  1. Premiere Elements を起動します。
  2. スタートアップスクリーンの [チュートリアル] をクリックします。



  3. サンプルプロジェクトが読み込まれたら、以下のいずれかの操作を行います。

    - [書き出し] ボタンをクリックし、ポップアップメニューから [DVD へ書き出し] を選択します。

    - Premiere Elements のユーザインターフェース上部に表示されている [DVD を作成] タブを選択し、[DVD レイアウト] パネルの [DVD へ書き込み] ボタンをクリックします。

    - [シーン/タイムライン] パネルがアクティブになっている状態で、[ファイル] メニューから [書き出し] - [DVD へ書き出し] を選択します。
  4. [DVD へ書き込み] ダイアログボックスの [書き込み先] オプションから [フォルダ(4.7 GB)] を選択します。
  5. [フォルダ名] および [フォルダの場所] を任意で設定し、[書き込み] ボタンをクリックします。

 

問題が発生しない場合 :

サンプルプロジェクトではエラーが発生せず、その他のプロジェクトでエラーが発生する場合、エラーが発生するプロジェクト内のファイルなどが問題の原因となっている可能性があります。B. プロジェクトのトラブルシューティング を参照してください。

問題が発生する場合 :

システムが問題の原因となっている可能性があります。C. システムのトラブルシューティング を参照してください。

 

 B. プロジェクトのトラブルシューティング

 

プロジェクトに問題が発生している場合は、以下のトラブルシューティングを行います。

 

 B-1. タイムラインのレンダリング

 

プロジェクトのタイムラインをあらかじめレンダリングすることによって、メディアやエフェクトの問題を検知して削除することができます。タイムラインをレンダリングするには、対象のタイムラインをアクティブにし、[タイムライン] メニューから [ワークエリアをレンダリング] を選択します。レンダリングを行う際に問題が発生する場合は、B-2. のトラブルシューティングを行います。

 

 B-2. プロジェクトで使用されているクリップメディアのトラブルシューティング

 

以下の操作を行い、プロジェクトに含まれるクリップやオーディオに問題が無いか確認します。

  1. Premiere Elements 3.0 を起動し、プロジェクトを開きます。
  2. [ファイル] メニューから [別名で保存] を選択し、オリジナルのプロジェクトとは異なるファイル名(例 : test)で保存します。
  3. タイムライン上に配置されているクリップやオーディオの半分程度を削除します。
  4. [ファイル] メニューから [書き出し] -[DVD へ書き出し] を選択します。
  5. [DVD へ書き込み] ダイアログボックスで、必要な設定を行い、[書き込み] ボタンをクリックします。

    - 問題が発生した場合には、手順 3. と手順 4. を繰り返します。問題が発生しなくなるまで、タイムラインから残りのクリップを削除します。

    - 問題が発生しない場合には、削除したクリップを元に戻し、タイムラインからクリップの 4 分の 1 を削除します。手順 4. を繰り返し、問題の原因となっているファイルが特定できるまでメディアを削除します。
  6. 問題のあるクリップを特定できたら、そのクリップを削除した状態で、オリジナルのプロジェクトを上書き保存します。
  7. 問題のあるクリップが必要なものである場合は、そのファイルを再作成してからプロジェクトに読み込み直します。不要なクリップである場合は、そのまま DVD に書き出しを行い、問題が改善されているか確認します。

 

 B-3. AVI ファイルへの書き出し

 

タイムラインを Microsoft DV AVI ファイルとして書き出し、新規プロジェクトに読み込んでから DVD に書き出しを行います。

以下の操作を行います。

  1. タイムラインがアクティブになっている状態で、[ファイル] メニューから [書き出し] - [ムービー] を選択します。
  2. [設定] ボタンをクリックします。
  3. [ムービー書き出し設定] ダイアログボックス左側のリストから [一般] を選択します。
  4. [ファイルの種類] ポップアップメニューから [Microsoft DV AVI] を選択します。
  5. その他の必要な設定を行い、[OK] をクリックします。
  6. ファイル名と保存先を指定し、[保存] をクリックします。
  7. プロジェクトを閉じ、新規プロジェクトを作成します。
  8. 保存した AVI ファイルを読み込み、シーンラインあるいはタイムラインに配置します。
  9. DVD に書き出しを行います。

 

 C. システムのトラブルシューティング

 

システムに関連した問題が発生している場合は、以下のトラブルシューティングを行います。

 

 C-1. ディスクの内容を消去

 

DVD-RW または DVD+RW ディスクを使用する場合は、DVD に書き出す前にディスクの内容を消去してから書き出しを行います。

 

 注意 : DVD+RW/DVD-RW ディスクを使用することによって問題が生じる場合があります。ディスクの内容を消去しても問題が改善しない場合は、DVD-R ディスクを使用してみてください。ただし、DVD-R ディスクは書き換えや消去ができないため、書き込みに失敗した場合はディスクの再利用ができません。

 

 C-2. DVD ディスク、DVD ライターの互換性

 

使用しているディスクの規格やメーカーを変更します。サポートされるディスクの規格は DVD ライターによって異なり、また特定のメーカーのディスクで DVD ライターが正常に動作しない場合があります。詳細は DVD ライターに付属のマニュアルを参照するか、製造元にお問い合わせください。

また、他のアプリケーションから DVD を作成できても、Premiere Elements 3.0 と互換性が無いために書き出しを行えない場合があります。Premiere Elements と DVD ライターの互換性に関する詳細は、以下の弊社 Web サイト(英語)を参照してください。

URL : http://www.adobe.com/products/premiere/dvhdwrdb.html

 

 C-3. その他の DVD アプリケーション

 

Premiere Elements 3.0 以外の、DVD ライタードライバにアクセスするソフトウェアが起動している場合、Premiere Elements とコンフリクトを起こしてエラーになる場合があります。コンピュータを再起動し、DVD ライターにアクセスするアプリケーションをすべて終了してから、書き出しを行ってください。

 

 C-4. スタートアップ項目とサービスを無効にします

 

ウイルス対策ソフトやファイアウォールソフトウェア、システムユーティリティ、あるいはその他のアプリケーションや Windows の起動時に読み込まれるサービスなどが DVD 作成プロセスとコンフリクトして問題が発生する場合があります。Windows のシステム構成ユーティリティを使用して一時的に最小限のスタートアップ項目とサービスだけを有効にし、DVD へ書き出します。

 

以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。
  3. [名前] テキストボックスに「msconfig」と入力し、[OK] をクリックします。



  4. [システム構成ユーティリティ] が表示されたら [スタートアップ] タブを選択します。
  5. [すべて無効にする] ボタンをクリックします。



  6. 必要最低限のスタートアップ項目のみを選択し、有効にします。

    ※ 必要項目が不明な場合は、そのままにしておきます。
  7. [サービス] タブをクリックし、[Microsoft のサービスを全て隠す] にチェックを入れて [すべて無効にする] ボタンをクリックします。



  8. [OK] をクリックし、Windows を再起動します。
  9. Windows が起動したら、通知領域に表示されているアイコンを右クリックし、閉じるか無効にします。
  10. 問題を再現します。

 

問題が再現しない場合 :

スタートアップ項目の一部が Premiere Elements とコンフリクトしています。スタートアップ項目を 1 つずつ有効にし、どの項目がコンフリクトを起こしているのかを特定します。問題の原因となるスタートアップ項目が特定できたら、アップデートがあるかどうかを製造元に確認します。

問題が再現する場合 :

スタートアップ項目は問題の原因ではありません。以下の操作を行い、スタートアップ項目を再度有効にします。

  1. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。
  2. 「msconfig」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. [一般] タブで、[標準スタートアップ] を選択します。
  4. [OK] をクリックし、Windows を再起動します。

 

 C-5. IMAPI CD-Burning COM Service

 

Windows のディスク書き込みサービス(IMAPI CD-Burning COM Service)と Premiere Elements がコンフリクトを起こし、問題が発生する場合があります。あらかじめ IMAPI CD-Burning COM Service を無効にして、Premiere Elements から DVD を書き出します。

 

 注意 : IMAPI CD-Burning COM Service を無効にすると、Windows XP 標準の CD-R/RW 機能を無効にすることになります。

 

IMAPI CD-Burning COM サービスを無効にするには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [コントロールパネル] を選択します。
  2. [パフォーマンスとメンテナンス] をクリックします。



  3. [管理ツール] をクリックします。



  4. [サービス] ショートカットアイコンをダブルクリックします。



  5. [IMAPI CD-Burning COM] を右クリックし、[プロパティ] を選択します。
  6.  [スタートアップの種類] ポップアップメニューから [無効] を選択します。



  7. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。
  8. Premiere Elements で DVD を作成します。

 

問題が改善しない場合は、IMAPI CD-Burning COM Service を再度有効にします。IMAPI CD-Burning COM Service を有効にするには、上記手順 6. で [自動] を選択します。

 

 C-6. DMA モード

 

DMA(Direct Memory Access)および PIO(Program Input/Output)は、デバイスと RAM 間で行われるデータ転送の方式です。DMA の代わりに PIO を使用するよう設定されたドライブは DMA を使用するドライブよりも多く CPU サイクルを要求し、データ転送が遅くなります。 DVD ドライブの転送モードを DMA に変更することで、ドライブパフォーマンスを改善し、エラーの発生を減少できる可能性があります。

 

 注意 : 環境によっては、以下の手順を行う前に、BIOS 上 で DMA を有効にする必要があります。詳細についてはコンピュータ、またはマザーボードに付属のマニュアルを参照してください。

 

DVD ドライブの DMA を有効にするには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [コントロールパネル] を選択します。
  2. [パフォーマンスとメンテナンス] をクリックします。



  3. [管理ツール] をクリックします。



  4. [コンピュータの管理] をダブルクリックします。



  5. [システムツール] を展開し、[デバイスマネージャ] をクリックします。



  6. [IDE ATA/ATAPI コントローラ] の左の(+)をクリックして展開します。
  7. IDE コントローラに該当する項目(例: セカンダリ IDE チャネル)をダブルクリックします。
  8. [詳細設定] タブをクリックします。
  9. [転送モード] ポップアップメニューで DMA が選択可能な場合はその項目を選択し、[OK] をクリックします。
  10. IDE ATA/ATAPI コントローラリスト内の全ての IDE コントローラ項目に対して、上記の手順 7. ~ 9. を繰り返します。

 

 C-7. DVD ライターのファームウェア

 

DVD ライターのファームウェアをアップデートすることで問題が改善される場合があります。ファームウェアのアップデートに関する詳細は、DVD ライターの製造元にお問い合わせください。

 

 C-8. ディスプレイドライバのアップデート

 

ディスプレイカードのドライバソフトウェアをアップデートすることで問題が改善される場合があります。ドライバのアップデートに関する詳細は、ディスプレイカードの製造元にお問い合わせください。

 

 C-9. 追加の DVD ライターを取りはずします

 

複数の DVD ライターがコンピュータに接続されている場合、コンフリクトを起こしてエラーになる場合があります。一台の DVD ライターのみが接続されている状態で DVD の作成を行い、問題が発生するか確認します。

 

 C-10. DVD 互換プリセットを使用

 

MPEG2-DVD ファイルとしてプロジェクトを書き出し、他の DVD オーサリングアプリケーション(Adobe Encore DVD など)を使用して DVD を作成します。

 

Premiere Elements 3.0 から DVD-準拠 MPEG2 ファイルを作成するには、以下の操作を行います。

  1. [シーン/タイムライン] パネルがアクティブな状態で以下のいずれかの操作を行います。

    - [書き出し] ボタンをクリックし、ポップアップメニューから [DVD へ書き出し] を選択します。

    - [ファイル] メニューから [書き出し] - [MPEG] を選択します。
  2. [DVD 互換] フォルダを展開し、[NTSC DVD] または [PAL DVD] を選択します。
  3. [OK] をクリックします。
  4. ファイル名とファイルの保存先を指定し、[保存] をクリックします。

 

問題が発生する場合 :

DVD ライターまたは関連するドライバがエラーの原因となっている可能性があります。

問題が発生しない場合 :

以下のトラブルシューティングをを引き続き行ってください。Premiere Elements で DVD フォルダが作成できる場合は、DVD オーサリングアプリケーションを使用して DVD に書き込むことも可能です。

 

 C-11. Windows の AutoPlay(自動再生)機能を無効にします

 

DVD 書き込みプロセスが Windows の AutoPlay 機能とコンフリクトを起こし、エラーが発生する場合があります。AutoPlay 機能を無効にする方法については Windows のヘルプを参照してください。

 

 C-12. DVD ドライバの更新

 

他の DVD ライターや CD ライターをインストールすることで Windows レジストリのドライバリストが変更されることがあります。ドライバリストの変更によって、Premiere Elements 3.0 から DVD ライターにアクセスする際に問題が発生する場合があります。

 

 警告 : Windows レジストリには、コンピュータとアプリケーションのための重要な情報が含まれています。レジストリの誤った変更によって生じる問題については、弊社ではサポートを行っておりません。システムファイルの編集に慣れていない方は、レジストリを変更しないようにしてください。変更する前には、必ずレジストリのバックアップを取ってください。「レジストリエディタ」の詳細は、Windows のマニュアルを参照するか、Microsoft 社のテクニカルサポートにお問い合わせください。

 

Windows のレジストリで DVD ドライバリストを更新するには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [コントロールパネル] を選択します。
  2. [プログラムの追加と削除] をダブルクリックします。
  3. [Adobe Premiere Elements 3.0] を選択し、[削除] をクリックします。
  4. 画面上の指示に従って、Premiere Elements 3.0 をアンインストールします。
  5. アンインストールが完了したら、Windows を再起動します。
  6. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。
  7. [名前] テキストボックスに「regedit」を入力し、[OK] をクリックします。



  8. レジストリエディタが起動したら、以下のキーに移動します。



    HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥Class¥{4D36E965-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}
  9. [ファイル] メニューから [エクスポート] を選択します。
  10. [エクスポート範囲] セクションで、[選択された部分] を選択します。



  11.  ファイル名と保存場所を指定し、[保存] をクリックします。
  12. 画面右側のパネルで、[LowerFilters] をクリックして選択し、[編集] メニューから [削除] を選択します。



  13. 「この値を削除しますか?」というメッセージが表示されたら [はい] をクリックします。



  14. 同様の手順で、[Upper Filters] も削除します。
  15. レジストリエディタを終了し、Windows を再起動します。
  16. Premiere Elements 3.0 を再インストールします。
  17. Windows を再起動します。

 注意 : 問題が解決しない場合には、手順 11. で書き出したレジストリキーをダブルクリックして、Windows の DVD ドライバリストを修復することができます。修復後は Windows を再起動してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー