注意:

最新版 Premiere Elements をご利用の場合は、こちら をご覧ください。

この文書は、Premiere Elements 4 の基本的な使用方法を分かりやすく図解した内容となっています。

 

[タイムライン] ウインドウで不要なシーンを削除する方法について解説します。

クリップの先頭と終わりのフレームをカットしたり、クリップの中間のフレームをカットすることができます。

 

 

不要なシーンをカットする (クリップのトリミング)

より直感的に編集

編集もプレビューも 1 つのウインドウで

 

 

操作をする前に [タイムライン] ウインドウの表示倍率を変更しよう

[ズームイン] または [ズームアウト] ボタンを押して、タイムラインルーラとトラックを拡大/縮小表示すると作業をスムーズに進めることができます。

 



 

 

 不要なシーンをカットする (クリップのトリミング)

 

 

 

Premiere Elements を起動し、[ファイル] メニューの [プロジェクトを開く] をクリックし、任意のプロジェクトを開きます。



 

 

 

[タイムライン] ウインドウで、先頭に不要なシーンがあるクリップを表示します。

 

 

 

 

 

[選択ツール] をクリックし、クリップの先頭にマウスポインタをあわせます。 マウスポインタが に変わります。

 

 

 

 

そのまま右側にドラッグします。必要なフレームの手前までドラッグしたらマウスをはなします。



 

 

 

クリップの先頭にあった不要なフレームがカットされました。

 

 

 

 

 

Step3、4 の操作に従い、クリップの最後にある不要なフレームもカットしてみましょう。



 

↑top

 

 

カット (トリミング) したフレームを元に戻すには?

[タイムライン] ウインドウでフレームをトリミングしても、クリップ内でムービーに使用したい部分を表すインポイント (最初) とアウトポイント (最後) を設定しているだけですので、実際には削除されていません。

 



マウスポインタ [ ] をクリップの先頭 (または最後) にあわせ、クリップの端を目的のフレームまでドラッグすることで、トリミングしたフレームを復元できます。

 

 

 

 より直感的に編集

 

[シーン/タイムラインパネル] のシーンラインビューでは、ビデオクリップの配置やシーンの並び替え、エフェクトの追加などをドラッグ&ドロップで簡単に行えます。

シーンラインでは、各クリップはそれぞれの最初のフレームで表されます。

タイトル、トランジション、特殊効果(エフェクト)および DVD マーカーを追加することもできます。

スライドショーを作るような感覚で簡単にビデオの編集ができます。

ムービーをすばやく簡単に構成するために使用します。さらに高度な編集を行う場合は、タイムラインを使用します。

 

 

 

↑top

 

 編集もプレビューも 1 つのウインドウで

 

ビデオの編集とプレビューを 1 つのモニタウインドウに集約

クリップのトリミングや分割、トランジションやエフェクトの適用、PiP(ピクチャインピクチャ)の作成、タイトルやテキストの追加がより簡単に行えるようになりました。

作品の仕上がり具合をフルスクリーンでプレビューすることができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー