この文書では、製品版の Adobe Premiere Elements を使用しているにもかかわらず、「Adobe Premiere Emelemts 体験版で作成」と表示される問題の対処方法について説明しています。

問題点 (Issue)

体験版 Premiere Elements をインストール後、製品版として起動しても「Adobe Premiere Emelemts 体験版で作成」という透かし文字が表示されます。

※スクリーンショットはPremiere Elements 8 体験版のものです。Premiere Elements 10 または 9 でも同様の透かし文字が表示されます。

解決方法 (Solutions)

この問題を解決するには、以下の操作を順に行います。

A. プロジェクトのコピー

Premiere Elements のプロジェクトコピー機能を使用して、デスクトップにプロジェクトおよびプロジェクトに含まれるムービーファイルなどを 1 つのフォルダーにコピーします。

  1. ファイル/プロジェクトのバックアップ を選択します。

  2. プロジェクトのコピーダイアログボックスが表示されたら、「プロジェクトをすべてコピー」を選択します。

  3. 「プロジェクトの保存先」セクションで「参照」ボタンをクリックします。

  4. 「処理後のプロジェクトの保存先を選択してください」ダイアログボックスが表示されたら、「デスクトップ」を選択し、「フォルダーの選択」をクリックします。

  5. 「OK」をクリックします。

  6. 「この処理を実行するには、プロジェクトを保存する必要があります。続行しますか?」と表示されたら、「はい」をクリックします。

  7. プロジェクトコピーが実行されます。処理が完了すると、デスクトップに「コピー_<プロジェクト名>」フォルダーが作成されます。
  8. Premiere Elements のファイル/プロジェクトを開く を選択します。

  9. プロジェクトを開くダイアログボックスで、手順 7. で作成された「コピー_<プロジェクト名>」フォルダー内のプロジェクトファイル(*.prel)を選択し、「開く」をクリックします。

プロジェクトコピーについて詳しくは、以下の文書も参照してください。

プロジェクトのバックアップを保存してみよう

B. 環境設定ファイルの再作成

以下の操作を行い、Premiere Elements の環境設定をリセットします。

注意:

以下の操作を行うと、Premiere Elements の設定が初期化されます。また、以下の操作を行うには隠しフォルダーにアクセスする必要があります。詳細は以下の文書を参照してください。

Windows の場合
隠しファイルおよび隠しフォルダーを表示する方法(Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP)

Mac OS の場合
非表示のユーザーライブラリフォルダーにアクセスする方法(Mac OS X 10.7 以降)

 

  1. Premiere Elements を終了します。

  2. 以下のフォルダーを開きます。

    Windows
    C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Premiere Elemetns\<バージョン>

    Mac OS
    Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/Premiere Elements/バージョン

  3. Adobe Premiere Elements Prefs ファイルのファイル名を変更します。

    例 : Adobe Premiere Elements Prefs_old など

  4. Premiere Elements を起動してプロジェクトを開きます。

C. プレビューファイルの削除

Premiere Elements でムービーを再生した際などに自動生成されるプレビューファイルを削除します。

以下の操作を行います。

  1. Premiere Elements を終了します。
  2. A. プロジェクトのコピー でデスクトップに作成した、コピー_<プロジェクト名> フォルダーを開きます。

  3. 「Adobe Premiere Elements Preview Files」フォルダーを開きます。
  4. すべてのファイルやフォルダーをごみ箱にドラッグ&ドロップして削除します。
  5. Premiere Elements を起動してプロジェクトを開きます。

 

D. キャッシュの削除

Premiere Elements の作業の一時ファイルが自動的に保存されます。

以下の操作を行い、キャッシュデータを削除します。

  1. Premiere Elements が起動している場合は、終了します。

  2. 以下の場所に Media Cache Files および Media Cache、メディアキャッシュ フォルダーがある場合は、各フォルダー内のファイルを削除します。

    • Windows : C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Common\
    • Mac OS  : Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/Common/
  3. 以下のフォルダーを開き、Temp フォルダー内のファイルを削除します。(Windows のみ)

    C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\

  4. Premiere Elements を起動してプロジェクトを開きます。

E. Adobe Premiere Elements Preview Files フォルダーおよび Encoded Files フォルダー内のファイル削除

  1. Premiere Elements が起動している場合は、終了します。

  2. 以下のフォルダーを開き、Adobe Premiere Elements Preview Files フォルダーおよび、Encoded Files フォルダー内のファイルを削除します。

    Windows : C:\Users\ユーザー名\Documents\Adobe\Premiere Elements\<バージョン>

  3. Premiere Elements を起動してプロジェクトを起動します。

F. サインアウト

上記の操作を行っても問題が解消されない場合、何らかの原因で製品版に正しく移行できていない、またはライセンス認証がうまくできていない可能性があります。この場合、一度サインアウトし再度サインインします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー