問題点 (Issue)

Adobe Premiere Elements 9 でタイムライン上のムービーをプレビューすると、コマ飛びや遅延が発生し、滑らかに再生されません。

解決方法 (Solutions)

この問題を解決するには、以下の A. ~ D. のいずれか、または複数の操作を行います。

A. ワークエリアをレンダリングします。

レンダリングが完了していないムービーは正しく再生されない可能性があります。以下の弊社技術文書を参照し、レンダリングを行ってからムービーをプレビューしてください。レンダリングを行っても問題が改善されない場合は、次の手順に進みます。

文書番号 cpsid_87411 [基本操作] ムービーのプレビューを確認してみよう(Premiere Elements 9)

B. Premiere Elements を再起動します。

Premiere Elements を再起動することによって、表示の問題が改善されることがあります。

C. 自動解析オプションを無効にします。

自動解析オプションによって、データの分析が自動的に行われ、ピンぼけや手ぶれが発生している部分を除外することなどができますが、バックグラウンドで自動的に解析処理が行われるため、環境によってはパフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。自動解析のオプションは、Elements Organizer の環境設定で変更可能です。以下の操作を行います。

  1. スタートアップスクリーンの [整理] をクリックするか、または Premiere Elements が起動している状態であれば、画面右上の [整理] をクリックして、Elements Organizer を起動します。
  2. [編集](Windows)/[Premiere Elements](Macintosh)メニューから [環境設定] - [メディア解析] を選択します。
  3. [自動解析オプション] セクションの [メディアのスマートタグを自動的に解析] のチェックをはずします。





     
  4. [OK] をクリックします。

D. ビデオカードドライバーをアップデートします。

通常ビデオカードドライバーは、繰り返しアップデートがリリースされており、さまざまな不具合の修正や、パフォーマンスの強化などが実施されています。ビデオカードまたはコンピューターの製造元 Web サイトから最新のビデオカードドライバーをダウンロードし、アップデートしてください。アップデーターのリリース状況などの詳細は、ビデオカードまたはコンピューターの製造元にお問い合わせください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー