Premiere Elements 9 には、プロジェクトで使用されているメディアファイル(動画、静止画、音声)を含めたプロジェクトのコピーを保存する機能があります。この文書では、プロジェクトのバックアップを保存する方法について説明しています。

 プロジェクトのバックアップを保存してみよう

 自動バックアップ機能について

 ほかのページから移動してきた場合は、ブラウザの [戻る] ボタンをクリックして前のページに戻ることができます。

 プロジェクトのバックアップを保存してみよう

Premiere Elements 9 を起動して、プロジェクトを開きます。

 詳しくは、[基本操作] プロジェクトを作成する/開く(Premiere Elements 9)を参照してください。

[ファイル] メニューの [プロジェクトコピー] をクリックします。

[プロジェクトのコピー] ダイアログボックスが表示されます。

タイムラインで使用中のメディアのみを含めてコピーする場合は [プロジェクトをコピー]、使用していないメディアも含めてすべてコピーする場合は、[プロジェクトをすべてコピー] を選択します。次に [参照] をクリックしてプロジェクトコピーの保存先フォルダーを指定し[OK] をクリックします

※ ここでは例として「バックアップ用」というフォルダーをあらかじめ作成して指定しています。

 [プロジェクトをコピー] と [プロジェクトをすべてコピー] では、以下のような違いがあります。

  • [プロジェクトをコピー] : プロジェクトファイル(拡張子 prel)と、タイムラインで使用しているメディアファイルのみが保存されます。フォルダ名は「トリミング_<プロジェクト名>」です。
  • [プロジェクトをすべてコピー] : プロジェクトファイル(拡張子 prel)と、プロジェクトで取り込んだすべてのメディアファイルが保存されます。フォルダ名は「コピー_<プロジェクト名>」です。

 ダイアログボックス下部の [ディスク容量] セクションで、ハードディスクの空き容量やプロジェクトサイズを確認することができます。 

「この処理を実行するには、プロジェクトを保存する必要があります。続行しますか?」というメッセージが表示されたら [はい] をクリックします。 

 

プロジェクトコピーの進行状況が表示されます。

 

保存フォルダ内に、プロジェクトがコピーされていることを確認します。以下の画像は、「旅の思い出」というプロジェクトのバックアップを保存した例です。  

 自動バックアップ機能について

Premiere Elements には自動でプロジェクトファイルをバックアップする機能があります。作業中、一定時間が経過すると拡張子 prel のプロジェクトファイルが最新の状態でコピーされます。この機能では、プロジェクト内で使用されているメディアのバックアップは保存されません。

自動保存の設定を行うには、[編集] メニューの [環境設定] をポイントし、[自動保存] をクリックします。自動保存を行う間隔と、保存されるバックアップの最大数を設定することができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー