内容 (What's Covered)

Adobe Premiere Elements のタイムラインから DV カメラなどの IEEE 1394 (FireWire/iLINK)デジタルビデオデバイスに再生、または書き出しを行う際、古い DirectX および IEEE 1394 コンポーネントを使用していると、ビデオやオーディオの再生が滑らかでなかったり、速すぎたりします。

これらの問題はシステムが最適化されてなかったり、デジタルビデオの要件に合わない場合、またデバイスドライバーが古い場合などにも生じます。Microsoft のシステム構成要素は Premiere Elements におけるデジタルビデオのサポートを提供しています。例えば、これらの構成要素間およびシステムとの相互作用がデジタルビデオの再生の品質を決定します。再生に関する問題が Premiere Elements で発生する場合もありますが、Premiere Elements が問題の原因ではない可能性もあります。

デジタルビデオをデジタルビデオデバイスに書き出したり、タイムラインで再生する際にビデオが速すぎたり滑らかでなかったり、またコマ落ちが発生する場合は、以下の操作を行います。以下の操作のそれぞれを行った後にレンダリングしたデジタルビデオを Premiere Elements タイムラインから書き出し、または再生して、問題が生じるか確認します。操作を行っても問題が解決しない場合は、次のセクションに進みます。

A. トラブルシューティング/初級編

このセクションでは、最も一般的な問題を解決する手順について説明します。各手順を行った後に再生テストを行い、問題が解決しない場合は次の手順へ進みます。

A-1. 必要システム構成

コンピューターが以下の必要システム構成を満たしていない場合、ビデオが正しく再生されない可能性があります。

  • SSE2 をサポートする 2 GHz 以上のプロセッサー(HDV または AVCHD の編集、および Blu-ray または AVCHD の書き出しにはデュアルコアプロセッサーが必要)
  • Microsoft® Windows® XP(Service Pack 2)日本語版、Windows Media Center日本語版、Windows Vista® 日本語版(すべてのアプリケーションは32-bit オペレーティングシステムではネイティブに動作し、64-bit オペレーティングシステムでは32-bitモードで動作)、Windows 7 日本語版(Adobe Premiere Elements Editor は 32-bit および 64-bit オペレーティングシステムでネイティブに動作。その他のアプリケーションは、32-bit オペレーティングシステムではネイティブに動作し、64-bit オペレーティングシステムでは 32-bit モードで動作) 
  • 2 GB 以上の RAM
  • 4 GB 以上の空き容量のあるハードディスク(コンテンツのインストール時には 5 GB 以上の追加の空き容量が必要)
  • 最新版のドライバーを備えたグラフィックカード
  • 16-bit 以上のカラー表示が可能なディスプレイ、ビデオカード(96 dpi またはそれ以下)
  • 1,024x768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
  • Microsoft DirectX 9 または 10 互換のサウンドドライバーおよびディスプレイドライバー
  • DVD-ROM ドライブ(DVD に書き出す場合は対応 DVD ライター、Blu-ray ディスクに書き出す場合には Blu-ray ライターが必要)
  • Digital 8、DV、または HDV ビデオカメラに接続するための DV/i.LINK/FireWire/IEEE 1394インターフェイス、または DV-USB 互換の DV ビデオカメラに接続するためのインターフェイス
  • QuickTime 7 日本語版
  • Windows Media Player(Windows Media フォーマットの読み込み/書き出しに必要)
  • オンラインユーザーガイドの使用、Camera Raw プラグインアップデートなどのインターネットベースのサービスを利用するために、インターネット接続

使用しているコンピューターが必要システムを満たしているかどうか確認する方法については、以下の文書を参照してください。

文書番号 cpsid_89346 必要システム構成を満たしているか確認する方法

A-2. はじめに確認する項目

  • Premiere Elements で作業中のファイルを、同時に Adobe ソフトウェア以外のソフトウェアで開かないようにしてください。
  • サードパーティ製のツールを使用して、使用しているオペレーティングシステムでサポートされているビデオ形式に変換します。
  • DV デバイスが IEEE 1394(FireWire)に対応している場合は、USB ではなく IEEE 1394 でコンピューターと接続します。
  • マルチディスプレイ環境の場合は、一時的に 1 台のディスプレイのみで作業します。

A-3. タイムラインに配置されたすべてのエフェクト、トランジション、およびタイトルをレンダリングします

Premiere Elements では、すべてのエフェクト、トランジション、タイトルなどがレンダリングされずに再生されます。ビデオを滑らかに再生するには、あらかじめレンダリングを行う必要があります。リアルタイム再生の処理能力はコンピューターに搭載された CPU や、その他のシステムリソースに依存します。レンダリングを行うことにより、これらのシステムリソースへの負荷を軽減することができます。

A-4. 再生中のデスクトップビデオ表示オプション

Premiere Elements では、モニターパネルと外部デバイスの両方で同時にビデオを再生することができます。「再生中のデスクトップビデオ表示」オプションを無効にすることによって、外部デバイスで滑らかにビデオを再生できる場合があります。

 注意 : 「再生中のデスクトップビデオ表示」オプションは HDV プロジェクトでは使用できません。

以下の操作を行います。

  1. 編集/プロジェクト設定/一般を選択します。
  2. 「再生設定」ボタンをクリックします。





     
  3. リアルタイム再生セクションで、以下のいずれかの操作を行います。

    DV デバイスのみで再生する場合

    a. 「再生中のデスクトップビデオ表示」のチェックをはずします。

    b. 「外部デバイス」ポップアップメニューから「DV: 29.97 720 x 480i」を選択します。







    c. 「OK」をクリックします。



    モニターパネルのみで再生する場合

    a. 「外部デバイス」ポップアップメニューから「なし」を選択します。







    b. 「OK」をクリックします。
  4. [OK] をクリックしてプロジェクト設定ダイアログボックスを閉じます。

A-5. デジタルビデオデバイス以外の周辺機器

USB、SCSI、パラレル、または IEEE 1394 ポート経由でコンピュータに接続されているプリンター、ネットワークケーブル、スキャナー、モデムなどのデバイスは、デバイスドライバーがシステムリソースを要求する場合、ビデオの再生を妨げる可能性があります。Premiere Elements でビデオを再生する際にすべての周辺機器の電源を切るか、デバイスの接続を解除してデバイスドライバーが使用するシステムリソースを減らします。Premiere Elements はデイジーチェーンで接続された複数の IEEE 1394 デバイスおよび IEEE 1394 カード上の複数のデバイスはサポートしていません。

 注意 : ネットワークケーブルの接続を解除しても、コンピュータを再起動するまでは、ネットワークプロトコルはアクティブ状態です。

A-6. プロジェクト設定の最適化

すべての Premiere Elements プロジェクトに対して適切な DV 設定を使用しているか確認します。フレームレートやデータレート、圧縮など、クリップのプロパティがプロジェクト、および書き出し設定に適合しているか確認してください。また、クリップとプレビューがプロジェクトファイルと同じハードディスクに保存されているか確認します。複数のハードディスクがある場合は、最も回転数が速いハードディスクを選択します。

Premiere Elements のスクラッチディスク環境設定を変更するには、編集/環境設定/スクラッチディスクを選択します。詳細については、Premiere Elements ヘルプ「スクラッチディスクの操作」を参照してください。

A-7. サードパーティ製デジタルビデオのユーティリティで再生のテスト

Private Entity DVIO のようなサードパーティ製デジタルビデオのユーティリティで行われるデジタルビデオクリップのキャプチャと書き出しは、システムにより問題なくデジタルビデオを再生することができるかどうかを究明します(Carr Engineering の Web サイト www.carr-engineering.com/dvio.htm から DVIO をダウンロードすることができます)。Premiere Elements で問題があるクリップと同じデュレーションでキャプチャと書き出しをします。詳細はユーティリティの内容が含まれる文書を参照します。

 注意 : DVIO は Windows XP 用に構築された DV(標準精細デジタルビデオカメラとフッテ-ジ)のみで機能します。Windows 7/Vista では機能する場合も機能しない場合もあります。オペレーティングシステムに付属の Microsoft Movie Maker を試してください。

サードパーティ製ユーティリティを使用してデジタルビデオのキャプチャや再生ができない場合は、デジタルビデオ用にシステムが設定されているかを検証します。

再生時にクリップが断続的に途切れる場合は、システム構成においてデジタルビデオの必要条件を満たしていない可能性があります。Microsoft 社 Web サイトの DirectX に関してよく寄せられる質問を参照して、使用するハードウェアおよびソフトウェアの構成がデジタルビデオコンポーネンツと互換性があるかどうかを確認します。

B. トラブルシューティング/中級編

上記セクションで問題が解決できない場合は、以下のトラブルシューティングを行います。

B-1. ビデオカードドライバーのアップデート

ビデオカードドライバーに問題が発生している場合、または最新のドライバーではない場合などには、動画やテクスチャーの表示が乱れたり、必要な機能を正しく呼び出せない可能性があります。最新のドライバーの情報については、ビデオカードまたはコンピューターの製造元にお問い合わせをするか 製造元の Web サイトから最新ドライバーをダウンロードします。ビデオカードの製造元を確認するには、デバイスマネージャーでカードのプロパティを参照します。

B-2. デバイスドライバーの問題を確認します

デバイスドライバーとは、Windows がビデオディスプレイアダプターや SCSI、SATA、IDE コントローラカード、及びマザーボード BIOS やチップセットのようなデバイスと通信するためのファイルです。(Microsoft ビデオキャプチャアップデートは、IEEE 1394 カードバスコントローラー用の新しいデバイスドライバーを含みます。)最新のドライバーに関する情報については、コンピューター、またはデバイスの製造元にお問い合わせください。

デバイスドライバーの問題を確認するには、以下の文書を参照します。

文書番号 cpsid_90815 デバイスドライバーの互換性の問題を確認する方法(Windows 7/Vista)

文書番号 cpsid_90801 デバイスドライバーの互換性の問題を確認する方法(Windows XP)

B-3. スタートアップ項目とサービスを無効にします

ウイルス対策ソフトウェアやファイアウォールソフトウェア、またはその他のアプリケーションやオペレーティングシステムの起動時に読み込まれるサービスなど、Premiere Elements と同時に動作しているアプリケーションがコンフリクトを起こしていたり、システムリソースを消費している可能性があります。

一時的に最小限のスタートアップ項目とサービスのみを有効にしてコンピューターを再起動し、問題が再現するか確認します。手順の詳細については、以下の弊社技術文書を参照してください。

文書番号 cpsid_83224 システム構成ユーティリティで不要なサービスを停止する(Windows)

問題が再現しない場合

スタートアップ項目またはサービスの一部が Premiere Elements とコンフリクトを起こしている可能性があります。スタートアップ項目およびサービスを 1 つずつ有効にし、どの項目が Premiere Elements とコンフリクトしているかを特定します。問題の原因となる項目が特定できた場合は、開発元へアップデートについてお問い合わせください。

問題が再現する場合

スタートアップ項目およびサービスは問題の原因ではありません。通常モードでコンピューターを再起動します。

スタートアップ項目を再度有効にするには、以下操作を行います。

  1. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows XP : スタート/ファイル名を指定して実行を選択し、テキストボックスに msconfig と入力してOKをクリックします。

    Windows Vista : スタート/ファイル名を指定して実行を選択し、テキストボックスに msconfig と入力して OK をクリックします。検索の開始テキストボックスに msconfig を入力し Enter キーを押します。
  2. 一般タブをクリックし全般タブをクイックし 「通常スタートアップ」 を選択します。
  3. 上記のセクションの手順 3 で記録した項目のチェックをはずします。
  4. 適用ボタンをクリックし、Windows を再起動して変更を反映させます。

B-4. 外部デバイスでの再生

外部デバイス(Firewire 経由の DV カムコーダーなど)をコンピュータに接続し、プロジェクトを再生します。外部デバイスで再生が途切れる場合、グラフィックカードが原因となっている可能性があります。グラフィックカードの製造元に、ドライバーのアップデートや既知の問題について問い合わせてください。

 注意 : 外部デバイスには、DV 入力信号を表示できないものもあります。表示できるデバイスの場合でも、信号を表示するためにカメラ設定を行わなければならない場合があります。DV 入力信号を表示させる方法については、製品のマニュアルを確認するか、または製造元に問い合わせてください。

外部デバイスでの再生をテストするには、以下の操作を行います。

  1.  Premiere Elements を起動し、プロジェクトを開きます。
  2. 編集/プロジェクト設定/一般を選択します。
  3. 「再生設定」ボタンをクリックします。
  4. 「再生中のデスクトップビデオ表示」のチェックをはずします。
  5. 「OK」をクリックして表示されているダイアログボックスをすべて閉じます。
  6. 外部デバイスの製造元の説明に従い接続します。
  7. タイムラインに配置したクリップを再生します。

B-5. ハードディスクのパフォーマンスをテストします

TCD Labs HDTach や Canopus EZDVtest などのサードパーティ製のハードディスクユーティリティを使用して、現在のシステム設定におけるハードディスクのパフォーマンスを計測します。弊社では、以下の条件を満たしているハードディスクを推奨します。

DV メディアの再生

  • シークタイム : 18 ミリ秒以下(16 ミリ秒推奨)
  • 読み込み速度 : 8 MB/秒 以上(12 MB/秒 推奨)
  • CPU 使用率 : 5 %以下
  • データ転送速度 : 5 MB/秒以上

※ ユーティリティがデータ転送パフォーマンスのグラフを提供している場合、グラフの線が直線であれば転送速度が一定していることを示し、曲線の山などがある場合は、速度変化を示すため、再生の質が悪くなります。

HDV メディアの再生

  • RAID 0 で、2 つ以上の 7200 rpm/UDMA 133/IDE/80 GB/SATA ドライブ(推奨)
  • 空き容量が十分にある 7200 rpm/UDMA 133/IDE/SATA または SCSI のハードディスクで、転送速度 20 MB/秒相当

B-6. ハードディスクの最適化

Premiere Elements のパフォーマンスを向上させるには、ハードディスクのデフラグやドライバーのアップデート、ハードディスクの設定変更などが有効です。これらの手順についてのヘルプはハードウェアの製造元、または権限が与えられている修復サービスの機関に問い合わせてください。

ディスクデフラグ : Windows に付属のディスクデフラグユーティリティ、または Symantec Norton Utilities などのようなサードパーティ製のユーティリティを使用してデフラグを行います。OS がインストールされているハードディスクとは別に、外付けのハードディスクディスクをビデオ用として使用している場合は外付けハードディスクを再フォーマットします。

 注意 : 再フォーマットを行うことによってハードディスクに保存されているすべてのデータが消去されます。フォーマットを行う前にあらかじめ必要なファイルのバックアップを作成し、アプリケーションがインストールされている場合はインストールディスクがお手元にあることを確認してください。

ドライバーのアップデート : ハードディスクのドライバーをアップデートすることによって、ドライバーの破損やシステムとの互換性をチェックすることができます。ハードディスクがサードパーティ製のディスクユーティリティでフォーマットされている場合、そのユーティリティを使用してこの手順を行う必要があります。詳細については、ユーティリティに付属のマニュアルなどを参照してください。

書き込みキャッシュの有効化 : 書き込みキャッシュを有効にするには以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [コントロールパネル] を選択します。
  2. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows 7/Vista

    a. [システムとセキュリティ](Windows 7)/[システムとメンテナンス](Windows Vista)をクリックします。

    b. [デバイスマネージャー](Windows 7)/[デバイスマネージャ](Windows Vista)をクリックします。

    ※ [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は [はい] または [続行] をクリックします。

    Windows XP

    a. [パフォーマンスとメンテナンス] を選択し [システム] をクリックします。

    b. [ハードウェア] タブを選択し、[デバイスマネージャ] をクリックします。

     
  3. [ディスクドライブ] を展開し、対象のハードディスクをダブルクリックします。
  4. [<ハードディスク名>のプロパティ] ダイアログボックスが表示されます。
  5. [ポリシー] タブをクリックします。
  6. [デバイスの書き込みキャッシュを有効にする](Windows 7)/[ディスクの書き込みキャッシュを有効にする](Windows Vista/XP)にチェックを入れます。





     
  7. [OK] をクリックします。

セカンダリコントローラーに接続 : 複数の IDE(または EIDE)ディスクをビデオ編集に使用している場合、それらをセカンダリコントローラーに接続します。システムディスクはプライマリコントローラーに接続される必要があるため、IDE ディスク以外のすべてのデバイスはプライマリコントローラーに接続されます。IDE ディスクがセカンダリコントローラーに接続されている場合、データは最適なレートで、分割されずに転送されます。低速なデバイスが同じコントローラーに接続されている場合、データレートは低速なデバイスによって最大のデータレートに設定され、ビデオ編集用のハードディスクに比べると一般的には遅くなります。ディスクのコントローラーへの接続については、コンピューターに付属のマニュアルなどを参照してください。

B-7. プロジェクトの AVI ファイルを作成します

複数のクリップをタイムラインで再生すると、単一のクリップを再生するよりもハードディスクと IEEE 1394 に多くの負荷がかかるため、再生画質が低下します。外部デバイスへ出力する前に、あらかじめプロジェクトを Microsoft DV AVI 形式で書き出すことによってタイムラインの再生品質悪化を未然に防ぐことができます。

 プロジェクトのレンダリングおよび書き出しには以下の操作を行います。

  1. タスクパネルで 「書き出し」 タブをクリックします。
  2. 「コンピューター」 をクリックします。





     
  3. 「AVI」 を選択します。





     
  4. プロジェクトに合わせて、 「DV NTSC 標準」 または 「DV NTSC ワイドスクリーン」 を選択します。





     
  5. 「ファイル名」 の下で書き出したファイルのファイル名をつけ、保存ボタンをクリックします。
  6. 「プロジェクト」 タブ内に書き出したファイルを取り込みます。
  7. プレビューパネルで AVI ファイルをダブルクリックして開きます。その後、外部デバイスに出力することができます。

C. 問題が解決しない場合

上記すべての操作を行っても問題が解決しない場合は、既知の問題として弊社サポートデータベースで文書が公開されていないか検索します。

また、ユーザフォーラムにおいて、弊社製品を使用しているユーザから同じような問題が報告されているかを参照することができます。別のコンピュータでも同じ問題が確認できた場合、弊社テクニカルサポートにおいても、問題を再現し検証を行える可能性があります。 ユーザーフォーラムのご利用方法については、文書番号 cpsid_88400 ユーザーフォーラムに投稿する方法を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー