モニターパネルでのムービーのプレビュー

モニターパネルで、ムービーの全体または一部を簡単にプレビューできます。ムービーをプレビューするには、最初にエフェクト(モーション、不透明度、ボリュームの設定)を適用したり、すべてのトラック上のクリップを表示する準備を整えておく必要があります。ビデオの画質とフレームレートは、ムービーをリアルタイムでプレビューできるように自動的に調整されます。クリップの継ぎ目がカットのみのムービーは、通常、標準の品質とフレームレートでプレビューされます。エフェクトが適用されたり、ビデオとオーディオが多重構造になっている複雑なムービーの場合には、プレビューする前にレンダリングが必要になる場合があります。

ac_monitor_panel_mp
モニターパネル

A. 現在の時間 B. 再生コントロール 
  1. モニターパネルで、次のいずれかの操作を行います。
    • ムービーをプレビューするには、再生ボタンをクリックするか、スペースバーを押します。

      注意:現在時刻インジケーターをムービーの先頭に設定するには、Home キーを押します。

    • 再生画質を変更するには、モニターパネル内を Ctrl キーを押しながらクリックします。再生画質/最高を選択します。設定を「最高」に変更すると、コンピューターの CPU 使用率と RAM 消費量が増加します。

    • プレビューを一時停止するには、一時停止ボタンをクリックするか、スペースバーを押します。

    • プレビューの表示速度を調整するには、シャトルスライダーを右にドラッグします。シャトルスライダーを大きくドラッグするほど、クリップの再生は速くなります。

    • 逆再生するには、シャトルスライダーを左にドラッグします。シャトルスライダーを大きくドラッグするほど、クリップの巻き戻しは速くなります。

    • 1 つ先のフレームへ移動するには、次のフレームボタンをクリックします。5 つ先のフレームへ移動するには、Shift キーを押しながら次のフレームボタンをクリックします。

    • 1 つ前のフレームへ移動するには、前のフレームボタンをクリックします。5 つ前のフレームへ移動するには、Shift キーを押しながら前のフレームボタンをクリックします。

    • 別のフレームにジャンプするには、現在の時間の表示をクリックし、新しい時間を入力します(コロンやセミコロンを入力する必要はありません。ただし、100 未満の数値はフレーム数として解釈されます)。

    • 前のクリップの最後(カットまたは編集ポイント)へ移動するには、前の編集ポイントへ移動ボタンをクリックします。

    • 次のクリップの先頭へ移動するには、次の編集ポイントへ移動ボタンをクリックします。

プレビュー時のエキスパートビュータイムラインのスクロール

表示されているタイムラインよりシーケンスが大きい場合は、エキスパートビュータイムラインを右から左へ自動的にスクロールするよう設定できます。これにより、シーケンス全体を表示するのにズームアウトする必要がなくなります。

  1. Adobe Premiere Elements 13 Editor/環境設定/一般を選択します。

  2. 再生時のタイムラインスクロールメニューからオプションを選択します。

    スクロールなし

    エキスパートビュータイムラインをスクロールしません。

    ページスクロール

    エキスパートビュータイムラインの可視領域を 1 ページ単位でスクロールします。

    スムーズスクロール

    表示されているタイムラインの中央に時間インジケーターがある間、エキスパートビュータイムラインをスクロールします。

モニターパネルでのセーフマージンの表示

モニターパネルには、セーフマージン(セーフガイド)を表示できます。この表示を参考にして、プロジェクト内のテキストやオブジェクトがセーフゾーンの外側にはみ出ないかどうかを確認できます。テキストやオブジェクトがセーフゾーンの外側にはみ出ている場合は、特定の画面で再生するときにその部分が途切れることになります。セーフマージンは、編集操作を行う際のガイドでしかなく、プレビューファイルやムービーを書き出したファイルには含まれません。

Safe-zones
モニターパネルに表示されたセーフマージン

  1. モニターパネルで control キーを押しながらクリックして、「セーフマージン」を選択します。名前の横にチェックマークが表示されている場合は、セーフマージンガイド表示がオンであることを示しています。

    注意:

    標準のアクションセーフマージンとタイトルセーフマージンは、それぞれ 10 % と 20 % になっています。セーフマージンのサイズは、プロジェクト設定ダイアログボックスで変更できます。

フルスクリーンモードでのプレビュー

クリップまたはムービーの詳細を確認するには、フルスクリーンモードでプレビューします。このモードでは、コンピューターの画面いっぱいにビデオが表示され、クリップとムービーの詳細な部分まで確認できます。フルスクリーンでプレビューすると、他の人とも室内で作品を一緒に見ることができます。

ムービーのフルスクリーンモードでの再生

  1. アプリケーションの右上隅にあるフルスクリーンボタンをクリックします。プレビュー画面が画面いっぱいに表示され、自動的に再生を開始します。

フルスクリーンプレビューの一時停止、逆再生および再生

フルスクリーンプレビューの再生および一時停止に加えて、1 フレーム単位で前に戻したり先に進めることができます。

  1. コントロールバーを表示するには、画面下部にカーソルを移動します。
    ac_full_screen_fs
    フルスクリーンプレビューでプレーヤーコントロールを表示するには、画面下部にカーソルを移動します。

  2. 一時停止ボタン、前のフレームボタン、または次のフレームボタンをクリックします。

フルスクリーンモードの終了

  1. コントロールバーを表示するには、画面下部にカーソルを移動します。
  2. コントロールバーの右側にある終了ボタンをクリックします。

プレビュー部分のレンダリング

エフェクトを適用したり、ビデオとオーディオが多重構造になっている複雑なムービーやインスタントムービーの場合には、正しく表示するために多くの処理時間が必要になります。Adobe Premiere Elements で十分な速度と品質で表示できない部分がある場合、細い赤い線がエキスパートビュータイムラインのタイムラインルーラーに追加されます。

これらの部分をプレビューするには、まずレンダリングという作業を行う必要があります。レンダリングを行うと、多重構造のトラックやエフェクトが計算され、プレビューがファイルに保存されます。Adobe Premiere Elements では、ムービーのその部分をプレビューするたびに、このプレビューファイルを使用します。一度レンダリングすると、対象部分を変更しない限り、レンダリングし直す必要はありません(レンダリングされた部分は、エキスパートビュータイムライン上に緑の線で示されます)。

注意:レンダリングした部分に大幅な変更を加える場合、プレビューファイルは意味がなくなり、緑の線は赤い線に変わります。複雑なエフェクトをフルフレームレートでプレビューするには、対象の部分を再度レンダリングする必要があります。

レンダリングする部分は、エキスパートビュータイムラインのワークエリアバーを使用して指定します。

レンダリングする部分の設定

  • ワークエリアバーの中央(縦線が数本表示されている部分)を、プレビューする部分の上までドラッグします。ワークエリアバーは、必ず中央部分をドラッグしてください。この部分以外をドラッグすると、時間インジケーターが移動してしまいます。
  • ワークエリアバーの中央(縦線が数本表示されている部分)が表示されていない場合は、Alt キーを押しドラッグすると、ワークエリアバーを移動することができます。
  • 時間インジケーターを移動し、Alt + [ キーを押してワークエリアの開始位置を設定します。
  • 時間インジケーターを移動し、Alt + ] キーを押してワークエリアの終了位置を設定します。
  • ワークエリアバーの幅をムービー全体に設定するには、Alt キーを押しながらワークエリアバーをダブルクリックします。
  • 単純にワークエリアバーをダブルクリックすると、タイムラインルーラーの幅とムービー全体の長さのどちらか短いほうに設定されます。

    ヒント:ワークエリアバーの上にポインターを移動すると、ワークエリアバーの開始タイムコード、終了タイムコードおよびデュレーションを示すツールヒントが表示されます。

プレビューのレンダリング

  1. プレビューする部分にワークエリアバーを設定して、「レンダリング」ボタンをクリックするか、タイムライン/ワークエリアをレンダリングを選択します(レンダリング時間は、お使いのシステムのリソースと該当するタイムラインの構成領域の複雑さによって変わってきます)。

    注意:

    ワークエリアバーを設定して Home キーを押しても、プレビューをレンダリングできます。

プレビューファイルの削除

ムービーを再生すると、ムービーがモニターパネルで再生されている間、トラックとエフェクトがバックグラウンドで合成されます。

ムービーをレンダリングした場合には、プレビューファイルが作成され、ハードディスクに保存されます。一度レンダリングすると、トラックとエフェクトは再処理されず、プレビューファイルを直接再生できます。また、プレビューファイルがあれば、ムービーの書き出し時に時間を節約することができます。これは、Adobe Premiere Elements ではプレビューファイルに保存されている情報を使用でき、レンダリングし直す必要がないからです。

  1. エキスパートビュータイムラインまたはクイックビュータイムラインをアクティブにして、タイムライン/レンダリング済みファイルを削除を選択します。削除を確認するダイアログボックスが表示されたら「OK」をクリックします。

    注意:

    プレビューファイルは、コンピューターから直接削除するのではなく、「レンダリングファイルを削除」コマンドを使用して削除してください。プロジェクトはソースメディアと同様にプレビューファイルを参照しています。そのため、このコマンドを使用せずにプレビューファイルを移動または削除すると、プロジェクトを次回開いたときに、ファイルの位置を問い合わせるダイアログが表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー