不透明度やカラー補正などのビデオエフェクトの適用を、Adobe Premiere Pro CCで調整レイヤーを使用し、後で元に戻せるような方法で、一連のクリップに一括しておこないます。シーケンス内で調整レイヤーに適用されたエフェクトは、その下にあるすべてのレイヤーに反映されます。
adjust-apply-color-effects-clips-part1_1800x1012 adjust-apply-color-effects-clips-part2_1800x1012

 調整レイヤーを作成する

プロジェクトパネルで「新規項目」ボタンをクリックし、「調整レイヤー」を選択します。または、メインメニューでファイル/新規/「調整レイヤー」を選択します。

adjust-apply-color-effects-clips_step1

 調整レイヤーの設定を確認する

調整レイヤーダイアログボックスで、ビデオ設定がシーケンスと一致しているかを確認し、必要に応じて変更します。「OK」をクリックします。

adjust-apply-color-effects-clips_step2

 シーケンスに調整レイヤーを追加する

プロジェクトパネルから、調整レイヤーをタイムラインパネルのシーケンスにドラッグします。調整レイヤーを適用するクリップの上に配置します。シーケンス全体の上でも構いません。調整レイヤーの左右の端をドラッグして、デュレーションを変更します。

adjust-apply-color-effects-clips_step3

 ビデオエフェクトを適用する

調整レイヤーにビデオエフェクトを適用します。1つの方法は、調整レイヤーを選択して、エフェクトパネルからビデオエフェクトを見つけ、ダブルクリックして選択したレイヤーに適用します。もう1つの方法は、エフェクトパネルから、直接調整レイヤーにエフェクトをドラッグします(ニュアンスカラーの適用や特定のカラー変更には、Lumetriカラーパネルを使った調整をおこないます)。

1つの調整レイヤーに複数のエフェクトを組み合わせて適用することも、複数の調整レイヤーを使用してエフェクトをコントロールすることもできます。

adjust-apply-color-effects-clips_step4

 ビデオエフェクトを微調整する

エフェクトコントロールパネルを開きます。適用したエフェクトのパラメーターを必要に応じて調整します。シーケンスを再生すると、調整レイヤーでおこなった変更が、その下のトラックのすべてのクリップに反映されていることがわかります。

エフェクトコントロールパネルでモーションパラメーターをクリックして、プログラムモニターにバウンディングボックスを表示します。バウンディングボックスを移動またはサイズ変更して、プログラムモニターの表示領域内でエフェクトの位置またはサイズを変更します。この方法を使うと、シーケンスの再生時にエフェクトの適用前と後を比較できて便利です。

adjust-apply-color-effects-clips_step5

 様々なエフェクトを試す

エフェクトコントロールパネルでエフェクトのレイヤー順を変更し、エフェクトのオンとオフを切り替えるなどして、理想的なエフェクトが適用されるように調整します。詳しくは、Premiere Proユーザーガイドの調整レイヤーを参照してください。

09/10/2018

コントリビューター:View from a Blue Moon

このページは役に立ちましたか。