Lumetriカラーパネルでトーンコントロールを使用して、フラットな見た目の映像素材に深みを与え、自然なコントラストを加えます。

学習した内容:トーンコントロールを使用して映像素材の見た目を改善する

Lumetriカラーパネルのトーンコントロールを使用すると、映像素材の明るさと彩度を微調整できます。

フラットな見た目の映像素材の多くは改善できる

クリップの明るい部分と暗い部分にいくらかの幅(ダイナミックレンジ)があれば、多くの場合、輝度を細かく補正することで見た目を改善できます。

カラーワークスペースの使用

  • カラーワークスペースに切り替えて、LumetriカラーパネルとLumetriスコープパネルを表示します。カラーワークスペースでは、「再生ヘッド位置を自動選択」オプションが自動的に有効になります。

トーンコントロールにアクセス

  • Lumetriカラーパネルの「基本補正」セクションにあるトーンコントロールにアクセスします。

Lumetriスコープパネルで映像を確認

  • LumetriスコープパネルでYCクロマなし波形を表示して、映像素材を客観的にレビューして分析します。

様々な輝度のピクセルの明るさを調整する

  • トーンコントロールごとに別の輝度のピクセルを調整できます。それぞれのコントロールを使用して、イメージの一部分だけを調整します。

彩度、色温度、色かぶりを調整する

  • 彩度、色温度、色かぶり補正の各コントロールで映像の全体的なカラーを調整します。これらを使用して、自然な見た目にするための調整を幅広く加えます。

ヒント:Lumetriカラーパネルには複数のセクションがあります。任意の調整またはすべての調整を組み合わせたり、過去の調整をいつでも変更したりできます。

12/17/2018

元のメディア:「The Ancestor Simulation」、Maxim Jago監督

プレゼンター:Maxim Jago

このページは役に立ちましたか。