After Effectsで作成したテキストモーショングラフィックをPremiere Proのシーケンスに読み込んで、After Effectsを開かずにLive Textテンプレートを編集する方法を説明します。
animated-text-titles-live-text_1408x792

注意:Adobe After Effects CCおよびAdobe Premiere Pro CCでは、Live Textテンプレートの機能が変更されました。Premiere ProのドキュメントでLive Textテンプレートの使用方法に関する最新の内容をご確認ください。

Ae: テキストレイヤーを作成

After Effectsで、テキストを含むコンポジションを作成します。または、このチュートリアルに付属のZIPファイルをダウンロードして、サンプルのLiveText.aepプロジェクトファイルをAfter Effectsで開きます。

edit-live-text-ww-steps-01

Ae: コンポジションのテキストレイヤーを編集可能に

テキストレイヤーを編集できるようにするには、テキストレイヤーを含むコンポジション(Live Textなど)を選択し、コンポジション/コンポジション設定を選択します。

「高度」タブをクリックして、「テンプレート」オプションをチェックします(サンプルのLiveText.aepプロジェクトファイルでは、テキストレイヤーが既に選択されています)。

After Effectsプロジェクトを保存します。

figure-2

Pr: コンポジション読み込み

Premiere Proで、プロジェクトを開きます。または、サンプルファイルに含まれるTextTemplate.prprojプロジェクトファイルを開きます。

メディアブラウザーで、After Effectsプロジェクトに移動し、プロジェクトファイル内でテキストレイヤーが見つかるまで移動します(サンプルファイルで、LiveText.aepをクリックし、Text Animationフォルダー内でLiveTextを探します)。

テキストレイヤーをプロジェクトパネルにドラッグして読み込みます(テキストレイヤーを右クリックし、コンテキストメニューから「読み込み」を選択することもできます)。

edit-live-text-ww-steps-03

Pr: コンポジションを開く

プロジェクトパネルで、読み込んだテキストテンプレートをダブルクリックして、ソースモニターで開きます。

edit-live-text-ww-steps-04

Pr: テキストを変更

エフェクトコントロールパネルを開いて、ライブテキストを自由に編集します。

edit-live-text-ww-steps-05

Pr: プレビュー

編集したテキストをソースモニターでプレビューします。サンプルファイルのように、コンポジションにアニメーションテキストが含まれている場合、編集したテキストを表示するには、再生ヘッドをソースメディアのセクションに移動しなければいけない場合があります。

edit-live-text-ww-steps-06

テキストレイヤーをビデオに適用する

アニメーションテキストの動きを確認するには、テキストレイヤーをタイムラインのシーケンスにドラッグします。ビデオの上のトラックにテキストレイヤーを配置し、ビデオに重ね合わせたテキストを確認します。

このアニメーションテキストをさらに編集するには、プロジェクトパネルでテキストコンポジションをダブルクリックして、エフェクトコントロールパネルでテキストを変更します。

プロジェクトパネルでテキストレイヤーを複製して、追加したアニメーションテキストのインスタンスをビデオプロジェクトに適用します。

ヒント:タイムラインで、選択したAfter Effectsコンポジションの目的のフレームに再生ヘッドを配置し、シーケンス/マッチフレームを選択する(またはFキーを押す)と、そのクリップがソースモニターに読み込まれ、Live Textプロパティがエフェクトコントロールパネルに表示されます。

edit-live-text-ww-steps-07
09/10/2018
このページは役に立ちましたか。