プロジェクトパネルでクリップを自由に並べ替え、コンテンツをプレビュー、再利用可能なプリセットレイアウトを保存します。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習した内容:プロジェクトパネルのフリーフォーム表示によるクリップの整理とプレビュー

フリーフォーム表示を選択する

プロジェクトパネルには、リスト、アイコン、フリーフォームの3つの表示方法があります。

  • プロジェクトパネルの下部にあるフリーフォームボタンをクリックします。

プロジェクトパネルでクリップを並べ替える

フリーフォーム表示では、クリップがサムネールで表示されます。クリップはパネルのどこにでも移動でき、別のクリップに重ねることもできます。

  1. 手のひらツールを使うか、トラックパッドでは2本指でドラッグして画面を移動します。
  2. 選択したクリップを右クリックして「クリップサイズ」を選択すれば、サムネールのサイズを変更できます。
  3. 重なった複数のクリップのコンテンツをプレビューするには、そのクリップの上でポインターを移動します。
  4. クリップをスタックの手前に移動するには、ポインターをスタックに置き、Ctrlキー(Windows)またはCommandキー(macOS)を押しながらスクロールします。
  5. Altキー(Windows)またはOptionキー(macOS)を押しながらドラッグすれば、クリップのエッジがスナップします。

ズームコントロールを使って表示を調整する

プロジェクトパネルのズームを変更しても、クリップの相対サイズと位置は維持されます。

ズームインには様々な方法があります。

  • プロジェクトパネルのズームコントロールを使用するスライダーをダブルクリックしてズームをリセットする
  • キーボードのプラス(+)キーとマイナス(–)キーをクリックする
  • Altキー(Windows)またはOptionキー(macOS)を押しながらスクロールする
  • トラックパッドをピンチする

表示を整列する

  • 選択したクリップの表示を整列させるには、いずれかのクリップを右クリックして「グリッドに整列」を選択します。
  • すべてのクリップの表示を整列させるには、プロジェクトパネルの背景を右クリックして「グリッドに整列」を選択します。
  • プロジェクトパネルの背景を右クリックして「グリッドにリセット」を選択し、並べ替えのオプションを選択すれば、すべてのクリップの整列と並べ替えが一括でできます。

フリーフォームレイアウトの保存と復元

繰り返し使用するレイアウトは、プリセットとして保存することができます。

  1. クリップを並べ替えて、繰り返し使用するレイアウトを作成します。
  2. プロジェクトパネルの背景を右クリックして「新しいレイアウトとして保存」を選択します。
  3. 新しいレイアウトに名前を付けて「OK」をクリックします。

レイアウトを適用するには、プロジェクトパネルの背景を右クリックして「レイアウトを復元」を選択し、保存したレイアウト名を選択します。

保存したレイアウトを削除するには、プロジェクトパネルの背景を右クリックして「保存したレイアウトを管理」を選択します。

フリーフォーム表示オプションを選択する

  • プロジェクトパネルのメニューで、「フリーフォーム表示オプション」を選択します。

クリップのサムネールに表示する項目として、クリップ名、ビデオデュレーションなどの2種類のメタデータのほか、ラベルカラー、バッジの有無を選択できます。

ヒント:再利用するかわからないときも、フリーフォームレイアウトのプリセットとして保存しておきましょう。不要なプリセットの削除は簡単にでき、整理の途中で一時的に保存する目的でも役立ちます。

 

09/02/2020

Adobe Stock提供元:ArtPerfectegoroffPond5benchartianm35slowmotiongliAndrey ArmyagovDaCosta Creative

プレゼンター:Maxim Jago

このページは役に立ちましたか。