このチュートリアルでは、Premiere ProにおけるBGMの追加についての基本を学びます。おすすめのBGM追加方法や、簡単にBGMと話し声の音量調整をする方法、オーディオの長さを自動で調整する機能など様々なお助け機能も紹介します。

1 編集の前に

 

作業に入る前に、練習用サンプルファイルをダウンロードしておきましょう。下記リンクからサンプルファイルをダウンロードできます。

 

また、動画を見ながら一緒に編集をしてみたい場合は、Premiere Proの編集画面を画面上部にあるワークスペース「エフェクト」にしましょう。

2 基本的なBGM追加方法

 

まずは基本的なBGMの追加方法を紹介します。プロジェクトパネルからBGMを選択してタイムラインパネルにドラッグします。

3 Adobe Stockを活用したBGM追加方法

 

Adobe Stock(有料サービス)を利用すると、より簡単に自分が探したい雰囲気のBGMを探すことができます。動画の書き出しの際には有料サービス契約が必要になりますが、Premiere Pro上でのプレビューは無料でできますので、ぜひ一度下記を参考にAdobe Stockを体験してみてください。

まずは、エッセンシャルサウンドを選択します。Adobe StockからBGMを選択できますが、まずは「ムード・ジャンル・フィルター」で自分が表現したい雰囲気に合う要素をチェックしていきましょう。

 

使用したいBGMが決まったら、ドラッグしてタイムラインパネル上でドロップしましょう。

4 BGM編集方法(マニュアル編)

 

BGMの編集をしていきましょう。今回は自分の手で手探りをしながら編集していくマニュアル編と、Premiere Proに編集の大半を任せるエッセンシャルサウンド編を学びます。

 

まずは音量を調整します。音量を調整するためにオーディオトラックのスペースを広げましょう。BGMが追加されたオーディオトラックと、その下のオーディオトラックの間にカーソルをホバーさせ、ドラッグして下に引き伸ばします。

 

こうすることで、オーディオトラックのスペースが広がりました。また、オーディオトラックのスペースを広げるもう一つの方法として、オーディオトラックの空白箇所をダブルクリックすることでも、同様に選択したオーディオトラックを広げることができます。

 

さて、オーディオトラックの幅を広げると、白色のバーが出てきます。これを上下にドラッグすることで音量を調整することができます。

 

上記の他に、もう少し細かくオーディオの音量を調整する方法もあります。まずはワークスペースを「オーディオ」にしましょう。

 

そして、左上にあるオーディオクリップミキサーのつまみを上げたり下げたりすることで、音量を調整することができます。動画を再生しながら音量をリアルタイムで調整できるので、慣れてきたらぜひこちらの方法での編集をおすすめします。

 

また、音声の編集の際に、目安になるdBは以下の通りです。

 

話し声 -6 ~ -12 前後

BGM単体  -15 前後

話し声がある時のBGM -24 ~ -30 前後

 

あくまで目安ですので、実際に自分が聞いてみて聞きやすいdBにしていくことが良いかと思います。しかしながら、この基準を知っておくだけでより聞きやすい音声に調整しやすくなるはずです。

5 BGM編集方法(エッセンシャルサウンド編)

5-1 音量調整(ラウドネス調整)

続いて、Premiere Proに編集の大半を任せてしまうエッセンシャルサウンドを用いた音量調整方法です。

まずは、エッセンシャルサウンドの編集を選択し、オーディオタイプを「ミュージック」にしましょう。

 

ラウドネスのチェックボックスをクリックし、次に自動一致をクリックしましょう。

 

これでBGMの音量が自動的に最適化されました。

続いて、同様に話し声の音量も調整していきます。オーディオトラック1の音声を選択して、エッセンシャルサウンドの編集から「会話」を選択しましょう。

 

次に、こちらも同様にラウドネスの調整をします。

 

これで話し声の音量も自動的に最適化されました。

5-2 オートダッキング

今まではBGMと話し声の音量を調整してきました。しかし、BGMについては注意が必要になります。先ほどの音量調整は、あくまでBGMが単体の時のための最適な音量ということで、BGMと話し声両方が重なっている時には若干BGMの音量が大きく聞こえてしまいます。その対処として「オートダッキング」があります。

 

まずは話し声のオーディオを選択した状態で、オーディオタイプを選択していきます。

 

その上で再度BGMのオーディオを選択して、エッセンシャルサウンドを選択します。

 

ダッキングという項目がありますので、こちらで「キーフレームを生成」をクリックします。

 

そうすると、自動的に話し声がある部分はBGMの音量が小さくなり、話し声が無い部分では音量が大きくなるようになりました。

5-3 オーディオリミックス

最後に、BGMの長さを動画の長さに自動的に調整する「オーディオリミックス」を紹介します。

ツールバーの上から3つ目にあるリップルツールをクリックしたまま長押しします。すると、4つのツールが新たに表示されますので、ここで「リミックスツール」を選択しましょう。

 

リミックスツールを選択できたら、BGMの右端をドラッグし、動画の長さと同じになるようにそのまま縮めていきます。

 

そうすると、自動的に動画の長さに合うようにBGMを違和感なく調整してくれます。

 

今回のサンプル動画はBGMより短いものでしたが、反対に動画の方がBGMより長い場合でもオーディオリミックス機能を使えば自動的に動画の長さに合わせたBGMの長さになります。

このように、エッセンシャルサウンドを使いこなすことで、自動的に聞きやすい音量に調整できたり、BGMの長さを動画の長さに合わせることも簡単にできますので、ぜひお試しください。

 

 

今回は、Premiere ProでのBGM追加の基本についてご紹介しました。BGMについては直接私たちの目で見るものではないので、最初はあまり気にしないことが多いと思います。しかし、しっかりと編集をすることで、より視聴者が見やすい・聞きやすい動画ができあがります。ぜひ今回の基本を参考にして、Premiere ProのBGM編集も楽しみましょう。

アドビのロゴ

アカウントにログイン