このチュートリアルでは、Premiere Proにおけるテロップ入れの基本を学びます。テロップの追加方法や、テロップの装飾の基本を紹介します。

本チュートリアル内で利用する主な機能

横書き文字ツール、エッセンシャルグラフィックス、アピアランスの設定、AdobeFonts

 

目次

1 編集の前に

2 テキストの追加方法

3 テキストの位置を決める

4 テキストの装飾方法

4-1 Adobe Fonts

4-2 テキストの設定

4-3 アピアランスの設定

5 目的別に応じたテキストの装飾例

 

1 編集の前に

 

作業に入る前に、練習用サンプルファイルをダウンロードしておきましょう。下記リンクからサンプルファイルをダウンロードできます。

 

また、動画を見ながら一緒に編集をしてみたい場合は、Premiere Proの編集画面を画面上部にあるワークスペース「エフェクト」にしましょう。

2 テキストの追加方法

 

まずはテキストの追加方法を紹介します。ツールバーにある、横書き文字ツールを選択しましょう。

 

そして、プログラムパネル上でクリックをすると、テキストを追加できる状態になります。

 

文字を入力することでテキストを追加することができます。

3 テキストの位置を決める

 

続いて、テキストの位置を決めていきましょう。エッセンシャルグラフィックスを選択し、編集を選択した状態にします。

 

「整列と変形」にある「水平方向中央」を押すことで、テキストを水平方向の中央に移動させることができます。

 

テキストの縦の位置を調整するためには、「アニメーションの位置を切り替え」の右側の数値を変更させることで調整が可能になります。数値上をクリックしたまま左へ動かすとテキストは上に、右へ動かすとテキストは下に移動します。

 

ただし、テキストの縦の位置ですが、位置の基準が無いと不自然に上にあり過ぎたり、逆に画面下部スレスレの位置にあり過ぎたりします。そのため、縦の位置の基準があることが望ましいです。今回はセーフマージンを使用してみましょう。

 

セーフマージンはプログラムパネルの右下にあります、ボタンエディターから追加することができます。

 

ボタンエディターをクリックし、セーフマージンをボタン類が並んでいる箇所にドラッグ&ドロップしましょう。

 

セーフマージンを適用させることで、プログラムパネルの画面にセーフマージンという四角い枠が2つ出てきます。この外側の枠線が、ある程度テキストの位置を決める基準になります。

4 テキストの装飾方法

 

テキストの位置を調整したら、次はテキストの装飾をしてみましょう。

4-1 Adobe Fonts

Premiere ProではAdobe Fontsから様々なフォントを選んで使用することができます。エッセンシャルグラフィックスのテキストから、フォント選択画面を開いてAdobe Fontsの追加をクリックしましょう。

 

Adobe Fontsのサイトで、使いたいフォントを決めたら「ファミリーを表示」をクリックします。

 

そして、「フォントをアクティベート」のボタンをクリックして、アクティベートをします。

 

この流れで、様々なフォントをAdobe FontsからアクティベートすることでPremiere Proでも多種多様なフォントを使うことができるようになります。

 

また、フォントについてとても役立つ機能として「お気に入り」機能があります。よく使うフォントはお気に入りに登録しておき、すぐ使えるようにするとかなりの時短になります。

 

お気に入り機能の使い方は、お気に入りにしたいフォントの左側にある☆をクリックするだけです。クリックをすると青塗りつぶしの★になります。

 

お気に入りに登録したフォントだけを抽出するためには、「お気に入りを表示」をクリックしましょう。

4-2 テキストの設定

エッセンシャルグラフィックスのテキストでは、上記のフォントの編集に加え、テキストの大きさや文字間の幅を編集することができます。

 

テキストの大きさを編集する場合は、フォントの下にある数値を変更することで、テキストの大きさもそれに応じて大きくなったり小さくなったりします。

 

文字間の幅を編集する場合は、「トラッキング」の数値を変更することで調整することができます(4-5)。

4-3 アピアランスの設定

アピアランスの設定では、テキストの塗り・境界線・背景・シャドウの調整ができます。

 

塗り

塗りでは、テキストの色を編集することができます。まずは塗りの左川の白い四角の部分をクリックします。

 

そうすると、カラーピッカーが表示されますので、そこで色を選択していきます(4-7)。

 

境界線

境界線では、テキストの縁取りを編集することができます。まずは境界線の左側にあるチェックボックスをクリックしましょう。

 

数値を変更することで、縁取りの大きさを調整することができます。

 

背景

背景では、テキストの後ろに長方形の枠を追加することができます。その形から、座布団とも呼ばれます。まずは背景の左側にあるチェックボックスをクリックしましょう。

 

また、背景の不透明度・サイズ・角の丸みの調節もできます。

 

シャドウ

シャドウでは、テキストの後ろに影をつけることができます。まずはシャドウの左側にあるチェックボックスをクリックしましょう。そうすることで、テキストの後ろに影が追加されます。

 

また、シャドウの不透明度・角度・距離・サイズ・ブラーの調整もできます。

5 目的別に応じたテキストの装飾例

 

それでは実際にテキストへの装飾例を3つ紹介します。

 

日本のYouTuber風

日本のYouTuberのように、目立つ大きなテロップを作ってみましょう。ポイントはフォントは太めのゴシックを使い、テキストのサイズは大きめにして、境界線を使ってテキストの縁取りを大胆にすることです。

 

洗練された雰囲気風

洗練された雰囲気を表現したい時のテロップを作ってみましょう。ポイントはフォントは細めの明朝体を使い、サイズは小さくして、文字の間隔を大きくし、塗りは白か黒にすることがおすすめです。

 

ドキュメンタリー風

ドキュメンタリー風のテロップを作ってみましょう。ポイントはフォントは太いもの以外を使い、黒い背景を用いることです。

 

今回は、Premiere Proでのテロップ入れの基本についてご紹介しました。この基本を抑えた上でPremiere Proでのテロップ編集を楽しんでみましょう。

アドビのロゴ

アカウントにログイン