ベジェ曲線のキーフレームを使用すると、アニメーション化したオブジェクトにインパクトのある物理特性を追加できます。

学習した内容:高度なアニメーションを実現する様々なキーフレームタイプの選択

各種のキーフレームを使用すると、アニメーション化する際のタイミングと配置の設定を様々に変更できます。

デフォルトのキーフレームタイプはリニア

リニアキーフレームを使用すると、オブジェクトが画面を横切る際にアニメーションやモーションパスが一定の速度で進行します。

キーフレームタイプの選択

  • 1つまたは複数のキーフレームを選択し、右クリックして別のキーフレームタイプを選択します。

ベジェハンドルの使用

ベジェ曲線のキーフレームにあるハンドルを使用すると、生成されるアニメーションの曲線を調整できます。この際に、タイミングを早めたり、遅くしたり、モーションパス上の画面位置を変更したりできます。

イーズインまたはイーズアウトを使用し、キーフレームタイプをベジェ曲線への変換

イーズインとイーズアウトのオプションを使用すると、キーフレームタイプをベジェ曲線に変換し、自然なタイミングの加速と減速を自動的に設定できます。この設定の後に、さらに微調整することができます。

ヒント:ベジェ曲線のキーフレームの調整を確認するには、アニメーションを通常の速度で再生する必要があります。これにより、勢いや加速感を適切に確認できます。

12/17/2018

元のメディア:「The Ancestor Simulation」、Maxim Jago監督

プレゼンター:Maxim Jago

このページは役に立ちましたか。