Adobe Premiere Proでショットを比較し、基調とするLookを選択します。そして他のクリップをそれにマッチさせることができます。
2つのクリップをPremier Proで表示、男性の顔を異なるアングルで撮影している

同じシーンを異なるカメラで撮影した映像素材のカラーを一致させます。カラーワークスペースで、Lumetriカラーパネルの「カラーホイールとカラーマッチ」セクションを展開します。比較したいクリップを選択して比較表示ボタンをクリックします。プログラムモニターにリファレンスフレームと現在のフレームが表示されます。デフォルトでは左右に並べて表示されています。「垂直方向に分割」ボタンまたは「水平方向に分割」ボタンをクリックすると、比較方法を変更できます。修正したい現在のクリップに再生ヘッドを置きます。現在のクリップに適用したいLookを持つリファレンスクリップに到達するまで、リファレンス位置のタイムコードの値をスクラブ(または編集に移動の矢印をクリック)します。

Lumetriカラーパネルの「カラーホイールとカラーマッチ」セクションを開き、比較表示に参照ショットとカラー補正するショットを表示している

2つのクリップをマッチングするには、「一致を適用」ボタンをクリックします(リファレンスフレームおよび現在のフレームに顔が映っていない場合は、顔検出機能をオフにします)。必要に応じて、シャドウ、ミッドトーン、ハイライトのスライダーを調節して自動変更を微調整するか、Lumetriカラーパネルの「基本補正」セクションで調整をおこないます。

「一致を適用」ボタンで2つのクリップをマッチングし、スライダーを操作して、カラーを微調整する

これらのツールを継続して使用し、自動調整と手動調整を組み合わせてシーン全体のカラーをマッチさせます。

10/01/2021

Adobe Stock提供元:pannawat

このページは役に立ちましたか。