クリップに動きを与えるアニメーションエフェクトプリセットを作成します。

学習した内容:独自のアニメーショントランジションエフェクトの作成

エフェクトパネルにはいくつかのビデオトランジションエフェクトが用意されていますが、モーションエフェクトアニメーションコントロールを使用して独自のエフェクトを作成することもできます。

画面上または画面外でのクリップのアニメーション化

モーションエフェクトコントロールとキーフレームを使用して、クリップの位置をアニメーション化します。

アニメーションからのエフェクトプリセットの作成

モーションエフェクト(およびアニメーションの作成に使用したその他のエフェクト)を選択して、エフェクト上で右クリックし、「プリセットの保存」を選択します。

エフェクトプリセットの選択

「プリセットの保存」ダイアログボックスで種類を選択し、新しいクリップのキーフレームのタイミングの構成方法を設定します。スケールは、新規デュレーションに合うようにタイミングを拡大縮小します。「インポイント基準」は現在のタイミングを維持し、新規クリップの先頭位置を基準とします。「アウトポイント基準」は現在のタイミングを維持し、新規クリップの終了位置基準とします。

説明の追加

説明はエフェクトパネルでポップアップとして表示されます。これらの説明は、似たようなエフェクトプリセットの違いを説明するのに役立ちます。

エフェクトパネルに表示されるエフェクトプリセット

エフェクトパネルのプリセットカテゴリに、すべてのユーザープリセットが表示されます。

エフェクトプリセットの適用

エフェクトプリセットは他のエフェクトと同じように適用します。プリセットの名前は、エフェクトコントロールパネルのエフェクトタイプの隣に表示されます。

ヒント:モーションエフェクトキーフレームが含まれているプリセットを新規クリップに適用すると、それらのキーフレームは既存のモーションエフェクトキーフレームと統合されます。プリセットを適用したら、さらに調整する前に、結果を確認して構図や合成結果を十分に把握するようにしてください。

12/17/2018

元のメディア:「The Ancestor Simulation」、Maxim Jago監督

プレゼンター:Maxim Jago

このページは役に立ちましたか。