Adobe Premiere Proで、テキスト、シェイプ、グラフィックを連動して動かし、目を引くタイトルシーケンスをデザインします。
create-layered-opening-title-sequenceA_1800x1012

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。使用されている「Chicago Zone」は、実在の組織、製品、サービス、クリエイティブ作品を示すものではありません。

グラフィックワークスペースに切り替えます。ペン、長方形または楕円形ツールを使用して、プログラムモニターで直接シェイプを描画します。エッセンシャルグラフィックスパネルにシェイプ別のレイヤーが作成されます。デフォルトのレイヤー名を右クリックして「名前を変更」を選択し、わかりやすい名前に変更します。最終的なデザインを決め、その構成になるようにコンポーネントのパーツをアニメーション化します(エフェクトコントロールパネルで位置の値のキーフレームを作成)。要素間で動きが連動するようにキーフレームをコピー&ペーストします。画面の外にあるキーフレームのグラフィック位置を確認するには、プログラムモニターのズームレベルを「全体表示」から「25%」などに小さくします。

create-layered-opening-title-sequence_step1

シーケンス内のクリップの選択を解除(または、編集/すべてを選択解除)してから、横書き文字ツールを選択して、タイトルデザインを入力します。プログラムモニター内をクリックすると、入力する文字が新しいビデオレイヤーのグラフィッククリップに表示されます。エッセンシャルグラフィックスパネルでテキストレイヤーを選択し、配置、フォント、カラーなどを任意に変更します。先ほどのシェイプの手順と同様に、テキストがアニメーションで表示されるようにします。

create-layered-opening-title-sequence_step2

「編集」ワークスペースに切り替えます。グラフィッククリップをタイムラインパネルの上のトラックにドラッグします。これで映像素材を下のトラックに追加すれば、グラフィックがオーバーレイ表示されます。ソースモニターで映像素材のクリップを開き、タイムラインパネルの対象のトラックで、上書き編集します。スライドやトリミングを加え、スーパーインポーズのグラフィックの動きに応じて、各クリップをどのタイミングで表示するか決めます。シーケンスに対してクリップの長さが足りない場合は、クリップを右クリックして「クリップ速度/デュレーション」を選択し、速度またはデュレーションを調整します。 

create-layered-opening-title-sequence_step3

映像素材がシーケンスの設定と合っていれば、追加したクリップはプログラムモニターに隙間なく表示されます。複数のビデオを同時に表示するには、各クリップのスケールと位置の値をコンポジションに合わせて調整する必要があります。徐々に表示される、またはサイズが大きくなるようにするには、これらの値にキーフレームを設定します。キーフレームを左右に移動して、アニメーションを微調整します。クリップの最初または最後にデフォルトのトランジションを追加し、フェードインまたはフェードアウトエフェクトを作成します。 

create-layered-opening-title-sequence_step4

最終的なデザインの仕上げとして、メインタイトルに描画モードを適用します。テキスト要素が瞬時に浮かび上がるように、短い間隔でスケール値が「0%」から「100%」になるようにキーフレームを設定してみましょう。 

create-layered-opening-title-sequence_step5

テキストとビデオのレイヤーをバランスよくコンポジションに配置し、各要素がうまく連動するアニメーションを試してみてください。グリッド式のサンプルデザインを使用するか、ご自身で作成しましょう。

Adobe Stockでは、1億点以上もの質の高いロイヤリティフリーの写真、グラフィック、ビデオ、テンプレートにアクセスでき、クリエイティブプロジェクトをすばやく開始できます。Adobe Stockの無料体験版では、10点の画像を無料でご利用いただけます。

09/02/2020
このページは役に立ちましたか。