Adobe Premiere Pro CC

ビデオ編集の手順を確認する

Adobe Premiere Proで、様々な種類のメディアを使ってビデオを作成する方法をご覧ください。

注意:このチュートリアルは2013リリースのAdobe Premiere Pro CC用に作成されています。最新リリースのPremiere Proを使用するチュートリアルについては、ビデオ編集テクニックの基本をご覧ください。

1. 新しいプロジェクトを設定する

最初にプロジェクトとワークスペースの設定を選択します。

2. メディアアセットを読み込む

メディアブラウザーパネルを使って、写真やビデオクリップ、オーディオファイルをプロジェクトに読み込んだ後、プロジェクトパネルでアセットを整理します。

3. シーケンスを作成する

ビデオクリップとオーディオクリップをタイムラインパネルに追加します。タイムラインで音楽とナレーションを適切にミックスさせることができます。

4. ラフカットを作成する

インポイントとアウトポイントを追加して使いたいビデオクリップの一部を選択し、マーカーを使ってプロジェクトにショットを追加します。変更はいつでも簡単に実行できます。ドラッグすることでショットを延長したり、ローリング編集ツールを使ってエンドポイントを変更したり、スリップツールを使って開始フレームと終了フレームを調整したりできます。

5. タイトルを追加する

ビデオの最初に、好みのフォントとスタイルを使ったプロ仕様のタイトルが表示されるようにします。

6. エフェクトとトランジションでビデオを演出する

ショットの露光量やカラー、トーンを簡単に調整できます。トランジションを適用すると、クリップ間でディゾルブがおこなわれます。キーフレームを使って、写真のパンやズームイン、ズームアウトを実行できます。

注意:読み込んだ写真の解像度が、読み込んだビデオの解像度よりも高いので、タイムライン上では写真がトリミングされたように見えます。このビデオの5分12秒の時点で、タイムライン上のビデオに合わせて写真を縮小する方法の1つを確認できます。新しいバージョンのPremiere Proでは、「フレームサイズに合わせてスケール」コマンドを使って、ラスタライズ処理をおこなわずに写真を本来の解像度のまま保持することができます。どちらの方法も有効です。

7. 完成したビデオを書き出す

たくさんある業界標準のフォーマットのプリセットから、ビデオの最終出力フォーマットを選択します。

 

これですべての作業が終わりました。チュートリアルをさらに役⽴つものにするために、アンケートにご協力ください。

 

01/05/2017

Contributor: Richard Harrington

このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ