オーディオトラックミキサーとオーディオクリップミキサーの機能を比較します。

学習した内容:オーディオトラックミキサーで、トラックに対するオーディオレベル調整とエフェクトを適用する

2つのオーディオミキサーの類似点

オーディオトラックミキサーとオーディオクリップミキサーには、いくつかの類似点があります。

フェーダーコントロールを使用してオーディオレベルを調整します。

フェーダーの下にトラック名を表示します。

ミュートボタンとソロボタンを使用して、無音にしたり特定のトラックのみ音を出したりできます。

再生中にキーフレームを書き込むオプションがあります。

キーフレームの自動モード

オーディオトラックミキサーにはキーフレームの自動モードが5つあり、再生中にキーフレームをオーディオトラックに追加できます。

なし – フェーダーは既存のキーフレームやレベル調整を無視します。

読み取り – フェーダーは既存のキーフレームに従います(これがデフォルトの設定です)。

ラッチ – 調整をおこなうまで、フェーダーは既存のキーフレームに従います。調整をおこなうと、新しいキーフレームが追加されます。動かしたフェーダーから手を離すとそのレベルを維持します。

タッチ – 調整をおこなうまで、フェーダーは既存のキーフレームに従います。調整をおこなうと、新しいキーフレームが追加されます。フェーダーから手を離すと、フェーダーは元のレベルに戻ります。

書き込み – フェーダーは既存のキーフレームを無視し、再生中に常に新しいキーフレームを追加します。

シーケンスに外部オーディオを直接録音する

現在のシーケンスに外部オーディオを直接録音するには

  1. オーディオトラックミキサーの録音したいトラックで、このトラックに録音ボタンをクリックします。
  2. トラック入力チャンネルメニューでオーディオ入力を選択します。
  3. 録音ボタンをクリックして録音を有効にします。
  4. 再生を開始します。
  5. 録音が終わったら、再生を停止します。

トラックに対してオーディオエフェクトを使用する

各トラックに最大5つのオーディオエフェクトを追加できます。

エフェクト名をダブルクリックすると、エフェクトの詳細設定ができます。

01/03/2019

メディア:Maxim Jago

プレゼンター:Maxim Jago

このページは役に立ちましたか。