シーケンスの不要なクリップの最初と最後の部分をすばやく正確に削除できます。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習した内容:キーボードショートカットを使ってシーケンスのクリップをすばやくトリミングする

クリップの新しい開始位置または終了位置を選択する

  • タイムラインパネルで、シーケンスの再生ヘッドをクリップ(複数のトラックの複数のクリップも可)の新しい開始または終了位置に移動します。

選択する

  • トリミングするクリップのあるトラックを有効にします。
  • また、トリミングするクリップのあるトラックの同期ロックも有効にします。

キーボードショートカットを使い、クリップの開始位置または終了位置をトリミングします。

  • Qキーを押して、ギャップが残らないようにクリップの開始位置をリップルトリミングします。
  • Alt+Qキー(Windows)またはOption+Qキー(macOS)を押して、クリップの開始位置で通常のトリミングを実行するとギャップができます。
  • Wキーを押して、ギャップが残らないようにクリップの終了位置をリップルトリミングします。
  • Ctrl+Alt+Wキー(Windows)またはOption+Wキー(macOS)を押して、クリップの終了位置で通常のトリミングを実行するとギャップができます。

編集ポイントを拡張する

  • Shift+QキーまたはShift+Wキーを押せば、前または次の編集ポイントを移動できます。

編集ポイントが移動することにより、前後のクリップの長さが変わりますが、編集ポイントのタイミングが調整されるだけで、シーケンスのデュレーションは変わりません。

ダイナミックトリミングを実行する

  1. 編集ポイントをダブルクリックして、プログラムモニターでトリムモードを表示します。
  2. J、K、Lキーを使い、選択した編集ポイントを再生します。Kキーを押すと、現在のフレームにトリミングが適用されます。
  3. トリムモードを終了するには、タイムラインパネルの背景をクリックするか、Shift+Tキーを押します。

キーボードショートカットでシーケンスの再生ヘッドを編集ポイント間で移動

  • 上向きまたは下向き矢印キーを押して、再生ヘッドを選択したトラックの編集ポイント間で移動します。

ヒント:シーケンスでは、コンテンツを追加するよりも削除する方が簡単にできます。迷うクリップがあれば、必要なときのために追加しておきましょう。不要なコンテンツは、ショートカットを使えば後で簡単に削除できます。

09/02/2020

Adobe Stock提供元:A Luna Bluerickray3dsculptor

プレゼンター:Maxim Jago

このページは役に立ちましたか。