この初心者向けのチュートリアルでは、Premiere Proによるビデオ編集方法を、ウォーターホバーボードの映像を使ったミュージックビデオ制作を通してマスターできます。
doc-id_1800x1012

ワークスペースを理解する

ツールの使い方と、ワークスペースのパネルを操作する方法を説明します。コンピューターからビデオを読み込んで、最初のシーケンスを作成します。

まずは基本から

タイムラインでのクリップのトリミングと並べ替え、オーディオの取り込み、およびトランジションの追加について説明します。

タイトルとグラフィックを追加する

Premiere ProやAdobe Photoshop CCで画面に表示されるタイトルを作成し、グラフィックのスタイル設定やアニメーション化をおこないます。

注意:

このチュートリアルで取り上げているタイトルツールは、Premiere Pro CC 2017.1(11.1.0)リリースのLegacy Titlerです。新しいエッセンシャルグラフィックスパネルでタイトルグラフィックスを作成する方法について説明します。

編集スキルを向上する

クリップの切り取りや移動、ストレッチなど、タイムラインの編集を効率化するショートカットキーの使い方を学習します。Lumetriカラーパネルを使って、特殊効果を簡単に適用でき、色も調整できます。

オーディオを操作する

サウンドトラックに磨きをかけましょう。トランジションの追加、レベルの調整、カスタマイズ可能なオーディオエフェクトや便利なプリセットの利用が可能です。

完成したビデオを書き出す

ビデオの出力形式とサムネール画像を選ぶだけで、Vimeo、YouTubeなどへ簡単に公開できます。またAdobe Media Encoderのキューを使用すれば、バックグラウンドでビデオをエンコードしている間もPremiere Proで作業が続けられます。

07/25/2017

コントリビューター:David K. Helmly

このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ