Adobe Premiere Proのエッセンシャルグラフィックスパネルにある文字ツールを使用すれば、簡単な操作でビデオにタイトルを直接作成できます。シェイプ、文字、画像、ビデオをレイヤーに追加し、Adobe Creative Cloudの使い慣れたツールで再配置と調整ができます。タイトルにモーションやエフェクトを追加して、モーショングラフィックステンプレートとして書き出せば、Creative Cloudライブラリで共有できます。

グラフィックスワークスペースを開く

タイムラインパネルでシーケンスを開き、画面上部のワークスペースバーにある「グラフィック」をクリック、またはメインメニューのウィンドウ/ワークスペース/グラフィックを選択します。

essential-graphics-panel-step-01

モーショングラフィックステンプレートを選択する

エッセンシャルグラフィックスパネルで、Titlesフォルダーをダブルクリックして開きます。Film Presentsモーショングラフィックテンプレートをタイムラインのビデオトラックに&ドロップすれば、シーケンスに追加されます。映像素材に合わせて、タイミングとデュレーションを調整します。トランジションを追加して、シーケンスにタイトルを表示する方法を演出することもできます。

注意:インストールされていないAdobe Typekitフォントがテンプレートで使用されている場合があります。「フォントを解決する」ダイアログボックスで該当するフォントをシステムに同期してください。

essential-graphics-panel-step-02

モーショングラフィックをコピーする

同じスタイルでクレジットを追加するには、Altキー(Windows)またはOptionキー(macOS)キーを押しながらクリップをドラッグして、シーケンスの別の場所に複製します。

essential-graphics-panel-step-03

テンプレートのテキストを編集する

シーケンスのタイトルクリップを選択します。プログラムモニターに選択したテキストが表示されます。文字ツールを選択して、サンプルテキストをクリックし、赤いバウンディングボックスを表示します。これで、表示されたテキストを編集できます。すべてのタイトルで同じ操作を繰り返します。

essential-graphics-panel-step-04

テンプレートのスタイルを編集する

シーケンスのタイトルクリップを選択したまま、選択ツールに切り替え、プログラムモニターのテキストをクリックして、青いバウンディングボックスを表示します。エッセンシャルグラフィックスパネルの「編集」タブを選択し、「テキスト」セクションで、フォントやフォントスタイルを変更します。フォントサイズスライダーを調整して、サイズを変更します。テキストのその他のプロパティを自由に変更します。

essential-graphics-panel-step-05

マスタースタイルを作成または適用する

テキストのスタイル設定が完了したら、「マスタースタイル」サブメニューから「マスターテキストスタイルを作成」を選択します。新規テキストスタイルに名前を付けて「OK」をクリックします。

essential-graphics-panel-step-06

プログラムモニターで他のタイトルクリップを選択し、エッセンシャルグラフィックスパネルでマスタースタイルを選択すれば、作成したマスタースタイルを適用できます。エッセンシャルグラフィックスパネルでプロパティを表示するには、プログラムモニターであらかじめテキストをアクティブにしておく必要があります。

essential-graphics-panel-step-06b

キーフレームでモーションを追加する

タイトルの視覚的効果を高める方法として、キーフレームにより位置やサイズをアニメーション化する、クリップの開始時や終了時に「クロスディゾルブ」エフェクトを追加するなど、タイトルクリップに適用したエフェクトのパラメーターをアニメーション化する方法があります。Premiere Pro付属のテンプレートでは、明るさの値、クイックカラー補正(青のレンズ)、ぼかし(ガウス)、レベル補正(Animated Diagonal Glow)などのエフェクトを効果的に使用しています。

essential-graphics-panel-step-07

モーショングラフィックステンプレートを書き出す

シーケンスのタイトルクリップを選択します。メインメニューで、グラフィック/モーショングラフィックステンプレートとして書き出しを選択します。テンプレート名を付けて、保存先を指定します。エッセンシャルグラフィックスパネル、ローカルドライブ、またはCreative Cloudライブラリに保存できます。「OK」をクリックします。書き出したテンプレートは、今後のプロジェクトで使用できるほか、Creative Cloudライブラリ経由で他の人と共有することもできます。エッセンシャルグラフィックスパネルまたはライブラリ(モーショングラフィックステンプレート)からアクセスできます。

essential-graphics-panel-step-08

Adobe After Effects CCでモーショングラフィックステンプレートを作成し、Premiere Proで使用する方法については、モーショングラフィックステンプレートの作成をご覧ください。

07/25/2017
このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ