Adobe Premiere Proでぼかしをアニメーション化するラックフォーカスエフェクトを追加することで、見る人の注目をある映像の一部分から別の部分に向けさせます。
岩場が連なる地形の高みにハイカーが座る、Elevation Footwearの広告が表示されているタブレットを持っている女性

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。使用されている「Elevation Footwear」は、実在の組織、製品、サービス、クリエイティブ作品を示すものではありません。

被写体をレンズの被写界深度からわずかに外してぼかすことにより、効果的なエフェクト(ブラーエフェクト)が得られます。カメラで撮影する際にその手法がとられなかった場合でも、Adobe Premiere Proでマスクを慎重に適用することで、同じ効果を映像素材にもたらすことができます。さらに、そのマスクのブラーエフェクトをキーフレーミングすることで、プルフォーカス(ラックフォーカス)エフェクトを表現できます。

まずは「編集」ワークスペースで、V1のクリップにブラー(ガウス)エフェクトを適用します(Shift + 7キー)。エフェクトコントロールパネル(Shift + 5キー)で、「ブラー」の値を引き上げてエフェクトを確認します。「エッジピクセルを繰り返す」オプションをクリックしてエッジをクリーンアップします。「不透明度」セクションで、プログラムモニターの3つのマスクシェイプツールのいずれか1つを使用して、プルフォーカスで分離する被写体を囲むようにマスクを描画します。この例では、この該当領域は前景にあることを前提としています。被写体がフレームをまたいで移動する場合は、追尾するためにマスクパスにキーフレームを設定する必要があります。最後に、「反転」をクリックします。 

Adobe Premiere Proで「編集」ワークスペースを表示し、プログラムモニターでハイカーをマスクで隠し、ブラー(ガウス)エフェクトを適用している様子

ぼかしハンドル(白丸)とマスク拡張の四角をドラッグして、鮮明な状態からブラーが適用された状態までの間のトランジションを滑らかにします。 

ぼかしハンドルとマスク拡張を引き上げた状態を示すプログラムモニター

AltキーまたはOptionキーを押しながら上にドラッグし、V2にビデオクリップを複製します。その下のクリップのV1を選択し、不透明度マスクを削除して、適用されているブラー(ガウス)エフェクトをリセットします。これでマスクを描画した場所以外がぼかされたクリップが表示されます。 

タイムラインに複製したクリップが表示され、ブラー(ガウス)エフェクトがリセットされ、プログラムモニターにシャローフォーカスが表現された状態

プルフォーカスを表現するには、各クリップに2つのブラーキーフレームを、ゼロから対象の映像素材に適した値の範囲で、等間隔で設定します。それら2つのクリップの間のキーフレーム値の順序を逆にします。例えば、最上位のクリップの値が0と25の場合、最下位のクリップでは25と0に設定します。シーケンスを再生すると、フォーカスが遠く離れている状態からクローズアップの状態(またはその逆)へと移ることがわかります。

2つのブラーキーフレームが25と0に設定されていることを示すエフェクトコントロールパネルのブラー(ガウス)エフェクト

さらにキーフレームを追加して、フォーカスする領域を不透明度マスクの位置で設定し、離れたオブジェクトとクローズアップされたオブジェクトの間でフォーカスが循環するように試してみてください。 

Adobe Stockでは、1億点以上もの質の高いロイヤリティフリーの写真、グラフィック、ビデオ、テンプレートにアクセスでき、クリエイティブプロジェクトをすばやく開始できます。Adobe Stockの無料体験版では、10点の画像を無料でご利用いただけます。

06/22/2020

Adobe Stock提供元:TiffanyKaspars Grinvalds

このページは役に立ちましたか。