Premiere ProでサポートしているGoPro CineFormについて説明します。アルファチャンネルや4Kを超える解像度にも対応するクロスプラットフォームの中間コーデックです。

急峻な崖を懸垂下降する男性の鳥瞰図

GoPro CineForm中間コーデックは、編集およびポストプロダクション向けに設計された映像圧縮方式で、圧縮・展開を繰り返しても大幅な画質の劣化を避けることができます。

Adobe After Effects、Adobe Premiere Pro、Adobe Media Encoderでは、Mac OS XおよびWindowsシステムの両方でGoPro CineFormコーデックでのデコードおよびエンコードをネイティブ処理します。例えば、GoProで撮影された素材をネイティブ編集したのち、クロスプラットフォーム対応でポスプロ作業に適した高画質の高解像度ファイルへの変換が可能です。

中間ファイルとは、ポストプロダクションのワークフローにおいて異なるアプリケーション間での連携で利用されるファイルのことです。GoPro CineFormコーデックを使用して高画質設定でエンコードされたムービーファイルには、アルファチャネルを追加することもできます。

GoPro CineFormコーデックを使用したプロジェクトの書き出し操作は簡単です。

  1. Premiere Proでプロジェクトを選択し、ファイル/書き出し/メディアを選択します。
  2. 書き出し設定ダイアログボックスで、書き出し設定形式として「QuickTime」を選択します。
  3. ビデオコーデックとして「GoPro CineForm」を選択します。
  4. 色深度として、10ビット/チャネルのYUVか、アルファチャネルを含んだ12ビット/チャネルのRGBAを選択します。

または、プリセットメニューからGoPro CineFormの適切なプリセットを選択して同様の設定にすることもできます。

GoPro CineFormコーデックを使用したプロジェクトの書き出し
GoPro CineFormコーデック出力を使用するためのAdobe Media Encoder設定

GoPro CineFormコーデックの機能について詳しくは、次のビデオをご覧ください。

GoPro CineFormコーデックの概要(Devin Graham氏とチームSuperTrampの継続的サポートに深く感謝します)
アドビのロゴ

アカウントにログイン